伝えたい感動のドラマを


 競馬ファンの皆様、新年あけましておめでとうございます。昨年の暮れに私のブログを立ち上げ、応援して頂いているファンの方との距離を、今年はもっともっと縮めて行きたいと思います。
 昨年、日本中の話題を集めた1頭の馬がターフを去りました。ご存知ディープインパクトです。名コンビ世界の武豊騎手をして、世界にこれほど強い馬がいるのか、と言わしめたスーパーホース。そのラストランが有馬記念。現役を通じ日本で唯一2着に敗れたレース。どうしても勝ちたい、という思いが通じたか圧勝でした。大歓声で迎えたスタンド。
 ある人は、手を振りながら外れ馬券を握り占めていました。それは競馬を愛する人だけがわかり合える感動。まさに後世に語り継ぐべき歴史的感動。今年もこんなドラマに出会いたいものです。

 大観衆の前で絶叫!

 昨年、12月29日に行われた「東京大賞典」。昨年最後のGⅠレース。TCK・大井競馬場には多くのファンが押し寄せました。
0701031_1 0701032 
 この日、イベントにゲスト出演。「東京大賞典直前トークライブ」の頃には、会場前にはこれまで見たこともないくらいの人、人。大観衆となりました。
 大賞典にはJRAから5頭出走。ジャパンCダート2着のシーキングザダイヤが人気を集めていましたが、1番人気は3年連続で東京大賞典を目指すアジュデミツオー。ところが、このミツオーが夏の帝王賞以来、半年振りの実戦。メンバー構成から、流れが速くなり、差し、追い込みには有利に働くと判断。今年に入りメキメキ地力を、付けてきたブルーコンコルドを指名。前走のジャパンCダート(2番人気)では、直線で前が詰まり、ほとんど追えない状態で敗退。これを見逃すわけがなく、まさに大賞典は、私にとっても狙いすました一戦。
 これを強くライブで強調、というより絶叫。ゲスト出演した東京ヤクルト・スワローズの期待のエース川島亮投手が、イケメンのわりには乗りやすい方で、私と司会の目黒貴子さん、そして聴衆のファンの方も大爆笑。
 結果はブルーコンコルドが4馬身差の大楽勝。川島投手からおめでとうございます、やりましたねー、と握手を求められたのですが、2着した人気薄クーリンガーを無視。顔で笑って、心で泣いて・・。面映いということは、こういうときの気持ちなのでしょうね。