どう見たって単騎一人旅!絶好の展開を利してまんまと逃走劇!!


それはまさに私が頭の中で描いていた通りの展開となりました。中山のメイン天皇賞の前哨戦「オールカマー」。

私は自信をもってスティッフェリオに◎を打ちました。というのも、10頭と言う手頃な頭数で、圧倒的1番人気に支持された千両役者レイデオロ。そして香港のGIを含めて重賞3連勝のウインブライト。これにミッキースワローが続いて、上位人気の3頭はともに差し、追い込みタイプ。この3頭が後方で牽制すると先行する馬には願ってもない展開になると推察。

そのことを感じとっていたのが丸山騎手のスティッフェリオ。「これはスタートでポンと前に出て行ければ一人旅になる」丸山騎手はそう感じて作戦を立てたはずでした。

実際、スタートを決めたスティッフェリオ。迷わず先頭に出て行きます。上位人気の3頭は手綱を引いて待機策。そんな中からトニーファイブ、ゴーフォザサミットが2、3番手。外からウインブライトが掛り気味に好位に上がって来ました。

このウインブライトをピッタリとマークするようにレイデオロ。その直後にはクレッシェンドラブ。そしてグレイルと後方にはミッキースワロー。 前半の5ハロンが61秒8。予想通りのスロー。2番手のゴーフォザサミットはかなり掛り気味。石橋脩騎手が背中を丸くして手綱を引きます。 そして勝負どころの4コーナーでゴーフォザサミットが、逃げるスティッフェリオに並ぼうと進出。これにスティッフェリオの丸山騎手が、そうやすやすと先頭を渡すはずがなく、2頭で3番手以下を離し気味。   余力を残していたスティッフェリオが直線でゴーフォザサミットを突き放し気味。そしてゴールを目指します。好位のウインブライトは伸びを欠きジリジリ失速。そしてレイデオロの外から満を持していたミッキースワロー。馬込みの中を割り込んで来たグレイル。2着争いが激しくなりました。

スティッフェリオは春のGI大阪杯で、アルアイン、キセキ、ワグネリアン、マカヒキといったGI馬を相手に差のない競馬をしていた実力派。 単騎逃げの手に出れば、間違いなく勝ち負けになる、私の推理通りの結果となりました。優勝はスティッフェリオで圧勝劇。そして激しい2着が追い込んだミッキースワロー。3着にグレイル。人気のレイデオロは4着。

また2番人気のウインブライトは14着。真冬の中山金杯、2月の中山記念で優勝。暑い時期よりも寒い時期が向いているのかも知れません。

一方で、昨秋の天皇賞馬、有馬記念2着のレイデオロは、好調時の凄みがなく、4着と株を下げてしまった格好です。