やはり世界レコード決着のJC組は無理だった有馬記念!!


  平成最後の大一番グランプリ「有馬記念」。優勝は3歳のブラストワンピース(3番人気)でした。直線で早めに抜け出し、ゴール寸前で圧倒的人気のレイデオロの追撃をクビ差振り切って優勝。初めてのGI制覇となりました。ジャパンCで古馬陣をねじ伏せたアーモンドアイに続く快挙。

世界レコード決着となったジャパンC。アーモンドアイは疲労を考慮して早々に回避。2着と頑張ったキセキ(2番人気)が果敢に参戦。これはどう見ても無理なローテーションだろうと推察。それでも主導権を取って5着。私の目からはよく頑張りました。

  前日の降雨もあって馬場コンディションは稍重。抜群のスタートを決めたオジュウチョウサンが内から先頭に立ちましたが、間からミッキーロケットが仕掛けて並びかけて来ました。さらにスタートが一息だったキセキが、外からじんわりと先頭に出ます。

ミッキーロケットが外、内にオジュウチョウサン。クリンチャー、サウンズオブアースが好位をキープ。その後ろに早くも内にサトノダイヤモンドと外にブラストワンピース。背後には外にレイデオロ。シュヴァルグランが中団の後ろ。最後方にミッキースワローがポツンと追走。

1000m通過が60秒7前後。稍重馬場を考えると思ったより緩みのない流れです。しかも、2週目の1コーナーをまわるとキセキが2番手のオジュウチョウサン、ミッキーロケット以下を離して4、5馬身差のリード。

この流れにミッキーロケットのマーフィー騎手は、目標を気持ちよく大逃げのキセキに切り替えます。そして、最終4コーナーをまわりキセキは5馬身くらいリード。

内のオジュウチョウサンとともにミッキーロケットはキセキを追撃。これと共にブラストワンピースが外から急接近。そして中団から一番外をレイデオロが浮上。

先頭のキセキに並びかけたミッキーロケットを、射程圏にブラストワンピースが、あっという間に外から先頭に立ちました。2番手にミッキーロケット。馬群の間からシュヴァルグラン。そして一番外からレイデオロがグングン肉迫。あと一歩、クビ差まで詰め寄ったところがゴールでした。

  優勝はブラストワンピース。外からレイデオロのルメール騎手が右手を差し出したもののブラストワンピースの池添騎手は左手を上げて「うりゃー」とばかりにガッツポーズ。

  3着争いは馬込みから伸びたシュヴァルグラン。惜しくもミッキーロケットは4着。そして逃げたキセキが5着。サトノダイヤモンドと続きました。オジュウチョウサンもキセキと0秒1差の9着。これは立派です。

  当初、今年の有馬記念は、天皇賞から臨んだレイデオロ。そして菊花賞でロスがありながら好走したブラストワンピースの争いだろうと、私は見ていたのですが、最終追い切りの坂路でグイと力強く先着したミッキーロケットに色めき◎。8番人気でしたが夏のグランプリホース。筋肉痛で目標としたジャパンCを回避せざるを得なかったものの、有馬記念に向かう上でこれは歓迎と判断。当然、天皇賞以上の期待ができると推察して本命でしたが、勝ちに行って4着。仕方ありません。疲労が残っていたはずのキセキ。この馬の頑張りも賞賛ものでした。