劇的な菊花賞優勝!あれから17年の思いを胸に!!


  クラシック3冠目の「菊花賞」。3番人気に推されたワールドプレミアが、直線内からラスト200mで先頭。1番人気のヴェロックスを突き放し、外から追い込んだサトノルークスをクビ差振り切り優勝。武豊騎手はディープインパクトで優勝以来、実に17年ぶりの栄光。ディープインパクトは今回優勝したワールドプレミアの父で、数々の名馬を残し今年惜しまれながら永遠の旅立ちをしました。

  スタートと同時に主導権を取ったカウディーリョ。競り込む馬が見あたらず、予定通りスローに持ち込みました。前半の5ハロンが62秒4のスロー。ヴァンケドミンゴ、ナイママが続きます。ユニコーンライオン、その外にヴェロックスがキープ。そこにメイショウテンゲンが馬体を併せに行きます。

その直後にヴェロックスを見る形でインにワールドプレミア。レッドジェニアルとホウオウサーベルも並ぶようについて行きます。中団の後ろのほうには内にサダル。外に並ぶサトノルークス。その後ろには2番人気に推されたニシノデイジー。外に4番人気のヒシゲッコウ。後方にはディバインフォースが追走。最後方は逃げる予定だったはずのシフルマン。この馬が不運にも出遅れてしまいました。

  さあ、勝負どころの4コーナーで、快調に逃げるカウディーリョに2番手のヴァンケドミンゴ、外からタガノディアマンテが並びかけるような勢い。

これらの動きを見ながらヴェロックスとホウオウサーベルがラストスパート態勢。それを背後で見ていたワールドプレミアはGOサイン待ち。その後ろに内からヒシゲッコウと、外に並ぶレッドジェニアル。そして外はサトノルークス。さらにはインをついてディバインフォース。

直線中程でヴェロックスを捉えて、ラスト200mを残し内から先頭に躍り出たワールドプレミア。まさに武豊騎手にとっては勝負どころでした。一気にヴェロックスを突き放しにかかります。一方で一番外から猛然と追い込んで来た馬がいました。福永騎手のサトノルークスでした。クビ差までワールドプレミアに迫ったところが運命のゴール。

武豊騎手にとってはディープインパクト以来、17年ぶりの菊花賞制覇。その間の思いは色々と過ったことでしょう。自身、昭和最後の年にスーパークリークで優勝。これは最年少での記録。

あれから幾星霜、武豊騎手の脳裏には、走馬灯のようにワンシーン、ワンシーンが流れていったことでしょう。

現在50歳。記録すべき最年長で菊花賞を制した栄光は、ファンや人々に、きっと語り繋がれて行くはずです。ディープインパクト、その仔ワールドプレミアと共に伝説として・・・。