無敵の断トツ人気アウォーディーが敗れたり!1年ぶりの美酒!!

010 011  

今年のGI「チャンピオンズC」はダートで6戦無敗。向かうところ敵なし。1番人気は当然ながらアウォーディー。このアウォーディーを巡る一戦でした。しかも絶好の2番枠。お膳立てが揃って、いわゆる負けられないチャンピオンズCでもありました。

ところが、順風満帆だったアウォーディーが敗退したのです。2着とはいえゴール前で差し込まれました。鞍上の武豊騎手にとっては、よもやの心境だったと思われます。

振り返って見ましょう。顔ぶれからモンドクラッセが主導権を取り、アウォーディーは好枠から2、3番手だろうか、と言う私の読みでした。

実際はモンドクラッセが先手を主張。内からアスカノロマンが2番手に上がり、外にはコパノリッキー。外からブライトライン、そしてモーニンが好位をキープ。その後がアウォーディーでした。そして外から仕掛けて出遅れたゴールドドリーム。

001 中団の後ろにいつもより早めに追い込みのノンコノユメ。外に並んでアポロケンタッキー。離れて後方にはロワジャルダンとラニ。最後方は追い込み策のサウンドトゥルーとカフジテイク。

半マイル48秒8、1000m通過が60秒6。緩みない流れです。3コーナーにかけてブライトラインが仕掛けて2番手に浮上。そのとき2番手にいたコパノリッキーが不利。

アスカノロマンは内々3番手をガッチリとキープ。仕掛けてゴールドドリームが順位をあげましたが、ゴールドの内にいたモーニンが下がる不利。その間を狙って内から過るようにアウォーディーが外に出しました。

後方にはアポロケンタッキー、ラニが並んで、後ろにロワジャルダン、ノンコノユメ、少し離れてサウンドトゥルー、これに並ぶカフジテイク。

4コーナーではモンドクラッセを先頭に、内からアスカノロマン、その外にブライトライン、コパノリッキーの順で入って来ました。その直後のゴールドドリームの外にアウォーディー。ここから少し離れてモーニン、アポロケンタッキーが続きます。サウンドトゥルー、ノンコノユメ、最後方がカフジテイク。

手応え十分にアウォーディーが直線中程で、モンドクラッセ、アスカノロマンに並びかけ、これは圧勝か、と思われたのですが、後続馬が急接近してきました。

003 004 内で頑張るアスカノロマンを競り落として先頭に立ったアウォーディー。その時でした。後方で満を持していたサウンドトゥルーが、もの凄い瞬発力で、あっという間に外から一気。見事にアウォーディーを差し切ったのです。

005007

昨年の暮れの東京大賞典以来の勝ち星。この時期は走るタイプでしたが、まさに弾けるような末脚でした。

2着はアウォーディー。内で粘ったアスカノロマンが大健闘の3着。大外から追い込んだカフジテイクが4着に好走。

私が狙ったモーニンは7着。向こう正面で好ポジションでしたが、外からゴールドドリームが並びかけられたときに、動くが急に悪くなり、4コーナーでは後方から4番手にまで後退。ゴチャつき位置取りが悪くなりました。それでもゴール前で5着だったアポロケンタッキーと一緒に盛り返して来たのです。勝ち馬と0秒5差。なにかもったいないような気がしました。

009

やったー!秋のGIは7戦6勝の快進撃!!ご声援ありがとうございました!(^^)! 

012

013

014

011

世界のホースマン注目の「ジャパンC」。1番人気キタサンブラックが圧巻の2馬身半差。強力な同型が見当たらないことから、キタサンブラックが一人旅に持ち込むだろう、という大方の見方。1番枠を引き当てたこともあり多くの支持が集中しました。

私もキタサンブラックは天皇賞をパスし、ここ一本に備えて来たこともあって、最大のライバルと考えていました。

で、スローペースは必至。私は昨年の有馬記念を考えていました。当時もキタサンブラックの単騎逃げ。3番手で展開したゴールドアクターが優勝。同じような位置にいたサウンズオブアースがクビ差の2着。キタサンブラックが3着。

同じようなペースであれば、キタサンブラックの直後で展開するサウンズオブアース、ゴールドアクターにもチャンスはあると見ました。

003

なかでも、サウンズオブアースは昨年のジャパンCでレース中に大きな不利がありながら差のない5着。今回の直前、京都大賞典で見せたラスト33秒1の破壊力からも、十分勝負になると考えました。

そして予想は◎サウンズオブアース〇キタサンブラック。私なりに結構自信がありました。 そして、抜群のスタートを決めたキタサンブラックが自然に先頭に立つ形。ワンアンドオンリーが2番手。その直後にゴールドアクター、外には武豊キタサンを一本にマークするムーア騎手のリアルスティール。他の馬が何故に来ないのか、ムーア騎手が再三後ろを振り返ります。

中団の内に追い込みのルージュバック早めの位置取り。外に並ぶデムーロ騎手のサウンズオブアース。その真後ろにシュヴァルグラン。後方にはレインボーライン。その後ろにフェイムゲームで、背後にはどうしたのか消極策のディーマジェスティ。

005

前半の1000mが61秒7。半分の1200m通過が1分14秒2。やはり予測された通りスローで流れて行きます

。 ほとんど一団の展開。直線は最内を開けて先頭に立っているキタサンブラック。その真後ろにはゴールドアクター、外にワンアンドオンリー、その外側にリアルスティール。ラストインパクトは開いたインを狙います。ルージュバックがイラプト、フェイムゲームと並んでラストスパート。

その後ろで内に位置取りしていたサウンズオブアースが内から外に持ち出します。その後ろから外をまわるシュヴァルグラン。

ラスト400mで武豊キタサンブラックが、一気にゴーサイン。ここでゴールドアクター、リアルスティールが少し離されました。それを見たサウンズオブアースが外から猛然とキタサンブラックを急追。

006

キタサンブラックが突き放しにかかった外からサウンズオブアースがグイグイと肉薄。とはいえ、キタサンブラックがセーフティーリードを保って、そのままサウンズオブアースを振り切りゴールイン。武豊騎手4勝目のジャパンC優勝。

サウンズオブアースが2着に入り、一番外から内で粘るゴールドアクター、リアルスティールを差し込んで3着。

007 一方、人気の一角ディーマジェスティは後方でまったく動けず13着の惨敗。展開というよりも体調が一息、本物ではなかった印象です。同じような位置にいたドイツのナイトフラワーにも伸び負けてしまいました。

なお、海外招待馬で最先着が7着のイキートス(ドイツ)。騎乗したファーガソン騎手は「いい瞬発力をみせることが出来ました。素晴らしいレースが出来ました」と満足顔。この程度の海外の馬は、おそらく来年も勝負にならないでしょう。アゴアシ付きの招待馬。この観光気分は当分続きそうです。

いずれにしても、秋のGIは7戦6勝。〇キタサンブラック◎サウンズオブアース△シュヴァルグラン。心に残るジャパンCとなりました。

009