fbpx

急遽、まさかのピンチヒッター!速い展開で結末は・・・

京都の代替開催となった最長距離、古馬最高峰の「天皇賞」(春)が、阪神競馬場で行われました。2周目が外回りから内回りと言うことで、各馬ポジションを意識してか、結果的に前半から緩みのない流れとなってしまいました。

 

  顔ぶれから単騎に持ち込めると見ていたディアスティマ。私は◎で応援。ところが、この日の2レースで、騎乗予定だった息の合った北村友騎手が落馬負傷。高野調教師と二人三脚で、待望の天皇賞に駒を進めて来たディアスティマ。直前でまさかまさかの事態となりました。

 

  急遽、乗り替わりとなって坂井瑠星騎手にチェンジ。初めての騎乗で初めての阪神3200mの天皇賞。期待の若手のホープとは言え、背負った荷物はあまりにも大きかったように思います。

 

  それはスタートして直ぐに表れました。主導権を主張するディアスティマに、外から馬体を併せるようにジャコマル(横山和騎手)が、3200mとは思えないほど手綱をしごいて競りかけて来たのです。無論、譲ることはなく、そのせいか前半の1000m通過が59秒8と緩みない流れ。結果的にこれが最後の最後で明暗を分けることになってしまったのです。 3、4番手のインで積極的に進めるカレンブーケドールは戸崎騎手とコンビ。その直後の外から1番人気のディープボンド。背後の内に2番人気のルメール騎手のアリストテレスがいます。それら有力馬を前に見て中団で仕掛けどころを探る福永ワールドプレミア(3番人気)が虎視眈々。

 

  そして内回りを意識して3コーナーで早くもカレンブーケドールが動きました。これを見ていたディープボンドの和田竜騎手が手綱をしごいて付いて行こうとします。 2400m通過タイムが2分25秒4。3200mを走っているとは思えないくらいの速い流れです。ここでジャコマルは脱落。

 

  4コーナー手前から逃げるディアスティマに並びかけるカレンブーケドール。直線はディアスティマとカレンブーケドールの2頭が激しく叩き合い。これに追いつこうとするディープボンド。そのとき一番外から満を持していたワールドプレミアが強襲。

 

直線中程で先頭に立ったカレンブーケドールを、ゴール寸前でディープボンドとワールドプレミアが捉えました。

 

  栄冠は外のワールドプレミア。菊花賞に続くGI制覇となりました。鞍上の福永騎手は初制覇。父、洋一騎手の親子制覇となりました。     一方で、内から追い上げたアリストテレスは4着がいっぱい。ディアスティマは6着に失速。

 

  勝ちタイムは参考タイムながら3分14秒7のレコード。とはいえ、ラスト3ハロンが37秒4。ゴール前の200mは13秒0。各馬バタバタの状態でゴールイン。

 

ちなみに、ディアスティマが2月の阪神、松籟Sを楽勝したときが3分14秒9、ラストが36秒1。当時との馬場の違いはあれディアスティマにとって、前半にジャコマル、中盤からカレンブーケドールと、息の入れ場のない厳しい展開になったことも事実。それでも大きく崩れなかったことは大きな収穫。とはいえ怪我で騎乗できなかった北村友騎手は、さぞかし無念だったはずです。

 

嗚呼、残念無念のオークス行きのチケット!!

凄いスケールを感じていた3歳牝馬メイサウザンアワー。桜花賞は間に合わなかったもののスタミナを生かせるオークス向きとみていました。厩舎サイドもオークスがベストと考えたようで、11月の赤松賞のあと「フローラS」一本に渾身の仕上げ。2着に入ればオークス本番に行ける。厩舎サイドも相当自信があったはずです。とにもかくにも1勝馬なので全力投球でぶつかって来るはずだ!私はそう考えて◎に推奨。

  とは言え勝負事は下駄を履くまでわからないと、よく言われることですが、今回の「フローラS」を振り返って、つくづく思うのでありました。

  メイサウザンアワーは6番人気。スタートの上手な馬で好ポジションを取れるだろう。開幕週で東京芝2000mの7番枠。上々の枠順です。休養明けで馬体重が14k増。おそらくほとんどが成長分だろうと、私はそう受け取りました。

  大外から主導権を取ったアンフィニドール。先頭に立つと後続をグングンと引き離しにかかります。2番手グループの筆頭にララサンスフル。スライリー、その内にメイサウザンアワー。外からじんわりとルメール騎手のクールキャット(5番人気)が進出。

この日、1番人気のオヌールは中団。その背後にユーバーレーベン(2番人気)がピッタリとマーク。3番人気のパープルレディーは後方です。

前半の5ハロンが60秒2。開幕週でスローに近いペース。離れた2番手以下は超スローの展開。従ってラスト3ハロンは33秒8の高速決着。

直線インをピッタリにアンフィニドール。2番手がララサンスフル。その外からスライリー。その動きを見て動き始めたクールキャット。

これらの内で仕掛けどころを探っていたメイサウザンアワー。直線中程で前のアンフィニドールとララサンスフルの僅かな間隙を突いて、こじ開けるように割って前に出ようとするときに接触。そのときでした。外からスライリーとクールキャットが並ぶように出て来ました。

高速決着の中で抜け出すクールキャット。頑張るスライリー。ようやく態勢を整えて追撃に入るメイサウザンアワー。一方で中団から外を鋭く伸びて来たユーバーレーベンが強襲。一気に3番手に上がって来ました。それでもギアチェンジしたメイサウザンアワーが盛り返します。

ゴールはクールキャットを先頭に2着以下が写真判定。結果はハナ・クビ差でスライリー、ユーバーレーベン、メイサウザンアワーの順。

メイサウザンアワーの石橋脩騎手は「直線で前を塞がれたのが痛かったです。勝負を賭けていたので残念です」とポツリ。肩を落としていました。私もこの馬でオークスを狙っていたので実に悔しいです。

一方、1番人気で小柄なオヌールは馬体減(8k減)が響いたか8着。パープルレディーは6着。逃げたアンフィニドール(4番人気)は13着。