Archive for アベコーインフォメーション

夏は絶好のロケーション「馬事公苑」にGO!都会のオアシス的“涼”で癒され至福の気分なのです(^^♪

 本当に久しぶりに「馬事公苑」に行って来ました。東京都世田谷区桜新町。深い緑に包まれた一角にある「馬事公苑」。

1_12_1

 近くには“大根踊り”で有名な東京農業大学があり、少し足を延ばすと、砧緑地・公園もあるという、都会のオアシス的地域。以前、というより、かなり前に世田谷の桜ヶ丘に住んでいたことがあり、休日にはよくサンダル気分で出掛けたものでした。

 世田谷通り、農大通りにある「馬事公苑」。公園のように整備されたケヤキ並木の下を抜けると「馬事公苑」の門が目に飛び込んできます。門の前には大きな公苑内のカラフルな案内図。そこを通り抜けると、真っ直ぐに奥まで伸びた白い通り。その通りのわきには色とりどりの花々。そして深い緑に覆われた木立が公苑の大きさを感じさせます。

 この日は親交のある三笠苑長を訪ねて、事務所内に入ると、10年ぶりくらいにSさんと偶然、遭遇。JRA広報室時代に勤務していた当時の面影を、その横顔から拝見することができました。

 事務所の苑長室から見る外の光景がまた素晴らしい。目前にはメインアリーナと呼ばれているところで、様々な馬術競技のコースが広がり、実際、オリンピックの選考会もここで行われているのだそうです。

 私はこの日、調布から駆けつけてくれた友人Yを伴って、苑内を散策することになったのですが、これに苑長がわざわざ案内役を務めて頂きました。

3_1 4_1

 事務所を出て右手に向うと、広い芝の緑地に出てきました。グラスアリーナという名称で呼ばれているところです。その一角には屋根付きスタンド。ここは遠く向う側の柵を外して馬術競技にも使用することがあるのだそうです。

 ああ、この眩しいくらいのグリーンの芝の上で寝転んでみたい!という衝動にかられたのですが、ぐっと我慢。

 その緑地を右から回りこむように進むと、お花畑というコーナー。汗を拭き拭き仕事に精を出す従業員が目に入ったのですが、そこは花園、バラ園でした。少し時期が過ぎたということで、豪華絢爛に咲くバラを見ることはできませんでしたが、遅れて咲いているバラもあって、バラ好きにはたまらない独特のバラの香りが、風に乗って鼻孔のドアをノックします。他にもラズベリーが深いワイレッド色の実を沢山付けていました。

 お花畑のバラ園を出ると右手に木立の間を走路が続きます。その左手が武蔵野自然林。自然林の中はひんやりとして、木立を抜ける風の心地良いこと。至福の気分に浸ることができました。黒アゲハチョウが舞い、シジュウカラなどの小鳥のさえずりの中、都会の図々しいクチブトカラスの鳴き声にドキッとさせられました。

 武蔵野自然林の中を出ると、左手にオリンピックに出場し活躍された人を称えたオリンピック記念碑。その栄光の歴史に触れ合うのもいいかも知れません。

5_1 6_1 7_1

 今度は大きな木々の下を通り抜けて進んだところが日本庭園。そこのひょうたん池には2羽の白鳥が悠然と泳いでいます。なんでも京都競馬場の池から連れてきたものだとのこと。人懐っこくて、池の縁、足元まで寄ってきます。もう越夏する白鳥なのですね。

 しばし、白鳥と傍にいる亀を眺めていたら、放牧場、サクラ広場にどうぞ、という苑長の声。放牧場にはこの日、馬はいませんでしたが、そこで馬に乗った騎馬警察官と遭遇。愛馬の運動をさせているのだそうです。記念のパレードとか国外の来賓が来日した折りなどに見かける騎馬隊。

そういえば、母の父が麻布の騎馬警察官だったそうで、騎乗したセピア色の凛々しい写真を見せられたことがありました。

そこを左奥に入ると、関係者以外は立ち入り禁止の立て看板。ここはきゅう舎の棟が立ち並び、多くの種類の馬が入きゅうしていました。あれれ、この前まで競馬場で走っていた馬もいます。ここで、不思議なくらい大人しい“ペロー”という葦毛の馬。懐かしそうな涼しい目で、顔を近づけてきました。またなんとも優しそうな顔なのです。たまらなく抱きしめたくなりました。

ペロー君に後ろ髪を引かれる思いで後にすると、かつての騎手養成所の宿舎がありました。あの名手、岡部騎手、柴田政騎手が学び、一緒に生活を共にした歴史ある建物。現在の白井にある競馬学校が出来る前のことです。

 8_1 9

かなり急ぎ足で周った馬事公苑でしたが、昼下がりの暑い日。心身ともにリフレッシュ気分。今度は手弁当を持参で、木立の中の風を感じながら、ゆっくりと、のんびりと涼に浸りに来苑するのもいいかも・・と思う、私でした。

ちなみに、苑内で平日に馬に会えるということは少ないそうです。土、日曜、祝日のイベントや競技大会で合えるとのことでした。

8月3・4日は馬事公苑で「世田谷まつり」が開催。多くの出店があるそうですから、是非ともご家族、カップル、友人同士などで馬事公苑に出掛けられるのもいいかも知れません。

1011

なお詳しくは馬事公苑のホームページを参照下さい。また、この馬事公苑の模様は、私の無料動画サイトスマート競馬カレッジでも、近々アップする予定ですので、乞うご期待下さい。

一陣の風のように過ぎ去りしこの一年!(^ム^)

D

 日曜日、私は友人M氏から東京競馬場の貴賓室であるダービールームに、突然の招待を受けました。そこは前日、世界自然遺産に登録されたばかりの「富士山」がよく見えるフジビュースタンドにありました。

 友人のM氏以外は、まったく面識がなく、一瞬、躊躇ったのですが、部屋の奥のご婦人から「どうぞどうぞ」と手招いて頂き、恐縮しつつコソコソと、猫背状態で部屋に踏み入れたのでした。

 見渡すとほとんどがご婦人。独特の雰囲気に飲み込まれそうになる私。と、テーブルに着くなり、友人が勧めてくれたのが某有ホテルの豪華弁当。

 「一人分が余っちゃってね、良かったら食べてよ」というなり、「ハイ、頂戴します!」と即座に返答。関係者用の食堂前でキツネソバでも啜ろうかなと思っていた矢先のこと。これはラッキー。棚からボタモチ的ホクホク気分の私。

 しかも、驚いたことに、同じのテーブル前には驚きの美女。それもスタイル抜群のサラブレッド的美女Yさん。

C

 なんでも、ミス・アース・ジャパンのファイナリストの一人だとか。おお、なんという眺めのよさ。富士山に負けない美しさ。まさに絶景です。聞けば身長が173センチで、ヒールが目見当で10センチ。ヤッホー!183センチ。

 友人のM氏いわく彼女の父が急用で、今回参加できなかったのだとか。単勝を100円とか200円を買って、一生懸命応援している姿が、なんとも微笑ましく、見ている私もついつい彼女の応援サポーターに変身。

 実はこの日、M氏の友人でもある女性デザイナーの方が音頭をとって、この日、還暦祝いの誕生日を迎えた方の“birthday party”。大きなケーキの火を消し、そして入刀。

 2日前の21日に誕生日を迎えた私にとっても、なにかハッピー気分。誕生日が金曜日というのは、予想を生業にしているものにとって、ある種、闘いの日でもあるのです。呑気に誕生日なんて祝っている場合ではないのです。

B

 この日、還暦の誕生日を迎えられたFさんからは、浅草の有名な老舗、ふじ屋さんによるFさんオリジナルの日本手ぬぐいまで頂き、皆さんには図々しく、申し訳ないのですが、私が誕生日を祝って頂いた気持ちになりました。

 昨年、東日本大震災で休業状態だった福島競馬が2年ぶりに開幕。あれから早いもので一年が巡ってきました。

 「誕生日 ロウソク消して 立ちくらみ」という川柳を、ケーキを頬張りながら思い出している私がそこにはいました。

A