新境地かイン強襲策で好敵手を下したGワンピース!!


  今年もGI馬が勢ぞろいした北海道、夏の大一番「札幌記念」。秋の古馬戦線に大きな意味合いを持つ重要な一戦です。

凱旋門賞を目指すブラストワンピース。フィエールマン、ワグネリアン、ペルシアンナイトと言ったGI馬が揃い踏み。これに昨年の札幌記念優勝のサングレーザーも参戦。まさにワクワクするメンバー構成です。

人気はルメールJ騎乗のフィエールマン、そしてワグネリアン、ブラストワンピース、サングレーザーという順番。

案の定、予想された通りエイシンティンクルが迷わず先頭に立ちます。これに外からクロコスミアがじんわりと2番手。驚いたのは、差し追い込みタイプのサングレーザーが3番手の積極策。 その後にワグネリアンが好位4番手で機を窺います。そして中団の外にペルシアンナイト。さらに、その一列後ろに内からブラストワンピース、外にフィエールマン。

エイシンティンクルが思い切った逃走で、2番手のクロコスミア以下を離し気味。前半の1000m通過が59秒9。平均ペースの流れです。

そして勝負どころの4コーナーで、サングレーザーが逃げるエイシンティンクルの直後に迫って来ました。さらにクロコスミアの外にワグネリアンが浮上。また窮屈な内を突いてブラストワンピース。外から追い上げて来たペルシアンナイト。さらにその外からフィエールマン。

とはいえ、内からエイシンティンクルを捉えて一気に先頭に躍り出たサングレーザー。そしてコーナーリングを利して急追したブラストワンピースの2頭の激しい叩き合い。こうなると末脚を温存して詰め寄って来たブラストワンピースに軍配。クビ差競り落としました。

また、これまでと違う面を見せた2着のサングレーザー。これはこれで大収穫の2着とだったと思います。

一方で、1番人気のフィエールマンが3着。菊花賞優勝からも今回の2000mは忙しすぎた印象があります。外々を走らされながら3着は、ある意味で上々の内容。騎乗したルメールJも「ベストは2400m」とコメント。

今回私はペルシアンナイトを指名。2000mがドンピシャと考えていたのですが、今回は初めてのブリンカー。初めての札幌が舞台。外をまわりながら、それで勝ち馬と僅か0秒3差。大激戦だったと思います。

4着だったワグネリアンは、しぶとく食い下がっていましたが、両前脚が落鉄する手痛い不利。不運でした。福永騎手も悔しがります。

いずれにしても優勝したブラストワンピース。いつも直線は外をまわって悔しい惜敗でしたが、今回のコンビを組んだ川田騎手は自身の判断でイン強襲策。さすがリーディングジョッキー。実に見事でした。