調教分析好走・的中情報【2014/10/12】

10月 12th, 2014 | Posted by 競馬道OnLine in 調教分析好走・的中情報

監修者の辻三蔵さんの調教分析予想好走・的中情報を紹介します。

調教分析◎馬がまたまた新馬で好走!

2歳新馬 東京・日曜5R 芝1800m

【結果】3人気3着 複勝160円

 大竹厩舎の必勝調教 ◎ロジナンが初戦勝ちを収める

大竹厩舎の「新馬戦」必勝トレーニングは調教コース:美南W、調教の脚色:馬なり、1Fタイム:13秒3以内。前記3点が揃った場合のレース成績は13年以降、4戦4勝(10月5日現在)。芝1400~1800mで4勝しており、今年の2歳世代初勝利を挙げたルージュバックも「好走調教パターン」をクリアしていた。厩舎サイドも上記のデータを理解しているので、芝デビューの新馬は半マイルから終い重点の調整で瞬発力を鍛えている。
◎ロジナンは9月6日の札幌開催でデビュー予定だったが、抽選除外になり、仕上げ直しの一戦。美浦トレセンに帰厩後、坂路とウッドコースを併用して体力作りに専念。今週は南馬場ウッドコースで単走調教を行った。馬場の真ん中を通って、ラスト1F13秒3(脚色:馬なり)と鋭い伸びを見せた(全体時計:4F52秒6)。
「強めに追う必要がないので「馬なり」で済ませました。中身は出来ているのでこれで十分です。芝向きの瞬発力があるのは札幌芝コースの調教(4F50秒2-1F12秒0)で証明しています。非力な面を考慮すれば、洋芝の札幌よりも東京の軽い芝の方が合うかもしれません。仕上がりもいいですし、初戦から楽しみにしています」と大竹調教師。勝率100%の必勝調教で新馬勝ちを飾る。

競馬道OnLineプレミアム予想:原稿より)

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.