3歳の代表格Dキングリー!見たか強烈33秒4!!


今開催、最終日に行われる「天皇賞」。その前哨戦「毎日王冠」は、1番人気に推された3歳馬ダノンキングリーが、最後方近くから直線で外に出すと、飛びっきりの末脚で豪快に突き抜けました。

スタートで遅れたダノンキングリーが最後方。スタンドのファンをヒヤッとさせましたが、単騎逃げのアエロリットは後続を引きつけた逃げ。各馬一団となってこれを追走。それゆえ最後方でも前を射程圏に入れながらの追走。

心配された雨もなく、やはり高速の決着となりました。主導権を取ったアエロリットは前半の半マイルを47秒0。1000m通過が58秒5。昨年の覇者アエロリットにとっては、ほぼ昨年と同じようなペース。絶好のコンディションの開幕週の馬場。やはりスローに近い流れです。

 逃げるアエロリットの2番手に陣取った58kのインディチャンプ。その内にケイアイノーテック。それらの背後のインにペルシアンアイト、外に馬体を併せるマイネルファンロン。中団にギベオン。それを見るように内からランフォザローゼス。並びかけるハッピーグリン。モズアスコットは待機策。そして最後方がダノンキングリー。

3コーナー過ぎても快調に逃げる津村・アエロリット。少し後続が離れます。2番手のケイアイノーテックの外な並んだインディチャンプ。徹底して逃げるアエロリットをマーク。それらを見ながらペルシアンナイトもスパートの態勢。1番人気のダノンキングリーは4コーナーでも最後方。

 逃げるアエロリットの外からインディチャンプが並んで来ました。そこへ外からペルシアンナイトも肉迫。最後方から直線入り口で内から外に進路を取ったダノンキングリー。

ラスト3ハロンが34秒3の争い。中程でアエロリットをインディチャンプが捉えて先頭に立ったかに見えましたが、しぶとさはトップクラスのアエロリット。またそこから盛り返します。外から迫るペルシアンナイトも本来の切れ味が今一息。そこへ大外からダノンキングリーが猛然と肉薄。前の馬たちと勢いが違いました。最速のラスト33秒4。見事にゴボウ抜きして一気に先頭。そして余力を残して突き抜けたのです。

騎乗した戸崎騎手は「今日はこの馬に助けられましたね。夏を越して心身ともに成長が感じられました。この先の活躍が楽しみになる内容だったと思います」と、絶賛。

今後はマイルCSか天皇賞と言うことになりそうですが、どちらに進んでも主役級の存在に変わりはなさそうです。

2着に踏みとどまったアエロリット。今回は津村騎手と初コンビでしたが、絶妙のペースに持ち込んでフルに持ち味を生かせました。中距離の舞台で単騎逃げなら相当粘り強いです。

3着はペルシアンナイトに半馬身差まで詰め寄られましたが、58kを背負って休養明け初戦。インディチャンプにとっては悪くない内容だったと思います。マイルCSでの活躍が期待されます。