圧巻の2馬身差!高松宮記念に視界良好( ^)o(^ )


来月に予定されているGI「高松宮記念」。それを踏まえて行われた「シルクロードS」。ハンデ戦とあって混戦が予想されました。

1番人気は昨秋のスプリンターズS以来の実戦となるダイアナヘイロー。Mデムーロ騎手のアレスバローズが2番人気。

17→14→16→6着のカラクレナイが3番人気。これには◎に推した私も正直ビックリ。もっとも7.5倍ですから、いかに人気が分散しているのか、ファンが迷っているのか伝わってきました。

スタートと同時に飛び出したのがセイウンコウセイ。昨年このレースで2着。高松宮記念優勝に繋げた馬です。2番手はダイアナヘイローで正攻法。その後には内にファインニードル。外には近走安定した成績ながら6番人気と意外に人気を落としていたナックビーナス。アレスバローズは中団から後方にかけての内々。その外にカラクレナイ。後方にロードクエスト、フミノムーンがいつものように待機策。

快調に逃げまくるセイウンコウセイ。前半の3ハロンが34秒0。ここ3年が33秒台。馬場コンディションもありますが、間違いなくセイウンコウセイのペース。従って4コーナーをまわっても逃げ脚を伸します。2番手のダイアナヘイローの脚色が急激に鈍って来ました。内から2番手に上がったファインニードル。ラスト100mで先頭に立つと一気に突き放しにかかり、楽々2馬身差の圧勝劇。

2番手争いはセイウンコウセイが、そのまま逃げ粘りなんとか2着。外から追い込んだカラクレナイが一瞬3番手に上がったと見えましたが、その外から凄い末脚で追い込んだフミノムーンがハナ差先着して3着。ナックビーナスが5着。2着セイウンコウセイから0秒1差の大激戦。

それにしても、優勝したファインニードル。スプリンターズS以来の実戦。プラス18kの馬体重。57kのハンデ。それらを克服した圧勝劇。高松宮記念の有力馬にノシ上がりました。