超スロー展開で流れたセントライトから菊は見えたか?!


菊花賞に向かって重要なトライアル戦「セントライト記念」。優勝は2番手で機を窺ったジェネラーレウーノが快勝。皐月賞3着の底力を強烈にアピールしました。

また、単勝1.9倍と圧倒的な人気に支えられた注目の3戦3勝のレイエンダは直線追い込んだものの2着。結果はグレイル、ブレステイキングと続きました。

一方、ダービー3着のコズミックフォースは7着。既成勢力図に変化が見られました。3番人気のギベオンは13着に敗退。

スタートから気合を入れて飛び出したタニノフランケル。内から抜群のスタートを見せたジェネラーレウーノ。タニノフランケルを見て2番手に控える形。ケイティクレバーが続き内からギベオン。外に併せる形でダブルフラット。その背後にコズミックフォース。ブレステイキングがこれをマークする形。それを前にレイエンダが続きます。後方から3番手にグレイル。最後方は離され気味のオウケンムーン。

前半の5ハロン通過が60秒9。2番手以下を離して逃げるタニノフランケル。そして前半の6ハロン過ぎると、タニノフランケルが一段とペースを上げて行きます。11秒5-11秒2。3コーナー手前からの玉砕的な逃走劇。2番手のジェネラーレウーノは10馬身以上離れます。それで、田辺騎手は仕掛けてタニノフランケルを追いかけます。 4コーナーでも大きな差を開けたままラストスパートするタニノフランケル。1800m通過が1分47秒2。ラスト400m。

とはいえ、さすがに直線中程でジェネラーレウーノに並びかけられるとバッタリ。自然と先頭に立ったジェネラーレウーノ。離れていた3番手以下がようやく迫って来ました。一番脚色が良かったのがレイエンダ。それに続くブレステイキング。形勢からジェネラーレウーノ、レイエンダ、ブレステイキングの順と思われましたが、最内から突っ込んで来たのがグレイルでした。外ブレステイキング、内グレイルがピッタリと並んでゴールイン。判定は内のグレイルがハナ差で3着。この3頭が菊花賞の優先出走権を手にしました。 またコズミックフォースは7着。ギベオンが13着。驚いたのが最後方にいたオウケンムーンが5着。復活の兆しを見せました。

私はブレステイキングが負けても3着は外さないと考えていましたが、Mデムーロ騎手いわく「最後で苦しくなったのは久々だったのかも知れません。次は良くなると思います」とコメント。確かにプラス10k増。賞金が900万。次の菊花賞出走が絶望的なハナ差となりました。

それにしても、離れた2番手で楽についてまわり、ロスなくレースを運べたジェネラーレウーノ。右回りの適性と、一段とスケールアップした印象がします。もうまわりではキタサンブラックの再来とか。今週の神戸新聞杯組、そして新潟記念を制したブラストワンピース。来る菊花賞は大いに盛り上がりそうです。