雨、重馬場を弾き飛ばしたサトノアーサーに初栄冠!!

それは2番人気のサトノアーサーが待望の初重賞勝ち。注目の一戦「エプソムカップ」は、昼過ぎから強まる雨の中で行われました。

中団外の前方に位置したサトノアーサーが、外から直線でじんわりと前に浮上。ここが勝負どころ、と判断した戸崎騎手。坂上から一気にスパートし、アッサリと先頭に立つと、外から迫るグリュイエール、内から伸びるサーブルオールを振り切るようにゴールを目指しました。ゴール寸前で一番外から猛然と強襲したハクサンルドルフを半馬身振り切り見事に初重賞制覇。 ダービー、菊花賞に挑戦した馬で、神戸新聞杯でレイデオロの3着。重賞制覇は時間の問題とされていましたが、近くて遠い重賞の冠だったのです。

雨馬場は不良馬場の菊花賞で11着。決して歓迎材料ではなかったはずです。それよりも休養明けをひと叩きして、CWコースでもの凄い迫力走。一変した体調に戻っていたようにも思えました。

戸崎騎手は「スタートが思いのほか良くて、楽に狙ったポジションで運べました。こういう雨で緩い馬場も、まったく問題なかったですね。低い走りでまだまだ良くなりそうな予感がします」とコメント。

スタートと同時に自然と先頭に立つ形でスマートオーディン。この直後のインにマイネルフロストが付ける形。内からブラックスピネル、その外にベルキャニオン。外にはサトノアーサー。それらの内にベルキャニオン、そして外に並ぶ1番人気のダイワキャグニー。逃げのマイネルミラノは何故かこの位置。内にはエアアンセムがいます。この後にグリュイエールが陣取ります。ハクサンルドルフとサーブルオール。そして出遅れたサーブルオール。 内を開けて快調に逃げたスマートオーディンも直線に入ると、さすがに2年ぶりの実戦で、末脚がガラガラと鈍りました。圧倒的な1番人気に推されていたダイワギャグニーも直線に入ると、雨でボコボコした馬場を気遣ってか、加速力が見られません。奇襲策かポッカリ開いた内からマイネルミラノが顔を覗かせましたが、坂を上がると急に失速。

好位で粘るベルキャニオンの外から、ブラックスピネルの外に出せたサトノアーサーの勢い、動きが目立ちました。 外から前が邪魔で仕方なく内に進路を選択したサーブルオールがグイグイと肉迫。そして外からグリュイエール。それでも、サトノアーサーの脚勢が目立ち態勢は決まり!ゴール前で大外から追い込んだハクサンルドルフを振り切り、嬉しい初重賞を遂にゲット。

単勝2.8倍のダイワキャグニーは直線バタバタで14着に失速。馬場状態が大きく影響したようです。 注目していたアデイインザライフはスタートで大きく出遅れて、なおかつ重馬場に脚を取られて万事休す。とはいえ、新潟記念をラスト32秒台で圧勝したパンチ力。夏の新潟記念で見直したい1頭です(アデイインザライフはその後引退を発表しました:編集部注)。

また、4着に敗れたサーブルオール。直線外から内に進路を取り4着と好走。3着のグリュイエールと共に今年後半戦の目玉です。

勝利の分け目は強い運だった安田記念!!

  春のマイルの頂点「安田記念」優勝したのは9番人気のモズアスコットでした。中団の内を追走。直線は混み合った馬込みの中から強襲。押し切りを狙ったアエロリットをクビ差捉えて初GI制覇。これがなんと初重賞勝ち。それも1分31秒3のタイレコード。 さらに驚いたことに、 出走決定順位が19番目。全馬出走登録するとモズアスコットの優勝はありませんでした。さらに安土城S2着から連闘策。あまりにもモズアスコットは型破りでした。

私は強力な逃げ馬が見当たらないことから、アエロリット(5番人気)の先行力に期待を込めて◎を打ちました。モズアスコットは△。 抜群のスタートを決めたレーヌミノルの外からウインガニオンが飛ばして行きます。その後の3番手の内にアエロリット。外に並ぶキャンベルジュニア。この日の1番人気スワーヴリチャードはその背後。香港のウエスタンエクスプレスが外。2番人気ペルシアンナイトはスワーヴリチャードの真後ろでマーク。外側には3番人気サングレーザー。リアルスティールの顔も見られます。

そんな一団となった馬群の後にモズアスコット。外側にはリスグラシュー追走。出遅れたサトノアレスはレッドファルクスと共に後方で展開。

前半の半マイルが45秒5。極上の馬場コンディション。ハイペースと言えないまでも緩みなく流れて行きます。

4コーナーでは後続を離し気味に逃げたウインガニオン。2番手の外にレーヌミノル、その内からアエロリットが満を持して上昇。その外にはスワーヴリチャードが浮上。

そしてラストの直線坂上。外からサングレーザーと大外が出遅れたサトノアレスがグングンと伸びて来ました。

ラスト200mで内から先頭に立ったアエロリット。ここから持ち前の二段ロケットが再加速。内から末脚を伸ばしたスワーヴリチャードがパワフルなフォームで肉迫して来ました。このとき一番外から弾けるようにサトノアレス。その内側にサングレーザーが迫って来ています。

そんなときでした。馬込みを縫うように鋭く伸びて来た馬がいました。モズアスコットです。スワーヴリチャードの内からこれを抜き去り先頭のアエロリットに迫ります。そしてアエロリットに並んだところがゴールでした。クビ差し切り勝ち。力を込めてガッポーズのルメール騎手。悔しいクビ差2着のアエロリットの戸崎騎手から握手を求められると、笑顔で応えるルメール騎手。 C.ルメール騎手は、桜花賞・オークスのアーモンドアイに続くこの春3勝目のGI制覇。強運を味方にしないと、さすがにGIには手が届かないようです。

私の◎アエロリットは直線で外側にレーヌミノルがいなければ、もう少し外目を走れたと思います。たぶん戸崎騎手はそこを狙っていたはずでしたが、クビ差は運命としか言いようがありません。

3着にスワーヴリチャード。初めてのマイル戦。そして高速決着。見方によっては良く走ったと思います。

4着がサトノアレス。出遅れがなければ、また違った結果になっていたかも知れません。3番人気のサングレーザーが5着。そして2番人気のペルシアンナイトが6着。直線ゴチャついた中にいましたが1分31秒7ですから力は出し切ったようにも思います。