fbpx

2冠制覇!18番枠もなんのそのGI請負人Cルメールという男!!

  勝者はなんと「18番」のゼッケン。大外枠から忍び寄って来たスターズオンアース。鞍上にGI請負人が初騎乗のC・ルメール騎手の手綱に応えて見事な圧勝劇。3歳牝馬2冠目の「優駿牝馬・オークス」を制しました。桜花賞に続く連覇となりました。

第83回目を迎えた3歳牝馬のクラシック「オークス」。人気の中心は桜花賞で強烈な伸び脚を見せたサークルオブライフ。そして、忘れな草賞を圧倒したアートハウスが2番人気。前記、スターズオンアース、それに続くナミュールと人気は続いていました。

  ニシノラブウインクがダッシュを利かせて一気に先頭。そしてあっという間に後続を離しにかかります。人気のサークルオブライフは、スタートのタイミングが合わず最後方に置かれる展開。2番手の先頭にパーソナルハイ、内からアートハウス。その直後に内からスタニングローズ。中団の前方には出遅れたプレサージュリフトが進出。その背後には同じ枠のスターズオンアースが外を追走。それを見る形で内にナミュールが虎視眈々。ピンハイ、ルージュエヴァイユ。スタートでダッシュのつかなかったサークルオブライフは最後方。前半の5ハロンを60秒6。明らかにスローで流れて行きます。

淡々とした流れでラスト3ハロンが34秒8の争い。後方の待機馬には厳しい展開。直線中程で先頭に立ったアートハウス。これに好位置でピッタリと経済コースを回って来たスタニングローズが迫って一気に先頭。そこへ待ちかねていたように外から迫るスターズオンアース。また内の馬込みの中からナミュールが脚を伸ばして来ました。

ゴール前はスターズオンアースの勢いが断然。一気に先頭に立ったスタニングローズがそのままゴールイン。2着が抜群の騎乗を見せたD・レーン騎手のスタニングローズ。そして内からナミュールが3着と続きました。

ゴール寸前で直線追い上げたプレサージュリフトを捉えたピンハイが4着。ともに桜花賞からの組ですが、それなりのレースを見せてくれました。

2番人気のアートハウスはゴール前で勢いを失って7着に後退。キャリアの浅さ、難しさが出た印象です。そして1番人気のサークルオブライフは出遅れが応えたか12着と大敗。サークルオブライフのM・デムーロ騎手は「最後は反応がなかった・・」と、肩を落としていました。

スタート直前でゲート前でサウンドビバーチェが放馬。結局、除外の適用が下されましたが、発走時間が大きく遅れるアクシデント。初めてのスタンド前の大観衆の熱気。精神面でアップアップだったデリケートな若い牝馬がいたかも知れません。

  とくにGIレースでは、もう少し抜本的な放馬対策が待たれるところです。一考をお願いしたいところです。

晴れの舞台で純白のアイドルが強烈な独演会!!

純白の女王ソダシ。ここ一番の大舞台で艶やかに舞いました。牝馬によるマイルの女王決定戦GI「ヴィクトリアマイル」。一昨年のアーモンドアイ、そして昨年のグランアレグリアと言った飛び抜けた女傑は見当たりませんでしたが、今年は白毛のアイドル・ソダシが参戦。

そのソダシが好位をガッチリとキープ。ゴール前200m過ぎに先頭に立つと後続を2馬身ちぎる捨てる独演会。昨年の札幌記念以来の勝ち星を手にしました。

  この日、1番人気が直前の大阪杯でポタジェの2着に頑張ったレイパパレ。とは言え、金鯱賞2着のあと中2週の強行軍で大阪杯。疲労はないのか不安視していました。また、マイル戦が3歳1勝クラス優勝以来。加えて、初めての東京コース。本当に大丈夫なのか、危機感を感じておりました。 レースはどうしても主導権を取りたいロザノワールが仕掛けて先頭に躍り出ます。これは予想したことと、後続は積極的に追いかけません。2番手にレシステンシア。その直後のインにソダシ。外にはレイパパレ。お互いに牽制します。

前半の半マイルが46秒3、5ハロン通過で58秒0。スローに近い平均ペースで流れます。中団の先頭に長期休養明けとなった牝馬3冠のデアリングタクト。そこにはファインルージュ。その背後にソングライン。

仕掛けて来ない後続を尻目に2番手以下を離し気味に逃げるロザノワール。外からレイパパレが接近。レシステンシアもしぶとく先頭争いで食い下がります。その内にソダシ。経済コースをピッタリにデアリングタクトが進出態勢。

そして後方からファインルージュが追い上げ態勢。背後にソングライン。ところが直線中程でファインルージュが躓く手痛い不利。それでも鞍上のルメール騎手が懸命に立て直して鋭く伸びて来ます。馬場の中央から強襲するソングライン。

 ラスト200mのハロン棒過ぎに先頭に躍り出たソダシ。それを追ってレシステンシア。2番手を争っていたレイパパレは後退。後続を離しにかかるソダシ。2番手争いは内で頑張るロザノワール、その外からレシステンシア。2頭の間に割って入って来たソングライン。そして一番外からファインルージュ。

ソダシが2馬身差の圧勝劇。ゴール前では4頭が馬体を並べて激しい2着争いは、結局外のファインルージュが2着。クビ差でレシステンンシアが3着。ハナ差でロザノワール、同じくハナ差でソングライン。そして、1番人気のレイパパレは12着に敗退。デアリングタクトが6着に頑張りました。

1分32秒2、ソダシのラストが33秒4。レースの上り3ハロンは34秒2。この流れでは後方待機馬は出番がありませんでした。

ソダシの輝くような白い馬体。感激で鞍上の吉田隼人騎手が何度もガッツポーズ。スタンドの観衆からは溢れんばかりの拍手で純白の女王ソダシと、鞍上の吉田隼騎手を称えていました。