神戸新聞杯を制した底力は菊には無理なのか?!


      菊花賞の最終決戦「神戸新聞杯」。優勝は2番人気のワグネリアン。ご存知、今年のダービー馬です。2.7倍の2番人気でしたが、これは主戦の福永騎手が怪我で騎乗できず、急遽、藤岡康騎手に乗り替わったせいでしょうか。

1番人気はダービー2着のエポカドーロ。ダービー4着のエタリオウが3番人気。当然のようにダービー上位組が人気となりました。

競馬にはアクシデントがつきものですが、今回それはスタートでドラマがありました。エポカドーロがゲートで躓き、隣のアドマイヤアルバと接触。ダービーのように先行策で臨んでいたはずで、これは致命的な出遅れと見ています。

そこで、楽に主導権を取ったメイショウテッコン。前半5ハロンが61秒9の超スローにペースを落とします。不思議なことに2番手のビッグスモーキーが離れたポジションの番手。この形は逃げるメイショウテッコンにとっては理想的な展開。

ステイフーリッシュが3番手で、あのホープフルSで追い込んで来たタイムフライヤーが5番手をキープ。その後にゴーフォザサミット。その背後にワグネリアン。エポカドーロがその直後。アドマイヤアルバが続き、そしてポツンと最後方がエタリオウ。

前半の1600m通過が1分39秒2。極端なスローで流れ、ラスト4ハロンの決着。そして4コーナーを先頭でまわったメイショウテッコン。その時でした。スローを意識してワグネリアンが、内にゴーフォザサミットを従えて急接近して来ました。遅れまいと外から追いかけるエポカドーロ。   前半を楽に進めたメイショウテッコン。このままゴールまで突き抜けそうな勢い。とはいえさすがにダービー馬。藤岡康騎手のステッキが入るとグイと並びかけて来ました。

その時でした。懸命に追いかけるエポカドーロの外からエタリオウが、もの凄い突風のような末脚でワグネリアンに迫ります。

ようやく先頭に立ちかけたワグネリアン。その外からエタリオウ。内には粘ったメイショウテッコン。 結局、ワグネリアンが優勝。強襲したエタリオウが半馬身差2着。メイショウテッコンが良く粘ってアタマ差3着。ここまでが菊花賞の優先出走権。

エポカドーロはスタートのアクシデントが堪えて4着。注目していたアドマイヤアルバもスタートの接触が響いたのか後方で伸びなし。

優勝したワグネリアンは菊花賞をキャンセルして、天皇賞(秋)を目指すということです。2400mのダービー、神戸新聞杯を連勝しながら、距離が不安で3000mの菊花賞に不出馬。天皇賞は昨年のダービー馬レイデオロが出走。相手を考えると菊花賞と思えるのですが、これは素人の勘ぐりでしょうか。もっとも、天皇賞のレベルはグンと上がりますが・・・。