あくまでも1番人気の武豊騎手はシビアだった・・


1番人気は まず勝てない!と言われた真夏のハンデ戦「小倉記念」。過去10年、1番人気の優勝はゼロ。 そんなことを知ってか知らずか、武豊騎手は1番人気のトリオンフに初騎乗。完璧なまでに、非常なまでに果敢に打って出て、57kのトップハンデを無事克服。堂々と1番人気に応えて圧勝となりました。

池江厩舎が3頭出し。その内の1頭で鳴尾記念をレコード勝ちしたストロングタイタンが前に出て行かず、待機策で末脚に賭けるという池江師。

となると、押し出されるようにしてマウントゴールドが先頭。この馬のペースで一人旅になることは間違いなしと◎で予想。まず滅多なことでは大崩れしないトリオンフが相手とみました。

ところが、トリオンフは私が考えるよりも、もっと果敢に攻めて来ました。トリオンフは抜群のスタートを利かせて先頭に立つ構え。そこを仕掛けて先頭に立ったのがマウントゴールド。ところが、武豊騎手のトリオンフは、そうやすやすとは逃さないぞ!とばかりに、ピッタリと逃げるマウントゴールドについて来るのです。

このトリオンフを目標にMデムーロ騎手が騎乗する2番人気のサトノクロニクルが、仕掛けながら好位でトリオンフの動きをマークしています。そして、4番人気のストロングタイタンはストーンウェアと並んで好位から中団をキープ。後方にはスタートが甘かった3番人気のサンマルティン。マイネルサージュにメドウラーク。

 1000m通過が60秒ジャスト。絶好の馬場コンディション。考えていたようにスローペース。そのことを承知で武豊騎手はピッタリと2番手。緩いペースながら逃げているマウントゴールドにとっては、常にプレッシャーを感じながらの逃げとなりました。

そして、ラスト11秒台前半にペースアップした3コーナー過ぎ、武豊トリオンフが動きました。マウントゴールドに並びかけたのです。慌てた浜中マウントゴールド。4コーナーでは内のマウントゴールドを捉えて先頭。懸命に盛り返そうとするマウントゴールド。ラスト3ハロンは11秒1-10秒9-11秒5の決着。高速33秒5の争いです。直線抜け出したトリオンフ。なんとしても付いて行きたいマウントゴールド。

勢いから完全に勝負あり!2着争いに絞られました。マウントゴールドが頑張って2着を死守するかな、とも思えましたが、じわじわ伸びて来たサトノクロニクルが並んだところがゴールでした。

優勝はトリオンフ。3馬身離れて2着にサトノクロニクル。惜しいかなクビ差遅れてマウントゴールド。

以下、レイホーロマンス、ストーンウェアと続きました。サンマルティンは7着。ストロングタイタンは心房細動で離れた最後方で入線。 それにしても、背後に2番人気のサトノクロニクルが控えているのに、4コーナー手前で強気に先頭に立ったトリオンフ。私の◎マウントゴールドがからすれば、もう少し楽に逃がしてくれてもいいじゃないの、と言う思いが残ります。

そこにはシビアな武豊騎手がいました。それとも武豊騎手は、浜中騎手が嫌いなのではないか、なんてゲスの勘ぐりをしたくなります。

1分56秒9のレコード。いよいよ時代は高速化の傾向を益々強めていることは確かです。