タンゴのリズムにムイトオブリガードが感謝の圧勝!

  この時期ならではのタンゴのリズム。その調べは遠く南米の地に届いているでしょうか。東京で「アルゼンチン共和国杯」が行われました。

  芝2500mのハンデ戦。1番人気はルメール騎手が騎乗したアフリカンゴールド。そして2番人気が昨年のアルゼンチン共和国杯で2着だったムイトオブリガード 芝2500mのハンデ戦ということで、ハードル界の王者オジュウチョウサンが参戦。このオジュウチョウサンが外から主導権を主張。2番手のパリンジェネシスが競り込むことがなく、まさにオジュウチョウサンの一人旅。このスローの流れに3番手で折り合いを付けたムイトオブリガード。ラチ沿いをピッタリ走ります。その外にウインテンダネス。

アフリカンゴールドは中団の内。その背後にハッピーグリンとタイセイトレイル。トラストケンシン、ルックトゥワイス(3番人気)、その後ろにアイスバブル(4番人気)。

12秒台のペースで逃げるオジュウチョウサン。それも4コーナー手前から11秒台にアップ。直線内を開けて逃げるオジュウチョウサンの内からムイトオブリガードが力強く抜け出し、ラスト33秒8の加速力でそのまま後続を圧倒。昨年の勝ち時計を2秒2も上回る好タイム。その存在感をアピールしました。

注目の2着争いは後方から直線最内から鋭く伸びたタイセイトレイル(5番人気)が、外から迫ったアフリカンゴールドを捉えて2着を確保。

ゴール前で一番外から伸びたルックトゥワイス。馬込みから詰め寄ったトラストケンシンが5着。

4番人気と期待を集めたアイスバブルは後方でまったく動けず11着と凡退。スタートの出遅れが大きく応えた印象です。

昨年の有馬記念で見せ場を作って善戦した人気者オジュウチョウサンは、ラストが34秒1の決着となると荷が重いような気がしました。

史上最強の牝馬が見せた圧巻のパフォーマンス!!

「天皇賞・秋」が終了しました。結果は圧倒的な人気に支持されたアーモンドアイが、昨年に続き連覇。それも余裕綽々に3馬身差のワンサイド走。

長い間、競馬に携わって来た私も、舌を巻くほどのあまりの強さに、ただただ呆れるばかりでした。

それは史上最強の牝馬と言っても過言ではないはずです。時計が1分56秒2、トーセンジョーダンのレコードに0秒1差まで迫るタイム。それも余裕を残してラスト33秒8。ビッシリと追っていれば間違いなくレコード樹立だったでしょう。なんと言うスーパーガールなのでしょうか。 予想した通り内から主導権を取った戸崎・アエロリット。前半の5ハロンを59秒0の比較的ゆったりとしたペースに持ち込みました。これを2、3番手でマークする形になった2番人気のサートゥルナーリア。その直後のインに直前のサートゥルナーリアの動きを見ながら構えるアーモンドアイ。外に3番人気ダノンプレミアムがいます。中団にスワーヴリチャード。アルアインもこの位置の外を追走。後方にワグネリアン、その真後ろにユーキャンスマイル、マカヒキと続きます。

直線に入って快調に逃げるアエロリット。直後にサートゥルナーリアとダノンプレミアムが接近。アーモンドアイは内ラチ沿いを抜群の手応えで肉迫。

ラスト200mでアエロリットに内から迫るアーモンドアイ。アエロリットの外にサートゥルナーリア。その外に馬体を併せたダノンプレミアム。

そしてアエロリットの内をこじ開けて出たアーモンドアイ。そこからエンジン全開。一気に後続の差を広げて行きます。2番手をしぶとく頑張るアエロリット。ここで並んでいたサートゥルナーリアが急に脱落。外から伸びるダノンプレミアムがアエロリットを捉えて2番手に進出。ゴール寸前で外からワグネリアンと、大外から直線勝負に徹したユーキャンスマイルが猛然と肉薄。

抜け出してから余裕を残すようにアーモンドアイが、天皇賞のゴールテープを真っ先に切っていました。 ガッツポーズで感動のパフォーマンスを幾度となく表現するアーモンドアイのルメール騎手。スタンドに自らのゴーグルを投げ入れました。

2着にダノンプレミアム。流れを読んだ川田騎手の見事なプレーです。また、そのしぶとさを生かし粘りに粘ったアエロリットが3着。 大外から追い込んだユーキャンスマイルと、ワグネリアンが4、5着。アーモンドアイのライバルだったサートゥルナーリアは6着に後退。直線で内と外に馬体を併せられたことで、キャリアの浅さが出たのかも知れません。

それにしても秋の天皇賞を連覇した史上初の牝馬アーモンドアイ。その強さにはただただ呆れるばかりです。安田記念以来の実戦。まだ完調ではなかったとするならば、まさに底知れぬ史上、最強の女傑と言う表現がピッタリの感がします。

私たちは史上に残る今回の天皇賞のワンシーンワンシーンを、きっと胸に刻み込んで語り繋いでいくことでしょう。