fbpx

GI6勝で10億円突破!!鞍上C・Rは1500勝の輝き!!

  10番人気馬の優勝で度肝を抜いた「エリザベス女王杯」から1週後の「マイルチャンピオンシップ」。GI5勝の女傑グランアレグリアが登場。ここが現役最後のラストランとあって期待値もうなぎ上り。単勝1.7倍!鞍上にはリーディングジョッキーのトップを独走する恋人Cルメール騎手。

「来年引退する藤沢和先生のためにも負けられない!」と、強い思いがルメール騎手にはあったようです。

それでも天皇賞の激しいレースの後の中2週で大丈夫だろうか? 私にはどうしても拭いされない不安が脳裏を渦巻いていました。

秋のマイル王決定戦「マイルチャンピオンシップ」。スタートと同時に最内から先頭に立ったホウオウアマゾン。後続が控えたために前半の3ハロンが35秒6。過去10年で一番遅いペース。そのため3番手追走のサリオスが少し掛かり気味。その外ではカーッとなったグレナディアガーズが、口を割って飛んでいきそうな勢い。これには手綱を懸命に引いて立ち上がらんばかりの池添騎手。

好位にインディチャンプ。2番人気のシュネルマイスターは中団のインをキープ。その外にダノンザキッド。そして後方で末脚を温存して仕掛けのタイミングを探るグランアレグリアのルメール騎手。

  直線に入ると逃げるホウオウアマゾンにサリオス、その外からインディチャンプ。やや外目からグレナディアガーズが浮上。大外から肉薄してきたグランアレグリア。

ラスト200mは各馬が横一線。内から割って出て来たシュネルマイスター。そしてグレナディアガーズの外からケタ違いの豪脚でグランアレグリア。

ゴール前は内からインディチャンプ、シュネルマイスター、ダノンザキッド、一番外のグランアレグリアの激しい叩き合い。

この戦いを制したのがグランアレグリア。そしてシュネルマイスターが外から迫るダノンザキッド、内のインディチャンプを抑えて2着を確保。

「これがグランアレグリアなのだ!みんな見てくれただろう!凄いよ彼女は!さあ、みんな彼女に拍手だ!」。ルメール騎手は何度も何度も彼女、グランアレグリアを称えるガッツポーズをスタンドのファンに向かって訴えていました。そして、グランアレグリアの首筋あたりをポンポンと叩きながら何度も何度も労をねぎらうルメール騎手。それは彼にとってのJRA1500勝達成の記念すべき一戦でもありました。7048戦目と言う史上最少の騎乗での栄光。

そしてグランアレグリアはこれでJRAのGI6勝で10億円を突破!!あの歴史的な女傑アーモンドアイに、安田記念で土を付けたグランアレグリア。

昨年のアーモンドアイに続きターフとファンに別れを告げた歴史的なラストラン。阪神でのマイルチャンピオンシップは、まさに拍手と喝采の嵐でした。

度肝を抜いた3連単339万3960円の衝撃!!

  事実は小説より奇なり!それは、まさによもやの結末でした。今年、2021年の女王の座を争う注目のGI「エリザベス女王杯」。昨年に続き阪神で開催されました。

それはまさかの結末。その衝撃は10番人気のアカイイトがなんと2馬身半差の劇的なワンマンショー。後方に待機していたアカイイトは4コーナーで外から急接近。内から先頭に立った1番人気のレイパパレを直線捉えると、一気に突き放して2馬身差の独走劇。

2走前、ようやく3勝クラスを脱出。前走の府中牝馬Sが12番人気で7着。さすがに初めてのGI挑戦では厳しいと思われましたが、まるで別馬のようなパフォーマンス。

単勝6490円。馬単13万7500円。3連単が339万3960円!衝撃の配当となりました。

この結末となった要因は2つ。逃げ宣言をしていたロザムールが先手を主張していたのに、シャムロックヒルの団野騎手が手綱をシゴいて先頭を譲らず、3番手以下を大きく離して飛ばします。これを好位にいた1番人気のレイパパレ、これをマークしていた3番人気ウインマリリン、2番人気アカイトリノムスメが早めのスパート。

とくに少し掛かり気味のレイパパレは4コーナー手前で挟まれて躓く不利。ここで気落ちさせまいとルメール騎手は、懸命に前の馬を捉えに出ます。レイパパレの直後にいたランブリングアレーもこれを追ってスパート。さらにアカイトリノムスメも動きます。

そこへ外から一気に仕掛けてアカイイトが肉薄。アカイトリノムスメの外から少し内に寄れたのでアカイトリノムスメの進路が窮屈になる不利。ラチ沿いから抜け出したレイパパレに急接近。苦しくなったレイパパレをアッサリと抜け出すアカイイト。逃げ、先行勢はことごとく失速。これが1つ目の要因。

そして、現在の阪神は良馬場発表とは言え、極端に時計を要する馬場コンディション。このことが結果的2つ目の大きな要因。

ちなみに、同じ阪神で行われた昨年のラッキーライラックの勝ちタイムが2分10秒3。レースのラストが34秒8。対して今年は2分12秒1、ラストが36秒5。なんと2秒も遅い時計なのです。

今年の前半の5ハロンが59秒0。実際は57秒の前後のくらいの超ハイペースだったと思われます。そこにレイパパレを筆頭に人気の馬は壊滅した印象です。

2着は大激戦。どっとなだれ込むようにひと塊でゴールイン。中団に待機した7番人気のステラリアが2着。最内から伸びた後方待機のクラヴェルがクビ差で3着。後方待機のソフトフルート、イズジョーノキセキが4、5着。

  レイパパレが6着。アカイトリノムスメが7着。4番人気テルツェットは11着で、ウインマリリンは体調に問題があったのかブービーの16着でした。

阪神は常識では測れないくらいのドラマが待っているような気がします。