紫苑S〇◎▲の決着に「嗚呼!」の溜め息・・


嗚呼!なんとハナ差負け!その時は“よし!”悪くても同着だろう!と、私は見ていたのですが、ハナ差2着でした。 GI秋華賞のトライアル戦「紫苑S」。私は絶対の自信を持っていた馬がいました。フェアリーポルカです。 あの粒ぞろいだったオークストライアルのフローラSで、致命的な東京芝2000mの18番枠。開幕週でこの枠は絶望的。終始4頭分の外をまわりながら、それでもゴール前で先頭に立つ場面。結果、無念の5着。僅か0秒1差の5着。大接戦でした。 「賞金が1000万で2勝クラス。3着以内に入る相当な自信がなければ、自己条件を捨てて、今回のようなステップはとらないはず」と、私は推測していました。 馬体は18k増。これは間違いなく成長分。迫力を増した素晴らしい馬体の造りに見えました。 1番人気のカレンブーケドールが積極策の2番手。それを2番人気のパッシングスルーが3番手でカレンブーケドールを徹底マーク。その後ろのインに6番人気のフェアリーポルカ。 直線入り口で抜群の手応え。鞍上の三浦騎手のゴーサインを待つフェアリーポルカ。ところが、逃げたメイクハッピーとカレンブーケドールが邪魔になり、追い出しを待たされる不利。まともなら一気に叩き出して突き抜ける勢いでしたが、早目に追い出しをかけたエンジン全開のパッシングスルーに外から差し込まれる結果となりました。 私の予想は〇◎▲の順。◎〇▲であれば、馬単73.5倍。3連単は2万8840円!嗚呼、ハナ差、やはり嗚呼なのであります。