Archive for 2019年4月12日

無敵アーモンドアイ越え!震撼させたレコード勝ち!!

なななんだ!この馬は・・化け物か!たまげた馬です。常識をいとも簡単に覆してGIをアッサリと簡単にゲットしました。

今年の桜花賞はある種、混戦の様相と見ていましたが、これが私たちの常識を微塵に打ち砕く強烈なドラマを私たちに見せつけたのです。

優勝し栄冠を手にした2番人気のグランアレグリア。好位3、4番手から4コーナー手前で外から先頭に並びかけると、後続を置き去りにしてそのまま独走。まさにグランアレグリアのワンマンショー。

点滅している掲示板を見て衝撃!“1分32秒7”ワオー!桜花賞レコードだ!昨年のアーモンドアイが1分33秒1。それを楽々上回るタイム。そして余裕を残しながらラスト3ハロンが33秒3。アーモンドアイの33秒2に匹敵する破壊力。

加えて、朝日杯FS以来、実に111日ぶりの実戦。過去、3歳初戦が桜花賞となったケースで優勝馬は皆無なのです。まさに史上初のことでした。

これでキャリアが4戦目。私たちは過去に出会ったことがないくらいのスーパーホースなのかも知れません。

そして無敵のアーモンドアイの大活躍を見るにつけて、その計り知れない器は筆舌し難いものがあります。   外枠から主導権を取ったプールヴィル。この馬が前半の半マイルを47秒7のスローペース。この流れでも3、4番手で楽々追走するグランアレグリア。これを背後でマークしていたのが1番人気のダノンファンタジー。またその後ろには3番人気のクロノジェネシス。クロノは少し行きたがっています。

私が注目していたエールヴォアはスタートが一息。トモを滑らせたようです。そしてインで前から下がって来たノーブルスコアの煽りをモロに受けて最後方近くまで下がる手痛い不利。

そして4コーナー手前で動いたグランアレグリア。マークする後続が付いて行けません。さらに直線では他をまったく寄せつけず、別次元のスケールで楽々2馬身半差。独壇場の強さでワンサイドレースとなりました。 また、ビックリしたのが2着に追い込んだシゲルピンクダイヤ。発馬で後手にまわり、そして直線では前が詰まり、そこから隙間を縫って猛然と追い込んで来ました。ラスト3ハロンは32秒7の切れ味。このパンチ力、破壊力はオークスでも楽しみな逸材です。

3着がクロノジェネシス、4着はダノンファンタジーと人気どころ。最後は決め手の差が出たようです。4番人気のビーチサンバもゴール前で良く伸びましたが5着まで。こういった遅い流れで、またレースのラストが33秒3、10秒8-11秒0-11秒5の超高速決着では5着が精一杯だったようです。 楽しみにしていたエールヴォアはラスト32秒9で、直線最内から伸びて来ましたが、小差の7着に敗退。東京のアルテミスSで僅差の3着。芝2000mのエリカ賞優勝。やはり東京2400m向きのタイプのようにも思います。

いずれにしても、優勝したグレンアレグリア。アーモンドアイと同様のルメール騎手と最強のコンビ。今年もまたアーモンドアイに続く度肝を抜くドラマが見られるかも知れません。