男勝りの勝負強さにただただ感服!樫の女王決定戦!!

011

今年のオークス、樫の女王決定戦は、圧倒的1番人気に推されたシンハライトが、直線後方から馬込みの中を突き抜けて待望のGI制覇となりました。

シンハライトは桜花賞で直線早めに抜け出したところを、外から強襲したジュエラーにハナ差負け。この無念さが池添騎手にはあったのでしょう。仕掛けをできるだけ遅くして直線勝負に賭けました。

「枠を生かしてロスなくまわることを心がけました。一歩目が遅くて考えていたよりも後ろなりましたが、凄い脚を使ってくれました。直線でスペースがなくて他の馬の邪魔をしてしまいましたが、初めての長距離輸送など厳しい条件の中を、本当に良く走ってくれました。秋にはライバルたちと戦えることが楽しみです」と池添騎手。

顔ぶれからフラワーCと同様に3番人気エンジェルフェイスが主導権を取って行きそうだな、と考えていたら中央からダンツペンダントが先手を主張。仕方なくエンジェルフェイスが2番手。ゲッカコウがピタリとついて、外には私の期待馬ロッテンマイヤー。

001

中団の外を追走する5番人気のジェラシー。2番人気のチェッキーノは後方の前くらいに陣取りました。桜花賞3着、4番人気のアットザシーサイドは中団のイン。外に馬体を併せてペプチドサプル。その直後の内にデンコウアンジュと外から馬体を併せるチェッキーノ。その後方インをシンハライト。そして離れてジェラシーとアドマイヤリードが最後方。

003

前半の3ハロンが35秒1。考えていたよりも1秒くらい速いペース。そして2コーナー手前の半マイルが47秒4で、1000m通過が59秒8。ほとんど順位に変動はなく3コーナーに向かいます。逃げるダンツペンダント、エンジェルフェイス、ロッテンマイヤーが一団となって先行勢を形成。そこから少し離されてビッシュが中団。チェッキーノ、シンハライトの有力馬は後方です。

コーナーをまわって逃げたダンツペンダントに、エンジェルフェイスが並びかけてきました。そのすぐ後ろにはロッテンマイヤー。そしてグンと迫って来たのがビッシュ。シンハライトとチェッキーノは、まだ後方4番手、5番手で並んでいます。そして、シンハライトは内から馬込みの中に突っ込んで行きます。チェッキーノは大外を選びました。

004

直線で先頭に立ったエンジェルフェイスに後続馬が接近。馬場中央を通ってビッシュの伸び脚が目立ちます。ラスト200mでした。ビッシュが先頭に立ちかけた時に、その後ろではシンハライトが窮屈な馬込みの中。そして外に出そうとしたときにデンコウアンジュの進路をカット。慌てて手綱を引く川田騎手。これに一番外からチェッキーノが肉薄。

005

先頭に躍り出たビッシュに馬込みを抜けて来たシンハライトが猛然と強襲。外からチェッキーノ。内中外、馬体が重なり合うようにゴールイン。クビ差前に出たシンハライトが念願のクラシック制覇。惜しくもクビ差惜しまれる戸崎チェッキーノ。わずか半馬身差遅れてビッシュ。

006

007

結果的には1番人気→2番人気。そして3番人気のルメール騎手のエンジェルフェイスはゴール前で一杯の10着。私のロッテンマイヤーはキャリア不足を露呈。13着に終わりました。

422Kの小兵、シンハライトはこの夏、馬体をひとまわり大きくさせて、秋を迎えたいところです。また2番人気のチェッキーノ、そして416K細手ビッシュ。夏の一段の成長が待たれます。

◎で応援していたロッテンマイヤーは、キャリア不足を露呈した印象。精神的な成長がこの夏待たれます。スケールは上位馬にヒケを取らないはずです。秋華賞で巻き返しを狙っています。

008009

おお、東京競馬場の直線がわれた!そこへ戸崎・ストレイトだ!!

011 012 今年もこの馬、このジョッキー!圧巻の快走劇でした。極上の馬場コンディションで、高速決着が予測されたG1ヴィクトリアマイル。なんと7歳の熟女、ストレイトガールが戸崎圭太騎手を背に昨年に続きヴィクトリアマイル2連覇を達成。

1分31秒5、5年前のアパパネの持つヴィクトリアマイルレコード(1分31秒9)を、大きく更新する快挙!まさに高速時代の代表格にノシ上がりました。

  高松宮記念で待機策から失敗したレッツゴードンキが、東京で強力な同型が見当たらないことから、当然、先手を主張するものと考えていたら、なんと岩田騎手にその気がなく、中団の前くらいの位置で控える形。この展開で局面は大きく変わりました。

002

本馬場に入場したときに、向こう正面あたりで、岩田騎手のレッツゴードンキと、隣でじっくり話しているように見えたのが福永騎手のカフェブリリアント。何を話していたのか定かではありませんが、レッツゴードンキが控えて、カフェブリリアントが3番手の積極策。なんらかの影響を与えたのかも知れません。

スタートと同時に内から前に出て来るスマートレイアーを尻目に、外から先頭に立ったのがレッドリヴェール。これを見下ろす形でカフェブリリアントが続きます。

前半の3ハロンが33秒8。アパパネのときと同様に歴史的なハイペースです。内にマジックタイムが中団の先頭。外から馬体を合わせるルージュバック。その真後ろにあのレッツゴードンキ。その内側にストレイトガール。比較的まわりに馬がいないことから楽な追走に見えました。ストレイトガールのやや外目をクイーンズリングがピッタリ。

そして、これらを見る形で1番人気のミッキークイーン。それに馬体を併せて行こうとする2番人気のショウナンパンドラ。

半マイル通過が45秒7、そして4コーナーの1000m通過が57秒2と、一向にペースダウンしません。縦に長い展開です。

004 005

そして4コーナーで逃げるレッドリヴェールに並んだカフェブリリアントが、一気に先頭に躍り出て、後続を振り切ろうとします。これを見てスマートレイアーが続きます。外からマジックタイムが先行勢の後ろに迫って来ました。

それに続け!とばかりにルージュバックも接近。射程圏に入れます。そんなときでした。やや内目のコースをストレイトガールが迫って来ました。ここは東京では前がカベになるコース取りでしたが、今回は奇跡的にもポッカリ開いていたのです。まさにコースがわれるようなヴィクトリアロードが出来ていたのです。

008 010

ガラッと前が開いたところから、力強く先頭に立ったのがストレイトガール。ラスト200m。戸崎騎手のステッキが入ると、昨年を思い出したかのように、2馬身、3馬身と後続を突き放しにかかります。勢いとその差から優勝は確定的。

それを追ってストレイトガールが抜けた同じようなところをミッキークイーン。4コーナーで大外に出したショウナンパンドラが、ゴール前で一気に強襲して来ましたが、コースロスの少なかったミッキークイーンが、外から2番手に上がったパンドラを差し込んで2着を確保。その差がハナ差。

スマートレイアーが良く頑張り、ルージュバック、マジックタイムの追撃をハナ差振り切って4着を確保。ルージュバックが5着でした。

優勝したストレイトガールは7歳。昨年、ストレイトガールが6歳で優勝するまでは、すべて4、5歳の決着。6歳以上の高齢馬ツケ入る隙さえありませんでした。

しかも、ヴィクトリアマイルのレコードで独走。これが7歳馬とは思えないようなイキの良さ。頭が下がります。

左手を高く掲げて喜びを全身でアピールする戸崎圭太騎手。運が味方したとはいえ、それは人馬とも見事なヴィクトリアマイル制覇でした。

015016