競馬道データ会員サイトリニューアルにつきまして

平素より、競馬道データ会員サービスをご利用いただきまして
まことにありがとうございます。

7月9日(火)に予定しております
競馬道OnLineのリニューアルに伴い、

競馬道データ会員のサイトも
http://www.keibado.ne.jp/ のドメインに一本化いたします。

メール配信もkeibado.net→keibado.ne.jp からの配信に変わります。

また、新データにつきましては、リステッドや条件呼称に対応
しているため、現在ご利用のソフトウェアでは使えない可能性がございます。
その際の変換ソフトも準備いたしますので、また当該ブログでご案内してまいります。

皆様にはご不便をおかけすることも多くなりますが、
システム老朽化に伴うリニューアルとなりますため、ご了解賜りますと幸いです。

WIN4×2(小倉圭輔)

WIN4が2パターン

2週続けて未遂な感じもあり、久々にWIN4×2をやってしまったんですけど、本来私のWIN5理論では5レース目の1つ荒れ(3)の買い目を買うことは推奨しないので、理論通りなら(2)の買い目のWIN4だけになっていたところ。

安田記念の指数上位馬に人気薄も多く、1~4レース目に抜けた人気馬もいたので1~4レースが順当な決着だった場合ということで(3)の買い目を追加したわけですが、1番人気が3連勝しWIN3になって、(2)より本来買わない1番人気4連勝の(3)でリーチになったほうがいいかなと思って4レース目を見ていたんですけど、案の定って感じでした。

やはり5レース目の1つ荒れを狙うのはあまり効率的ではなく、それなら5レース目は荒れる前提で2つ荒れを狙ったほうがいいというのも分かっているのですが、2つ荒れを狙う場合基本的に1万円程度で買うのは難しいこと、今回の場合イスラボニータを買わない買い目にそれだけの金額を使うのがどうかというのが問題になってきます。

イスラボニータも一応抑え1つ荒れにも2つ荒れにも対応するという手もありますが、2つ荒れ狙いということであれば目をつぶって切って、(レッドファルクスも)金額が問題でなければ安田記念6,7頭固定にし144点,168点×2とかで買う手はあったでしょう。(イスラボニータを抑えるなら192点×2)

今の時期は降級馬とかもいて、人気がはっきりしたレースが多いので、WIN5は毎年買いやすい印象で、実際当たったり毎週WIN4だったりということが多い時期です。

今週もエプソムCをどうするか予算をどうするかで、1つ荒れ狙いか2つ荒れ狙いか買ってみてはどうでしょうか。

小倉圭輔(おぐら けいすけ)1983年新潟県生まれ。13年競馬最強の法則WEBコンテンツにて予想家デビュー。「100円均等買いでも年間回収率100%を超えられる理論・馬券術こそ正しい理論・馬券術」との考えからフラットメソッドを完成させ13年の年間回収率151%を筆頭に安定して年間回収率100%を超えている。2017年1月に夢の4億円をつかむ WIN5 戦略シート ザ・ミリオン (競馬道OnLine ポケットブックシリーズ) を発表。

大阪杯とWIN5を的中(小倉圭輔)

大阪杯は配当高い感じの順番で来てくれてよかったです。

 

WIN5は1万円まで余裕があったので3セット買ってますけど、結果的には本の通り3,4レース目で単勝10倍以上・5番人気以下を狙う2セットで当たってます。

1レース目:勝負レースなので◎6番アルター1頭

2レース目:当初1~3番人気は4,7番2頭にしてたんですが7番除外で9番を追加。なんと言ってもこれが大きかったかと。1万円まで余裕もあったし印の重いところが人気薄だったので2レース目の単勝10倍以上・5番人気以下狙いを追加。

3レース目:人気4頭どれも外しづらいと思ったので1~4人気4頭と5番人気以下で2頭

4レース目:教科書通りに

5レース目:勝負レースでもないしコラムにも書いた通り◎キタサンブラックで盤石とは思ってないんですが、7,14番2頭追加すると金額オーバーなのでどっちかを選ぶくらいならやや抜けた指数を信頼してキタサンブラック1頭でいいやって買い方です。

本の通り買えば取れたと思いますのでよろしくお願いします。

 

小倉圭輔(おぐら けいすけ)1983年新潟県生まれ。13年競馬最強の法則WEBコンテンツにて予想家デビュー。「100円均等買いでも年間回収率100%を超えられる理論・馬券術こそ正しい理論・馬券術」との考えからフラットメソッドを完成させ13年の年間回収率151%を筆頭に安定して年間回収率100%を超えている。2017年1月に夢の4億円をつかむ WIN5 戦略シート ザ・ミリオン (競馬道OnLine ポケットブックシリーズ) を発表。

 

1~3番人気馬が5勝の異変?【小倉圭輔】

月曜のWIN5
2セット買いではなく2頭×1頭×7頭×6頭×1頭のフォーメーションで8400円買えば当たっていたわけですが、しょうがないですね。

19160円という低配当なので、こういう安い組み合わせをあえて外して買うほうが、WIN5を買い続ける上でトータル回収率的にはいいですよ、というのが私の理論なので。

ただ今回のような1~3番人気馬が5勝する組み合わせのWIN5が今年になって今回で3回目と出現頻度が増えているのは気になるところです。

昨年や一昨年は年間で4回しか5桁配当はなかったので、現時点では相当な出現率アップと言えます。

ただそれも現時点での話であって、このあと今年中に1回しか5桁配当が出現せず通年では昨年や一昨年と同じになる可能性もあるわけで、一番よくないのはこういう安い配当の出現頻度がアップしたことで一応安い組み合わせもおさえておこうと考えることでしょう。

3ヶ月に1回ペースが月1ペースになったとしてもあえて買わないほうがいい配当だと思います。

 

小倉圭輔(おぐら けいすけ)1983年新潟県生まれ。13年競馬最強の法則WEBコンテンツにて予想家デビュー。「100円均等買いでも年間回収率100%を超えられる理論・馬券術こそ正しい理論・馬券術」との考えからフラットメソッドを完成させ13年の年間回収率151%を筆頭に安定して年間回収率100%を超えている。2017年1月に夢の4億円をつかむ WIN5 戦略シート ザ・ミリオン (競馬道OnLine ポケットブックシリーズ) を発表。

10ミリオンを狙う場合1ミリオンは捨てなければならない【小倉圭輔】

私の理論の10ミリオン狙い、前半1,2レースと後半3~5レースそれぞれ1レースずつで人気薄が1勝する組み合わせを狙う2レース荒れ狙いだが、10ミリオンを狙う場合、当然のことながら1ミリオン、1レース荒れは捨てなければならないということになる。

先週が正にそういう選択を迫られるWIN5だった。

対象2レース目に単勝オッズ1.5倍のグレーターロンドンが出走しており、無条件で勝率5割程度ある単勝オッズ1倍台馬(オッズが安ければ安いほど勝率は高い)が出走している場合には1頭で買ってもいいというのが私の理論なので、ここをこの1頭とした場合、10ミリオンを狙うなら必然的に1レース目で人気薄が勝つ組み合わせを狙うことになる。

つまり1レース目で人気薄を買い、2レース目は断然人気1頭にし、3~5レース目いずれか1レースで人気薄、残る2レースで1~3番人気馬という組み合わせを3セット買うという考え方になる。

結果1レース目が手頃な頭数だったこともあってか人気サイドの3番人気馬が勝ち対象5レース目の1つ荒れで31万という配当のWIN5になった。

1ミリオン、1つ荒れのWIN5の場合、3~5レース目のいずれかで人気薄が勝つ確率は3,4レース目が若干優位とは言えほとんど差がないのだが、個人的には印象を含め5レース目荒れの1ミリオン、1つ荒れを狙うのはあまり効率的とは考えておらず、5レース目荒れを狙うなら10ミリオン、2つ荒れを狙ったほうが出現率・配当面から効率が良いというのが基本的な考え方になる。

特に対象5レース目がGⅠなど出走馬のレベルが高い場合には強く言えるが、先週の対象5レース目は牝馬限定GⅢのハンデ戦といういかにもという条件ではあった。

予算を1万円程度で買う場合には1ミリオン狙い、それ以上で買う場合には10ミリオン狙いというのが基本的な考え方ではあるが、先週のような状況で上記のように10ミリオンを狙い、結果1ミリオン、1つ荒れだった場合に割り切れるかどうかというのもポイントだろう。

対象1レース目の出走頭数であるとか対象5レース目の条件などを考慮して臨機応変に対応できれば一番良いとは思う。

 

小倉圭輔(おぐら けいすけ)1983年新潟県生まれ。13年競馬最強の法則WEBコンテンツにて予想家デビュー。「100円均等買いでも年間回収率100%を超えられる理論・馬券術こそ正しい理論・馬券術」との考えからフラットメソッドを完成させ13年の年間回収率151%を筆頭に安定して年間回収率100%を超えている。2017年1月に夢の4億円をつかむ WIN5 戦略シート ザ・ミリオン (競馬道OnLine ポケットブックシリーズ) を発表。

2017年2月のWIN5【小倉圭輔】

2月のWIN5結果

ちょっと遅くなってしまったが、という結果だった。
私の本の主題である2セット・1万円程度で当てる1ミリオンの理論に合致したのは2/12。
対象4レース目の京都記念に単勝オッズ1倍台のマカヒキが出走していたが、ここをマカヒキ1頭にしていなければ的中していたのではないか。

個人的にはオッズ的にもだが、フラット指数的にマカヒキからの勝負レースでマカヒキ1頭にしていたため、マカヒキが勝っていれば当たっていたという結果だった。

ちょっと話が脱線するが、今回の短期免許期間中のムーア騎手は全体的に勝っても負けてもスタートが下手だった印象がある。スタートをボコッと出て、内に潜り込んでロスなくインを回って・突いて、伸びるか・届くか、みたいな競馬。
思えば香港Cもそんな競馬だったし、秋にまた来日することがあれば、あるいは海外の馬券を買う際には注目というか注意したい印象を持った。

WIN5に話を戻すが、私の本の10ミリオンの考え方なら2/19と2/26が的中していた可能性がある。
1,2レース目と3~5レース目を前半・後半と分けて考え、前後半それぞれで人気薄が1勝するというものだが、予算を1万円程度に限らない場合にはやはり出現率的にも配当的にもこちらをメインで狙うべきかもしれない。

詳しくは本に書いてあるが、1,2レース目から人気薄が勝つと以降3,4レース全て人気サイドが勝つという可能性は低い。(3/5で出現したが今年初)つまり、金額を絞って買う場合には1,2レース目は目をつぶって人気サイドから、金額を絞らない場合には前半1,2レース目からどちらかで人気薄を狙い、後半3~5レースのどれかでも人気薄を狙うという考え方が基本的には効率的な狙い方と言える。

小倉圭輔(おぐら けいすけ)1983年新潟県生まれ。13年競馬最強の法則WEBコンテンツにて予想家デビュー。「100円均等買いでも年間回収率100%を超えられる理論・馬券術こそ正しい理論・馬券術」との考えからフラットメソッドを完成させ13年の年間回収率151%を筆頭に安定して年間回収率100%を超えている。

 

【京都も順延】1月15日の競馬開催につきまして

★1月17日の京都開催のKD2データを無料で配布しております★

★1月16日の中京開催のKD2データを無料で配布しております★

1)【1月15日(日)】の中京競馬は開催中止
2)本日【1月15日(日)】の京都競馬は発走時刻を変更のうえ開催

2)本日【1月15日(日)】の京都競馬は中止

1)
【1月15日(日)】の中京競馬【第1回中京競馬第2日】は、積雪の影響により、開催を中止。また、これに伴いWIN5の発売も中止されました。

また、15日の中京競馬の代替競馬は、明日【1月16日(月)】に出馬表の内容(出走馬、出走馬の馬番等)を変更せずに実施いたします。そのため、本日の掲載情報はそのままお使いいただけます。

2)【1月15日(日)】の京都競馬【第1回京都競馬第5日】は、積雪の影響により中止になりました。代替競馬は明後日【1月17日(火)】に出馬表を変更の上、実施されます。枠番、出走馬も変更になりますので、競馬道OnLine、タイムフィルターOnLine等の情報も変更になります。

2)
本日【1月15日(日)】の京都競馬【第1回京都競馬第5日】は、積雪の影響により、第1レースの発走時刻を11:10とし、以降第9レースまで発走時刻を変更して開催。また、一部レースのコースの変更があります。ただし、9時20分現在も京都は降雪が続いており、情報変更がある可能性があります。

京都1R 10:10 → 11:10
京都2R 10:40 → 11:35
京都3R 11:10 → 12:01
京都4R 11:40 → 12:25
京都5R 12:30 → 12:55
京都6R 芝・右 1600→ 芝・右外 1600
13:00 → 13:20
京都7R13:30 → 13:45
京都8R14:00 → 14:10
京都9R14:35 → 14:40

開催情報につきましては、主催者であるJRAのホームページをご確認くださいますよう何卒よろしくお願いいたします。