fbpx

今年はレディースイヤーか!マイルCSも牝馬天下!!

 

「いやぁ~参った!女は強いなぁ~」今年の秋のGI戦線。なんと、なんと牝馬が6戦5勝。

むろん、牝馬限定の秋華賞、エリザベス女王杯が含まれているとはいえ、牡馬牝馬の混合の安田記念、宝塚記念と、オール牝馬が優勝を飾っているのです。こんな年は過去にあったでしょうか。

  GI「マイルチャンピオンシップ」。今年は阪神競馬場で開催。単勝1.6倍と圧倒的な支持を集めたグランアレグリア。鞍上には毎週のように勝利者インタビューの台に立っているC・ルメール騎手。まさにGI請負人です。

  直前のスプリンターズSは4コーナー最後方から、神業的な末脚で豪快に圧倒したグランアレグリア。今回はサッと好位置をキープ。主導権を取ったレシステンシア。直後の2番手がラウダシオン。それに続いたアドマイヤマーズ、背後に昨年のマイルCS優勝馬インディチャンプ。その内側にグランアレグリアがガッチリと末脚を温存。

中団のインに早くもスカーレットカラー。2番人気のサリオスは大外枠もあってか、サウンドキアラと同じく後方に置かれます。

  前半の半マイルは46秒9、5ハロン通過が58秒5。高速馬場の現在の阪神ではスローに近い展開。

快調に飛ばしたレシステンシア、2番手のラウダシオン。直線も良く頑張っていましたが、好位からアドマイヤマーズが仕掛けて飛び出します。遅れてはなるまいとインディチャンプが馬体を併せに前に出て来ます。少し包まれ気味で追い出しが遅れてしまったグランアレグリア。ようやくアドマイヤマーズとインディチャンプの外に出ると、2頭の外から力強く伸びて来ました。その破壊力、パンチ力はケタ違い。あっという間に先頭に立って圧倒。牡馬陣をことごとく打ち砕きました。

インディチャンプが2着で、3着がアドマイヤマーズ。インをついて頑張った牝馬スカーレットカラーが4着。

最後方から直線大外をサリオスが伸びて5着。ラストは33秒1とメンバー最速を記録。グランアレグリアと2馬身差。展開が不向き、枠順が17番と不利が重なったとは言え、それは完敗でした。

それにしても、グランアレグリアは安田記念、スプリンターズS、マイルCSとGI3連勝。500k台のグラマー、グランアレグリア。いかにも牡馬陣が小さく見えるマイルCSでした。

 

GI連覇の劇走!馬上には再びあのジョッキー!!

注目された「エリザベス女王杯」は、1番人気に推されたラッキーライラックが、ルメール騎手と初めてコンビを組み、アッサリと直線抜け出し快勝。昨年に続き2連覇を達成しました。

昨年が京都で今年は阪神競馬場が舞台。加えて一番外の18番枠。大丈夫だろうか?と不安視する中で、ラッキーライラックのルメール騎手は中団の外にポジションを取りました。直ぐ前方に3番人気のラヴズオンリーユー。

主導権を取ったのはまさかのノームコア。強力な逃げ馬が見あたらず、横山典騎手は気勢を制して先手を取りに行きます。2番手はリアアメリアがキープ。内のウインマリリンと共に折り合いに専念したことから、先頭を行くノームコアとの差が広がります。好位を確保できたソフトフルート。直後にウインマイティーの3歳勢。

中団外のラッキーライラックが3コーナーで動き始めると、それに遅れてはなるまいとラヴズオンリーユーも付いて行きます。その後方にサラキアとセンテリュオ。

前半の5ハロンが59秒3。平均ペースです。これから5馬身くらい遅れて2番手のリアアメリア。後続はスロー。

3コーナー過ぎから仕掛けたラッキーライラック。4コーナーでは外から2番手グループに接近。その背後にラヴズオンリーユー。それを追うように外からサラキア。センテリュオはその後ろ。

直線入り口でノームコアに並びかけたリアアメリア、ラチ沿いに最内からウインマリリン。そんな中で力強く伸びて来た外のラッキーライラックが一気に先頭。やや内にもたれ気味になりながらもゴールへ向かいます。

ラッキーライラックを目標に外から肉迫して来たラヴズオンリーユー。そしてその外へ並んだサラキア。

ゴールはラッキーライラックを先頭に外からサラキア。その間にラヴズオンリーユーが3頭並んでゴールイン。クビ・クビ差でした。そのあとにインからしぶとく伸びたウインマリリン。外から伸びたセンテリュオは5着。逃げて失速したノームコアは11着と敗退。

 

それにしても、またまたCルメール騎手がVサイン。これで今年GI6勝の荒稼ぎ。前日の14日は、JRA通算1300勝を達成。今週も有力馬がひしめくルメール騎手。

また、2015年生まれの牝馬は、今回のラッキーライラック、女傑アーモンドアイ。ノームコアにモズスーパーフレアの4頭で、GIは14勝!凄い牝馬陣です。