海外馬不在!東京巧者のSリチャード・マーフィーJ会心の一撃!!


39回目を迎えた国際GI「ジャパンカップ」。今年は創設以来、初めて外国馬の姿が見られない寂しいJCとなりました。

優勝はOマーフィー騎手が騎乗した東京巧者スワーヴリチャード(3番人気)。5、6番手のインを追走。ゴール前でラチ沿いから力強く抜け出して久しぶりのGI制覇。

金曜日から降り続いた雨。日曜は一時、雲間から太陽が垣間見えましたが、曇天の空にたっぷりと水分を含んだ重馬場。大きな泥の塊が飛び交います。

典型的な逃げ馬が不在でしたが、宣言通りダイワキャグニーが主導権。ダンビュライトが2番手。その後ろには内にカレンブーケドール(5番人気)。外には流れが遅いと見たのか横山典騎手のエタリオウ。2番人気のワグネリアンはカレンブーケドールの直後にいます。

また、ワグネリアンの背後にスワーヴリチャード。外から並びかけるシュヴァルグラン。1番人気のレイデオロがジナンボーと共に並んで中団を追走。そこから少し離れて4番人気のユーキャンスマイル。また離れてルックトゥワイス。離れた最後方にポツンとマカヒキが追走。

前が一団で固まるよう展開で、前半の5ハロンが60秒3。重馬場のコンディションにしては少し速いペースで突き進みます。 そして4コーナーをまわると逃げるダイワキャグニーがラストスパート。2番手に内からカレンブーケドール。そして、ムイトオブリガード、ワグネリアン、ジナンボーが並ぶように前を追います。後方にはユーキャンスマイル、マカヒキの順。

ここが勝負どころとばかりに直線坂を上がるとスワーヴリチャードが一気にスパート。インを強襲して先頭に立ちます。カレンブーケドールも必死に食い下がります。ダイワキャグニーはここで脱落。ゴール前は最内から先頭にたったスワーヴリチャード。その外に必死に盛り返すカレンブーケドールが2着。一番外からゴール前一気に伸びたワグネリアンが3着。2分25秒9、ラストが37秒2。時計はさすがに重馬場で平凡でした。

スワーヴリチャードの背中で立ち上がり、何度も何度も大きなガッツポーズを繰り返すO・マーフィー騎手。

そして、マカヒキが最内から直線大外に出して4着と好走。同じ位置にいた4番人気のユーキャンスマイルが5着。

1番人気のレイデオロは道悪が応えたのか11着と大敗。ルックトゥワイスが10着ながらレイデオロに大きく先着。レイデオロはなにか体調に問題があったのかも知れません。

海外馬が不出馬だった37回目のジャパンC。巧みな手綱さばきで優勝に導いたOマーフィー騎手。馬上のデットーリ騎手からポンと頭を軽く叩かれ祝福を受けていました。

また、2着ながら3歳牝馬のカレンブーケドール。ソツのない騎乗が光った津村騎手もナイスプレーだったと思います。

外国馬が不参加とあってか東京競馬場の入場人数は、昨年よりも2割減でした。ジャパンCも40年経過して、新たな時代を迎えているような気がします。