fbpx

破竹の4連勝!一気にGI戦線に浮上した注目の1頭!!

それはまさに破竹の勢い。この勢いは留まることを知りません。春の古馬戦線に大きな影響を持つ伝統の「中山記念」。今年はやや小粒な印象は拭えませんでしたが、それでも中山金杯を制して3連勝と勢いに乗る充実した1番人気のヒシイグアスにとっては、どんな相手であろうと大きな障害ではなかったようです。   何が何でもと言わんばかりにバビット(2番人気)が今回も主導権を主張。これに外からジワジワっとウインイクシードがピタリとつきます。そこから離れてポツンとトーセンスーリヤが3番手。これら前の3頭を前に見ながらヒシイグアス。その内にはケイデンスコール。これがラスト騎乗の蛯名騎手。その彼が乗るゴーフォザサミットもいます。 一方でルメール騎手が騎乗するクラージュゲリエ(3番人気)は中団の後ろで末脚を温存。 前半の5ハロンが57秒8。緩みないペースで流れます。離れた4番手を追走するヒシイグアスにとっては内回りと言うこともあって、まさに絶好のポジション。   4コーナーをまわるとバビットのインからウインイクシードが先頭に躍り出ます。トーセンスーリヤが2番手に浮上。その内からケイデンスコールと外にヒシイグアス。  ゴールまで200mを残したところで1分32秒8の通過。内からウインイクシード、中にケイデンスコール、そして外にはヒシイグアス。3頭の激しい叩き合い。後続は離されます。  ベストポジションで駒を進めたヒシイグアスが、クビ差ケイデンスコールを抑えて重賞連勝。勝ちタイムの1分44秒9も上々。3着は粘りに粘った半馬身差で続いたウインイクシード。 そして蛯名騎手のゴーフォザサミットが4着。トーセンスーリヤが5着。クラージュゲリエは9着に敗退。内回りで緩みのない展開では持ち味が生かせないのかも知れません。 これで破竹の4連勝としたヒシイグアス。いよいよGI「大阪杯」が射程圏に入って来ました。    

今年もこの人が騎乗するとゴール一番乗りか?!年明けのGIを快勝!!

GI請負人と称されるC・ルメール騎手が騎乗したカフェファラオが、堂々1番人気に応えて着差以上の強さを見せつけました。

今年最初のGI「フェブラリーステークス」。ダート1600mのチャンピオン決定戦。3番枠を引き当てたカフェファラオ。強気の正攻法策。

3コーナーで内から3番手に進出すると、逃げたエアアルマスをラスト200mで捉えて一気に先頭。中団からインをピッタリ追走したエアスピネル。内ラチをピッタリと経済コースを走り、ゴール前でやや外目に出すと、猛然と先頭に立ったカフェファラオを追います。僅かに及びませんでしたが、エアスピネルにとって1分34秒5は自己ベスト。8歳にしてこの凄い進境度。同じように内ピッタリと3着に追い込んだワンダーリーデル。横山典騎手の円熟したプレーがひと際光りました。

レースは2番枠を引いたインティがスタートで後手。仕方なく控える形。変わって1番枠のエアアルマスが主導権を主張。これにヘリオス、ワイドファラオが横並びで先行争い。この3頭を前に見ながらカフェファラオ。激しい流れが予測されて、このポジションは大丈夫なのか。やや不安が過りました。

そして半マイル通過が46秒5。緩みのないペースで流れます。3コーナーで先頭がワイドファラオ。その内にはエアアルマス。これをカフェファラオとヘリオスが追走。2番人気のアルクトスとオーヴェルニュが好位。その内から早目に追い込みのワンダーリーデル。そこにはエアスピネルもいます。3番人気のレッドルゼルと外にソリストサンダー。4番人気のサンライズノヴァはいつものように最後方で直線勝負に徹します。

4コーナーを内からエアアルマス。外にはワイドファラオ。背後に迫って来たカフェファラオ。その外から気を窺うアルクトス。1000m通過が58秒5。厳しい流れが続きます。

ラスト400mでエアアルマス、ワイドファラオ、カフェファラオの3頭が並ぶ形。その後ろからラチ沿いをワンダーリーデル。その真後ろからエアスピネル。

直線ラスト200mで先頭に立ったカフェファラオ。内で頑張るエアアルマス。内からワンダーリーデルが接近。外に出すことが出来たエアスピネル。外からレッドルゼルとソリストサンダーが追い込み態勢。

抜け出したカフェファラオにゴール寸前で迫るエアスピネル。結局は1番人気のカフェファラオが優勝。初のGI制覇となりました。

1分34秒4の勝ちタイムは、レコード勝ちしたモーニンが脚抜きの良かった重馬場のコンディション。良馬場でこの時計は立派です。

そして、頑張った8歳コンビ。カフェファラオに肉薄したエアスピネルに、3着ながら内から伸びたワンダーリーデル。賞賛すべき内容でした。

外から末脚を伸ばしたレッドルゼル。厳しい展開ながら5着に頑張ったエアアルマス。また後手にまわったインティは6着。2番人気のアルクトスは9着に後退。また4番人気のサンライズノヴァは末脚が不発。11着と凡走。

この高速タイム決着でラストが35秒台の勝負。展開に頼った馬たちは厳しい結果となりました。