伝統の七夕賞は3頭のドラマだったのか!結末は・・・

 

夏のローカル競馬、注目の一戦「七夕賞」。ハンデ戦で波乱含みの様相でした。

1番人気が前日からゼーヴィントと、マルターズアポジーが、時間ごとに変わる2頭のデッドヒート。

当日、結局は1月以来の実戦でしたが、4歳馬ゼーヴィントが1番人気。マルターズアポジーと共に、この2頭は福島の重賞を制していることで共通。本来は、有馬記念、大阪杯などGIを走っているマルターズアポジーが人気の中心となるべきだったのですが、大阪杯のあと休養させて、函館記念に向かうと言われていました。

ところが、厩舎サイドで仕上がっている、と判断されて、急遽、七夕賞に矛先を向けて来たのです。厩舎サイドは仕上がっていることを強調されていましたが、私には、やはりいくらか急仕上げの印象は拭えませんでした。

結果から七夕賞を総括すると、今年は3頭の七夕賞だったような気がします。その1頭が優勝したゼーヴィントであり、2着のマイネルフロスト。そして逃げたマルターズアポジー。この3頭の七夕賞だったような気がします。

スタートと同時に先頭に立つはずのマルターズアポジー。内からフェイマスエンドに張られて、先頭に立つまでにかなり脚を使ったのです。ようやく先頭に躍り出たのが1コーナー。前半の2ハロン目が10秒5、そして3ハロン目が11秒4。前半3ハロンは33秒9。思わぬペースでマルターズアポジーは厳しい展開を強いられてしまったのです。

しかも、マルターズアポジーはハミが掛り、2番手のフェイマスエンド以下を離してポンポンと逃げます。このとき3番手で様相を窺っていたマイネルフロスト。仕掛け詰めのゼーヴィントを確認したフロストの柴田大騎手は、3コーナーで大芝居に打って出ます。なんと逃げるマルターズアポジーに外から並びかけて、これを一気に突き放しにかかったのです。

こうなると、マルターズアポジーも逃げ馬の宿命でもうギブアップの走り。そこをすかさず外からゼーヴィント。前半は速い流れに苦労していましたが、4コーナーをまわり前にマイネルフロストが射程圏に入ると、恐ろしいくらいの勝負強さを見せたのです。

前を行くソールインパクトを外から捉えて、マイネルフロストに襲い掛かり、これを見事に仕留めたのでした。

昨夏のラジオNIKKEI賞以来の勝ち星が重賞2勝目。福島、及び夏に強いと言うことを見せつけました。

キャリア10戦で4勝、2着3回。父がディープインパクト。騎乗した戸崎騎手も秋が大いに楽しみと、コメントしていましたが、なんとなんと故障が発症。

「左第一指骨剥離骨折」と診断。好事魔多しとはいうものの、これから秋に向けてと、一歩踏み出したときのアクシデント。一日も早い奇跡的な回復を願うばかりです。

そして「以前の強い時のマイネルフロストに戻って来ました」と、柴田大騎手が言うマイネルフロスト。大胆な攻め戦法が功を奏したかのように見えました。惜しい2着です。この夏は新潟記念にでも顔を出して来る可能性がありますが、目を離せない1頭になりました。

無敵の3連勝!セダブリランテスという新星のレベル!!

ひと昔前は、残念ダービーとも言われた前身の「ラジオ短波賞」。現在は「ラジオNIKKEI賞」となりましたが、秋を狙う有力3歳馬はほとんどが休養入り。例年やや小粒な3歳重賞といった印象があります。

そんな中で、今年は楽しみな馬が参戦して来ました。キャリア2戦のセダブリランテス。昨年暮れの中山でデビュー。ダート1800mでアッサリ快勝。続く2戦目が5月の新潟。初めての芝1800mでしたが、好位からゴール前の叩き合いで勝負強さを発揮。どんリッチ以下に競り勝ったのです。初芝でラストが瞬発力の競馬。これに怯むことなくラスト33秒6で連勝。

3連勝の期待を乗せて初重賞「ラジオNIKKEI賞」に挑戦。注目のハンデが54k。同じ2勝馬のウインガナドルが夏木立賞を勝ってきたにもかかわらず53k。この差はセダブリランテスの評判なのか。器の大きさなのからなのか。

主導権を取ったのは、予想通りそのウインガナドル。スタートで後手を踏み、マイネルスフェーンと接触。そこからしごいて2番手に上がりましたが、そのぶん引っ掛かり気味。それらを見ながら外からじんわりと、2番人気のセダブリランテス。それを背後でマークする1番人気のサトノクロニクル。同じような位置には3番人気のクリアザトラックもいます。一団の一番後ろにロードリベラルが重心の低い走りで離れた形。

前半、5ハロンが59秒5。比較的ゆったりとした流れ。各馬は仕掛けのタイミングを計っています。

4コーナーで外からニシノアップルパイを捉えて2番手に上がったセダブリランテスがゴーサイン。これを追ってサトノクルニクルとクリアザトラックもスパート。

逃げるウインガナドルに並びかけたセダブリランテス。内で懸命に頑張るウインガナドル。それらの外から弾けるように伸びて来たのがロードリベラル。 ゴールは3頭が並んでゴールイン。優勝は今回も勝負強さを発揮したセダブリランテスがクビ差競り勝ち。遂に初重賞制覇。ウインガナドルが一番外から伸びたロードリベラルをクビ差振り切り2着と頑張りました。

時計は例年並みでしたが、なんと言ってもキャリア3戦で無敗の重賞馬。父はあのダービー馬ディープブリランテ。秋に期待する夢が大きくなりました。 1番人気のサトノクルニクルは6着。57kのハンデもありましたが、空回りで小回りの福島が不向きな印象でした。

また、3番人気のクリアザトラックも56kのハンデで4着。GI朝日杯FS3番人気。騎乗した北村宏騎手が語るように、こういった小回りコースは経験がなく、本来の力を出し切れず不完全燃焼のような印象でした。

牝馬で55kを背負わされたライジングリーズンは11着とかわいそうでした。またニシノアップルパイはスタートのタイミングが悪く、仕掛けて2番手を取りに行ったぶん、引っ掛かりどうしで最後はギブアップ。残念です。