日本も女性上位の時代に突入か!再び牝馬のワン・ツー!!

古馬中距離の頂上決戦GI「大阪杯」。古馬のトップクラスが勢揃い。友人が「最近は牝馬のレベルが、格段にアップしているなぁ~」と話していたら、なんと「大阪杯」で、牝馬のラッキーライラックが優勝。同じく牝馬のクロノジェネシスが2着。まさに牝馬のワン・ツー決着。大将格の牡馬陣は牝馬2頭を前に後塵を浴びてしまいました。

思えば、2週前の「高松宮記念」で、モズスーパーフレア、グランアレグリアの牝馬2騎で1、2着。時代は男から女へ向かいつつあります。

「大阪杯」は逃げると思われたステイフーリッシュがモタモタして主導権を取れず、逆に好スタートを決めた1番人気のダノンキングリーが押し出されて先頭に立つ形。外からジナンボーが、ダノンキングリーに並びかけて行きます。

3番手以下は少し水が開いて2番人気のラッキーライラック。その外にクロノジェネシス。内の背後にはワグネリアン。外にレッドジェニアルとステイフーリッシュが並ぶように併走。そしてサトノソルタス、マカヒキがいて、2番人気のブラストワンピースは後方の位置。最後方がカデナで内ラチを追走。

前半の5ハロンが60秒4。比較的落ち着いたペースで流れます。そして4コーナーをまわると、内のダノンキングリーに並びかけたジナンボーが、先頭に立つ勢いでしたが、ダノンキングリーも抵抗。しぶとく二枚腰を見せます。

そんなとき外からクロノジェネシスがジワジワ迫って来ました。最内からワグネリアンも接近。ブラストワンピースは一番外からラストスパート態勢。

ラスト200m。4コーナーで少し位置を下げたラッキーライラックが、ゴール前で猛然と肉薄。内のダノンキングリーと外のクロノジェネシスの間に割って入り、グイと抜け出しました。

それにクビ差で続いたクロノジェネシスが、内のダノンキングリーをクビ競り落として2着を確保。ダノンキングリーは無念の3着。

一方、ワグネリアンが4着に粘らんとするところに、最後方にいたカデナが間隙をついて、最速ラスト33秒5の切れ味を披露。4着に食い込みました。

また、注目されたブラストワンピースは4コーナーで大外を選択。久しぶりの登板だったせいか、本来のスパッとした切れ味は見られませんでした。7着に凡退。

優勝したラッキーライラックの父は顕彰馬オルフェーヴル。実に51年ぶりの「大阪杯」親子制覇の快挙となりました。

鞍上のM・デムーロ騎手は2年前のスワーヴリチャードに続く制覇。この日も新型コロナで続く無観客レース。デムーロ騎手はそんな中で、天に向かい両手でガッツポーズ。大きな声で雄叫びをあげていました。

速さ日本一の結末はゴール前で劇的な幕切れ!

スピード自慢のスプリンターが一堂に会したGI「高松宮記念」。結末はゴール前で劇的な幕切れとなりました。

ゴール前のデッドヒート。内から逃げたモズスーパーフレア。その外に不利があったダイアトニック、またその外に先頭に立ちかけたクリノガウディー。一番外は追い込んだグランアレグリア。4頭がほぼ並んでゴールイン。

審議中ながらも到達順位はクリノガウディー、モズスーパーフレア、グランアレグリア、ダイアトニックの順番でした。

ところが、審議ランプが点滅して、裁決の結果、電光掲示板の到達馬番が消え、再び点滅したときはトップに16番モズスーパーフレア。続いて8番グランアレグリア、3番ダイアトニック。11番クリノガウディーは4着。

  外から猛然と飛び出したモズスーパーフレア。勝つには昨秋のスプリンターズSで2着に逃げ粘ったこの手しかない、とばかりに猛ダッシュから一気に逃げまくるモズスーパーフレア。2番手が内から3年前の高松宮記念を制したセイウンコウセイ。3番手に抜群の手応えでクリノガウディー。人気の後続馬が少し自重気味の追走。従って1頭で他馬を離して逃げるモズスーパーフレア(9番人気)。前半の3ハロンが34秒2の展開は絶妙でした。

好位にダイアトニック(4番人気)とナックビーナスが続きます。重馬場のコンディション。前半の3ハロンを34秒2で引き離した大逃げを打つモズスーパーフレア。まさに絶好の展開です。2番手以下はセイウンコウセイ、クリノガウディー。好位にダイアトニック、ナックビーナス。その後ろにダノンスマッシュ(3番人気)、インからステルヴィオで、それに並ぼうとするアウィルアウェイ。そして1番人気のタワーオブロンドンが虎視眈眈。ノームコアがいます。その背後に2番人気のグランアレグリア。ダッシュがつかず中団を追走。

3コーナーをまわり後続を引き離した形でモズスーパーフレア。セイウンコウセイが2番手で、外にクリノガウディーが絶好の手応え。その後ろにダノンスマッシュ。重馬場で開いた内を突いてステルヴィオ。

4コーナーをまわり先頭は快調に逃げるモズスーパーフレア。直線ラスト200mでクリノガウディーが差を詰めて来ました。内にはダイアトニックとセイウンコウセイ。

ゴールまでラスト100m。先頭のモズスーパーフレアに馬体を併せようとするクリノガウディー。急に内に寄ったために間のダイアトニックの北村友騎手が、一瞬、手綱を引く形。態勢を整えて再び3頭の激しい叩き合い。そこへゴール直前で外から猛然と伸びて来たグランアレグリアが強襲。

 結果はクリノガウディー、モズスーパーフレア、グランアレグリア、ダイアトニックの順で入りましたが、裁決はゴール前での所作でクリノガウディーが、内のダイアトニック、モズスーパーフレアの走行を妨害したと判定。クリノガウディーはダイアトニックの後ろ4着に降着。

1番人気のタワーオブロンドンは12着。3番人気のダノンスマッシュが10着と凡退。アイラブテーラーは大差シンガリ負け。調教再審査となりました。

一方、繰り上がり優勝となったモズスーパーフレアと松若騎手。初のGI制覇となりましたが、松若騎手は少しはにかみながら「今度はたくさんのファンの方を前で優勝したいです。早く新型コロナがおさまって欲しい」と、まだ幼さが残る表情で優勝コメント。

降着があると後味がよくないものですが、松若騎手のコメントに救われた思いがしました。