驚異のハイペースで大外から私の◎が強襲!!


 

  アイトーンがいてロードヴァンドール、メイショウテッコン、サラスと逃げ、先行馬が揃った京都芝2400m。ここが大きなポイントと見て◎がルックトゥワイス(5番人気)。ここへ来ての充実度、強烈な末脚はGI級と見て迷わず本命に指名。強敵はこれも器はGI級と見ている菊花賞5着の1番人気グローリーヴェイズ。

スタートと同時に主導権を主張したのがサラス。ロードヴァンドールが続きましたが、外からアイトーンが先頭を奪います。好位4番手にエーティーサンダー、内にアフリカンゴールド。外にガンコがいます。その後にシュペルミエール、2番人気のムイトオブリガード。少し離れて内にグローリーヴェイズ。ノーブルマーズが外にいます。ウインテンダネスから離れてルックトゥワイス。そして出遅れたメイショウテッコン。ダッシングブレイズと続きます。

ところが、向こう正面から3コーナーにかけて、外からメイショウテッコンが仕掛けてスパート。前半の5ハロンが58秒3、1400m通過は1分23秒8。明らかにハイペース。この流れで構わず後続を離して逃げるメイショウテッコン。大きく離して先頭で直線に入ってきたメイショウテッコン。2番手がサラスでエーティーサンダーがアイトーンの外で3番手。内ラチ沿いからグローリーヴェイズが浮上。アフリカンゴールドの外からシュペルミエールも上昇。ムイトオブリガードの外にノーブルマーズ、一番外にルックトゥワイス。 直線ラスト200mでメイショウテッコンが失速。そのとき内からサッと抜け出たグローリーヴェイズ。後続を離して行きます。そして直線大外に持ち出したルックトゥワイスがケタ違いの末脚でゴール前猛追。2番手に上がったシュペルミエール、その外から迫るノーブルマーズ。その外にルックトゥワイス。優勝したグローリーヴェイズに半馬身差まで肉迫したところがゴールでした。勝ち馬から7着のケントオーまで0秒4差。4角で一番外をまわるロスがあったルックトゥワイス。なんとも惜しかったです。

2番人気のムイトオブリガードは6着。14k増の急仕上げが応えた印象です。4番人気のアフリカンゴールドは15着。こういった速い流れの競馬は向いていません。