混戦に断!切れ味勝負で牝馬2頭の決着!!


  古馬GI春戦線において重要な分岐点になる伝統の「京都記念」。ところが今年は例年よりも少ない9頭立て。 それも実績が圧倒的に上位のクロノジェネシス(1番人気)とカレンブーケドール(2番人気)の4歳牝馬同士の対決の様相。 私は雨の京都、道悪馬場を頼りにアメリカズカップ(7番人気)を指名。そのアメリカズカップが主導権にこだわると、2番手のステイフーリッシュ(3番人気)以下を離して行きます。3コーナーでは1000m通過が61秒1。10馬身くらいの大逃げ。3番手の外々をクロノジェネシス。ライバルのカレンブーケドールは後方に待機。 4コーナーで先頭に立っていたアメリカズカップが内から4分どころを選択。早めに2番手のステイフーリッシュの外からクロノジェネシスが並びかけて来ました。カレンブーケドールは2馬身くらいあと。 一気に先頭に立つクロノジェネシス。内にステイフーリッシュとアメリカズカップ。そして待機したノーブルマーズとカレンブーケドールが追って来ました。クロノジェネシスはそのまま2馬身半差の横綱相撲。一番外のカレンブーケドールが2着。ステイフーリッシュが粘って3着。 1、2、3番人気の決着。エリザベス女王杯以来の実戦で圧倒したクロノジェネシス。春のGI戦線に力強い一歩となりました。