fbpx

中京の日経新春杯は軽ハンデ馬がゴール前でどっと襲来!!

       今年は中京での「日経新春杯」。ハンデ戦で波乱含みの様相を呈していました。加えて馬場がボコボコして泥が飛ぶコンディション。

  1番人気が5戦4勝、目下2連勝中のアドマイヤビルゴ。対する皐月賞2着、ダービー、菊花賞がいずれも3着と、トップクラスの実績を誇るヴェロックスが2番人気。

  私の◎はサトノソルタス(6番人気)。中京は昨年春の金鯱賞(芝2000)でサートゥルナーリアの2着。長期休養明けだった中日新聞杯をひと叩きしてハンデが55k。ここはチャンスと見ていました。

  ミスディレクションが飛び出して内からダイワキャグニー(3番人気)。それに続いたショウリュウイクゾ。遅いと見たかインからアドマイヤビルゴ、ヴェロックスがインをついて好位置をキープ。そのあとのグループにサンレイポケットとクラージュゲリエがガッチリ。これらをマークする形でインにサトノソルタス。離れた最後方にポツンとミスマンマミーア。

前半5ハロンが60秒7の緩ペース。サトノソルタスは後方から内を通り中団に進出。ところが流れが遅かったのでごった返す展開。直線でコースの内側を通るアドマイヤビルゴ、ヴェロックスの人気馬は厳しい展開。そして中団のインで外に出そうとするサトノソルタス。ところが外から他馬に来られて、仕方なくインサイド寄りに進路変更。ところがインがゴチャゴチャで前がカベ。池添騎手が手綱を引いて、今度は再び外に進路を探します。

そんなときに3番手にいたショウリュウイクゾが早めにスパート。一気に先頭に立ってゴールを目指します。中団から外をクラージュゲリエ(4番人気)、内で踏ん張るダイワキャグニーは脚色がギブアップ気味。これを中団から抜けて来たサンレイポケット。

早目に抜け出したショウリュウイクゾ。クラージュゲリエが懸命に追います。そんな時に最後方から大外に出したミスマンマミーアがグングン強襲。

一方でサトノソルタスがようやくゴール前で伸びて来ましたが時すでに遅し。優勝はショウリュウイクゾが強襲したミスマンマミーアが2着。クラージュゲリエ、サンレイポケット、サトノソルタスの順でゴールイン。

アドマイヤビルゴは10着。そしてヴェロックスが9着。共にゴチャついた好位インで馬場に脚を取られた印象です。

優勝したショウリュウイクゾは初重賞制覇。鞍上の団野大成騎手も初めての重賞をゲット。ハンデ53kに恵まれたことと、ラスト35秒5の時計を要するコンディションがドンピシャ。2着のミスマンマミーアも52kと恵まれました。

サトノソルタスは直線の不利が重なり脚を余しました。外にすんなりと出すことが出来れば、かなり微妙な差になったはずです。  

追い込み策から一転!堂々の中京逃走劇!!

    あの女傑中の女傑、ターフを惜しまれながら去ったアーモンドアイ。彼女が3年前に制したシンザン記念。今年は第二のアーモンドアイを目指してククナが、Cルメール騎手を背に中京競馬場に登場。全身バネのような大きなフォーム。そのスケールはGI級と評価する向きが大多数でした。

ところが、中山競馬場のみならず中京競馬場も土が掘れて、切れ味よりもパワフルさが要求されるコンディション。ククナが東京のアルテミスSでソダシの2着に追い込んだ時点と比べて、明らかに異なる馬場状態となっていました。

スタートを切るとポンと出たのがピクシーナイト(4番人気)。前走の秋明菊賞でゴール前追い込んで3着した馬ですが、まるで別馬のような抜群のスタートダッシュ。労せず先頭に立ちました。

2番手に2番人気のバスラットレオン。外から掛り気味に3番人気のロードマックスが並びかけて来ました。そしてダディーズビビット。その直後でカスティーリャが怒ったように掛り気味。それはダディーズビビットが外から行った時に、カスティーリャに接触するようなシーン。これでぐっとハミを噛み、掛かり気味になってしまいました。一方、ククナはルメール騎手が仕掛け気味に後方を追走。 半マイルが46秒3、そして5F通過が58秒1。一人旅のピクシーナイトはペースを極端に落とさず、スピードに乗って気持ちよさそうな単騎逃げ。そして、そのままのスピードに乗って、逆にラスト200mで後続を突き放しにかかります。そのまま危なげなく見事な逃げ切り勝ち。

「厩舎側が難のあったゲートを修正してくれて、いいスタートを切れたことが大きかったです」と福永騎手。泥が飛ぶような馬場コンディションで1分33秒3。ラスト35秒2。優秀な時計です。圧勝でした。また、536kの大型馬。クラシックに向かって楽しみな逸材が誕生した瞬間でもありました。

2着は直線外から鋭く伸びたルークズネスト。2番手に浮上したバスラットレオンを捉えて2着にノシ上がりました。ここへ来て末脚にグンと磨きをかけているようです。

一方で、そのバスラットレオンは逃げたピクシーナイトの直後で展開しながら、結局ピクシーナイトに馬体を併せることが出来ず。ひょっとして高速決着だった朝日杯FSの反動でしょうか。

そして、アーモンドアイ二世の呼び声が高かったククナ。前半は後方待機策。これは予想できましたが、前半からルメール騎手が仕掛け気味に追走。直線で追い上げて来ましたが、ボコボコした馬場で持ち前の切れ味が半減。鋭さはまったく感じられませんでした。やはり良馬場で切れ味を生かせる舞台が向いているような気がします。

また3番人気のロードマックスは前半で力んだせいか折り合いを欠いて15着に惨敗。京王杯2歳Sの2着馬。次走は折り合ったときの姿を見たいです。