一昨年の再現!?1・2番人気の決着!2歳女王決定戦!!


注目の2歳牝馬女王決定戦は、上位人気の決着で無風の結末となりました。一昨年も1番人気のソウルスターリングが優勝。2番人気リスグラシューが2着。3着に3番人気のレーヌミノル。

今年は1番人気がダノンファンタジー。2番人気がクロノジェネシス。4番人気のビーチサンバと3番人気のシェーングランツが3、4着。まさに下馬評通りの結末となりました。 主導権を取ったのが内枠からじんわりとベルスール。2番手に難なくメイショウショウブ。ラブミーファインが3番手。人気のダノンファンタジーは後方から2番手。その内にシェーングランツ。出遅れたクロノジェネシスは最後方。

中団から後方グループにかけて内にやや行きたがるタニノミッション。外のビーチサンバがしっかり折り合い末脚を温存。前半が34秒8-47秒0。例年と同じようなペースで流れて行きます。

1000m通過が59秒1。さあ、4コーナーです。各馬一団の展開で、先頭のベルスールにメイショウショウブが並びかけて来ました。ラブミーファインとローゼンクリーガーが続きます。好位インにプールヴィル。内にレッドアネモス、外にビーチサンバが中団から接近。タニノミッションが内から馬込みの中に入って行きます。外にグレイシア。

シェーングランツの外からダノンファンタジー。その外にクロノジェネシス。直線入り口で先頭に躍り出たメイショウショウブ。直線中程で外からダノンファンタジーとクロノジェネシスが馬体を併せるようにしてグンと伸びて来ました。その内にビーチサンバ。インサイドに進路を取ったタニノミッションは、前の馬が邪魔で自らがセーブ気味に走法。ストライドの大きな馬で、こうなると持ち味が半減。 最後は2頭の叩き合い。内のダノンファンタジーか外のクロノジェネシスか。この両馬の叩き合い。激しい追い比べは半馬身差ダノンファンタジーが抜け出て優勝。クロノジェネシスはスタートのミスと、4コーナーで大外をまわる不利が堪えた印象。3着に内からビーチサンバ。後方から追い込んだシェーングランツが4着。5着にしぶとく頑張ったプールヴィル。 私が注目していたタニノミッションは、末脚をフルに生かせず不本意な7着。新馬勝ちした東京のような大きなコースで、外に出す競馬が出来れば、必ず大きな仕事をしてくれる逸材と推察。スケールから間違いなくウオッカの代表産駒になる可能性は十分です。