タンゴのリズムにムイトオブリガードが感謝の圧勝!


  この時期ならではのタンゴのリズム。その調べは遠く南米の地に届いているでしょうか。東京で「アルゼンチン共和国杯」が行われました。

  芝2500mのハンデ戦。1番人気はルメール騎手が騎乗したアフリカンゴールド。そして2番人気が昨年のアルゼンチン共和国杯で2着だったムイトオブリガード 芝2500mのハンデ戦ということで、ハードル界の王者オジュウチョウサンが参戦。このオジュウチョウサンが外から主導権を主張。2番手のパリンジェネシスが競り込むことがなく、まさにオジュウチョウサンの一人旅。このスローの流れに3番手で折り合いを付けたムイトオブリガード。ラチ沿いをピッタリ走ります。その外にウインテンダネス。

アフリカンゴールドは中団の内。その背後にハッピーグリンとタイセイトレイル。トラストケンシン、ルックトゥワイス(3番人気)、その後ろにアイスバブル(4番人気)。

12秒台のペースで逃げるオジュウチョウサン。それも4コーナー手前から11秒台にアップ。直線内を開けて逃げるオジュウチョウサンの内からムイトオブリガードが力強く抜け出し、ラスト33秒8の加速力でそのまま後続を圧倒。昨年の勝ち時計を2秒2も上回る好タイム。その存在感をアピールしました。

注目の2着争いは後方から直線最内から鋭く伸びたタイセイトレイル(5番人気)が、外から迫ったアフリカンゴールドを捉えて2着を確保。

ゴール前で一番外から伸びたルックトゥワイス。馬込みから詰め寄ったトラストケンシンが5着。

4番人気と期待を集めたアイスバブルは後方でまったく動けず11着と凡退。スタートの出遅れが大きく応えた印象です。

昨年の有馬記念で見せ場を作って善戦した人気者オジュウチョウサンは、ラストが34秒1の決着となると荷が重いような気がしました。