圧倒!ケタが違った評判の大器!ムーアJも絶賛!!


「こんな素晴らしい馬に乗せてもらえて光栄です!」と、クールな表情で語るRムーア騎手。注目の今年の2歳チャンプを争う「朝日杯フューチュリティS」。

サウジアラビアRCで圧倒的な強さでレコード勝ちしたサリオス。むろん下馬評通り断然の1番人気。初めての右回りの阪神と課題があったにもかかわらず、彼の評価を引き下げる材料にはなり得ませんでした。

  持ち前のダッシュ力で内からさっと先頭に立ったビアンフェ。本来であればこの馬のペース、一人旅に楽に持ち込めるはずでした。

  ところが、本馬場入場前に転倒するアクシデントがあったとされるメイショウチタンが、外から必死に松山騎手が手綱をしごきながら並びかけようとします。これでグンとペースアップ。前半3ハロンが33秒8。ここ3年が35秒台。ケタ違いに速いペース。そして前半の半マイルが45秒4。先々週の「阪神JF」をレコードで独走したレシステンシアと、同じようなペースで流れて行きます。もっとも、2週レースを消化して、高速馬場でもいくらかコンディションが劣化したような印象。

この超ハイペースでもサリオスはトリプルエースと共に3番手の正攻法策。対して2番人気のタイセイビジョンは中団の外をキープ。内には3番人気のレッドベルジュール。それらの前には内ラチ沿いにペールエール(4番人気)。ルメール騎手のラウダシオンは外枠から3コーナーで中団の内に取りつきました。

  5ハロン通過が57秒2。ペースが落ちません。そして4コーナーを先頭でまわるビアンフェ。2番手のメイショウチタンがここでギブアップ。それを見たサリオスが一気に動きます。そして直線中程でビアンフェに並びかけると、ここから次元の違う脚で突き抜けて行きます。

中団から直線外をまわり追い上げて来たのがタイセイビジョン。とは言えサリオスの前には明らかに力負け。内でしぶとく頑張るビアンフェでしたが、プリンスリターンの外から外に出したグランレイ、タガノビューティーが肉迫。結局、そこがゴールでした。

優勝したサリオスの勝ちタイムが1分33秒0。むろん逃げたビアンフェの速い逃げによって、もたらされたものですが、過去の朝日杯FSのレコード。

また、同年代でサリオスの538kを越える馬が、重賞を勝ったケースの記憶がありません。異例ずくめのサリオス。このままクラシックロードを走り続けることが出来るのか、鞍上のムーア騎手は「このまま今の状態をキープ出来ていければ、将来的にも大変期待できると思う」とコメント。

先週のレステンシアといい今回のサリオスといい、2歳戦線はこれまでの競馬との分岐点に差しかかって来ているのかも知れません。