Archive for 2019年2月28日

冬期に強いのか、それとも本格化か!WブライトV2!!

中山金杯を制したウインブライトが注目の「中山記念」を昨年に続き制しました。今年は1番人気ディアドラを筆頭に、人気順にステルヴィオ、エポカドーロ、スワーヴリチャード、ラッキーライラック(6番人気)と、GI馬が5頭も揃い踏み。昨年を数段上回るレベルの高い中山記念となりました。

私は連闘で出走して来た逃げるマルターズアポジーが大きなカギになると推測。強力な同型が不在。間違いなくマルターズのペース。内回りの芝1800m。マルターズの直後で展開する馬が有利と見て、桜花賞でアーモンドアイの2着の実績を持つラッキーライラックに◎を打ちました。

それはまさに思い浮かべたような展開でした。ただ、主導権を取るとマルターズアポジーが、我れ関せずとばかり3馬身、4馬身と後続を引き離して逃げます。2番手の先頭に立っているラッキーライラック。そこから4馬身くらい離れてエポカドーロ。そこから2馬身くらいでウインブライト。また離れてステルヴィオ。それをマークするようにスワーヴリチャードとディアドラ。前半5ハロンが58秒2。緩みないペースです。

ところが、2番手のラッキーライラックが早めに動きました。3コーナー過ぎのことです。離して逃げるマルターズアポジーを捉まえに出ました。4コーナーをまわりマルターズアポジーに並びかけに出ます。それを見て後続も仕掛けて前を追います。エポカドーロの外からウインブライト。内を通りスワーヴリチャード。ステルヴィオはウインブライトの直後に接近。このときディアドラは一緒に反応できません。

直線一気に先頭に立って大きなストライドでラストスパートをかけるラッキーライラック。接近して来るエポカドーロと外からウインブライト。またその外にステルヴィオ。内からスワーヴリチャードが接近。

ゴールはもう目前。先頭のラッキーライラックに、馬体を併せようとするウインブライト。外にはステルヴィオ。

寸前でウインブライトの脚が勝り、ラッキーライラックにクビ差先着。アタマ差まで肉迫したのがステルヴィオ。3頭から少し遅れてスワーヴリチャードとエポカドーロ。そして1番人気のディアドラはエポカドーロから2馬身離れた6着。

有力馬は休養明け、勝者ウインブライトは中山金杯から直行。順調さ、冬季に強いことはあったにしても、ゴール前の切れ味は中山金杯の時と同様に、間違いなく本格化の証しと見ています。このあとGI大阪杯、宝塚記念のステップが考えられますが、充実のステイゴールド産駒。春の古馬中距離戦線が大いに楽しみです。

また敗れたとは言え、2着のラッキーライラック。12k増で臨んだステルヴィオ。同様に14k増だったスワーヴリチャード。6k増のエポカドーロ。これらはステップレースの一戦としては、収穫のある中山記念だったと思います。

一方で、ルメール騎手が騎乗し6着のディアドラは展開、流れが向かなかったのか微妙な結果となりました。

先手を主張!後続を黙らせた見事な武豊Jの秘策!

それは芸術的な戦法でした。単勝2.6倍に推された1番人気のインティ。まわりを見ながら主導権を主張したインティの武豊騎手。さすがこの戦法で向かってくる敵を黙らせることに成功したのです。

  今年最初のGI「フェブラリーステークス」は、過去3年のフェブラリーSの覇者が3頭も揃い踏み。豪華版の一戦となりました。

人気の中心は無敵の快進撃を続けているインティ。そして、一昨年の優勝馬ゴールドドリームが2番人気。昨年の覇者ノンコノユメは意外にも7番人気。3年前の勝ち馬モーニンも案外で9番人気。

実は今年のフェブラリーSは、ある意味で競馬界に一石を投じる一戦でした。それはコパノキッキング(4番人気)に騎乗した藤田菜七子騎手。女性騎手としてGI騎乗はJRA史上初めてのケース。

競馬社会は以前から男社会。まして重賞のみならずGIともなると、分厚い鉄の壁が前を大きく遮っていたように思います。

そこへ風穴を開けるべく連勝中の勢いを見せているDrコパさんの持ち馬コパノキッキングに騎乗できるチャンスを得たのです。

「騎手としてデビューしたときからGIレースに騎乗することが夢でした。オーナーのコパさん、村山先生、そしてスタッフの方に感謝しております」と、藤田菜七子騎手。

1番人気の武豊騎手も「彼女だけには負けたくないなぁ~」と苦笑い。

 いろいろと思いが交差する中で、ゲートが開きました。いきなり出遅れたノンコノユメ。スタートが良かったサンライズソアが先頭に出ましたが、その内からインティが先手を主張。それを確認した田辺騎手のサンライズソアが2番手に控えます。何が何でも行きたいとコメントしていたサクセスエナジーもインで、2、3番手を仕方なく追走。

モーニンが前の動きを見ながら好位。そのあとに内からユラノト、それに並びかけようとするゴールドドリーム。中団からオメガパフューム。そして外目をコパノキッキング。出遅れたノンコノユメの内田騎手が仕掛けて中団くらいに上がって来ました。

クインズサターンが最後方でしたが、外に折り合い重視したコパノキッキングが位置を最後方に下げました。

前半3ハロンの入りが35秒8。ここ3年が34秒1、34秒0、34秒1だったことを考えると、かなり遅い流れ。過去10年で一番遅いペース。まさにインティ・武豊騎手の展開でした。