Archive for ギャンブル

一変した東京競馬場で劇的に変化したエプソムC有利不利!!

1週前に行われた泥んこ馬場の安田記念。あれから1週間。ぐずついた天気が続いたものの3日前の金曜日から好天に恵まれて、エプソムC当日は初夏の太陽がサンサン。ダートは砂埃が立ち、時間を追うごとに劇的に馬場は変貌しました。 東京芝1800mのエプソムC。スタートして2コーナーにさしかかる為に、インサイド寄り内枠は断然有利。しかも、2週前のダービーと同じ高速馬場。内枠の先行馬には最高の舞台でした。 何故に参戦したのか意味不明のパドトロワ。今週行われる函館の函館スプリントSと間違えた、そんな冗談さえもささやかれる16番人気。 001 いずれにしても、行くだけしかないパドトロワが逃げることは間違いなし。ラビット的存在で、2番手の馬がこのレースの主導権という見方をしていました。 たぶん、それがマイネルラクリマだろう、という読みも当たっていました。できれば、少し渋っていたほうが走りやすいのではないか、とも考えたのですが、5番枠で間違いなく有力候補。 002   1番人気に推されたのがマジェスティハーツ。前走の新潟大賞典では好位置から直線早めに先頭に立つと、やや気を抜くような走りでフラフラしたところを、ユールシンキングに差し込まれ2着。今回はテン乗りの横山典騎手が、どう操るのか注目されましたが、出負けして離れた最後方。 先頭はパドトロワで少し離れた2番手をマイネルラクリマ。3番手に外からタマモベストプレイ。その直後のインに2番人気のディサイファ。外にタムロスカイで、トーセンジャガー、シルクアーネストが、並走する形で前を追います。そして、59Kのダークシャドウがディサイファの真後ろ。早めの仕掛けです。後方にペルーサ、その内にダノンヨーヨー、そしてゴールデンナンバー、ガルドブレッサ。最後方はポツンとマジェスティハーツ。 003 3コーナーでパドトロワのピッタリと直後に迫ってきたマイネルラクリマ、タマモベストプレイ。半マイル48秒1、60秒2、1200m通過が1分12秒0。考えていた通り流れはスロー。 4角をまわって長い直線の府中の馬場。引っ張り切れない勢いで、前を行くパドトロワを射程圏に入れているマイネルラクリマが追い出しを我慢。内にはタムロスカイ。 その直後外から接近するタマモベストプレイ。中団のインを追走して馬込みの中に突入するディサイファ。最後方のマジェスティハーツは開いたインのラチ沿いを、縫うようにして前に接近。 004 馬場中央では満を持して先頭に立ったマイネルラクリマ。それに並びかけんとタマモベストプレイ。その内からディサイファが猛追。さらにその内からダノンヨーヨー。 005006008 勢いはマイネルラクリマに内から並びかけたディサイファが歴然。盛り返すマイネルラクリマも必至の応戦。結局、この争いはディサイファに凱歌。2着にマイエルラクリマ。この2頭の直後に迫ってきたのがダークシャドウ。さすがに59Kと厳しい展開で、前の2頭に並ぶところまではいきませんでしたが、この3着は戸崎騎手の苦心の騎乗。絶妙のプレーでした。 4着にタマモベストプレイで、ダノンヨーヨーが5着。マジェスティハーツは前半の位置取り差が出た印象。ラストは最速の33秒6。 009 注目したゴールデンナンバーは後方から4角では大外へ。この馬の持ち味を生かそうと考え抜いた騎乗だったのだと思いますが、内と外のコース取りの差は大きく案の定の敗退。大野騎手にはアグレッシブさが欲しい騎乗でした。 優勝したディサイファは念願の初重賞制覇。騎乗した四位騎手は、今年の初重賞制覇。どちらもめでたいエプソムカップの優勝でした。 010

トライアル戦、最後の砦を死守した1番人気ロゴタイプの皐月賞期待値は!?

 皐月賞まで1ヶ月を切ったこの日、中山競馬場では最後の関所といってもいいトライアル「スプリングS」が行われました。

 ここ最近、3歳戦のトライアルレースは1番人気がコロコロと転がるように敗退。なかでも弥生賞ではクラシックの西の大将格エピファネイアが4着、同じように東の横綱格コディーノが3着と揃って敗退。6番人気のカミノタサハラ、10番人気のミヤジタイガに先着されて多くの競馬ファンはガッカリ。

 共同通信杯でラウンドワールドが4着、きさらぎ賞ではラストインパクトが6着と、1番人気が基幹レースで次々敗退。それは皐月賞トライアルの若葉Sでも、圧倒的な1番人気に支持されたメイケイペガスターが、衝撃ともいうべき8着に大凡走。共同通信杯でゴットフリート以下を圧倒した強さは、微塵も垣間見ることができませんでした。優勝したのが7番人気のレッドルーラー。さらに2着が9番人気のクラウンレガーロ。

 そいったクラシック戦線に向う風の中で、朝日杯以来の登板となるロゴタイプにとっても、今回のスプリングSは安穏とした状況ではなかったはずです。

 ところが、ロゴタイプの田中剛調教師は、騎手当時から自身の身体を磨き上げることがプロの世界でいかに大事かということを、常に実践してきた人。土曜日のレースが終わると、夕日を背に一人コースを走っていた姿を、何度か見かけたことがあります。日頃のトレーニングの大切さを自分自身が身を持って体験。今回のロゴタイプの場合もしっかりトレーニングを積み重ねて臨んだはずです。それが馬体重のプラス4Kにも表れているようでした。

1 2 3

 抜群のスタートを決めたロゴタイプが一旦、2番手に下げると、ワイルドドラゴンが内枠を生かして主導権。2番手に押し上げてテイエムダイパワー。その直後にロゴタイプ。Cデムーロ騎手はロゴタイプの折り合いだけを専念。それを見るように内から3番人気のタマモベストプレイ。中団にはサーストンニュースと外にはマンボネフュー。そしてアクションスターとマイネルホウオウ、その外にザラストロ。後方にはフェイムゲーム、アドマイヤオウジャ、シンネン。

 前半3ハロンが36秒8というスローな流れに、ザラストロが我慢しきれず外から一気に上位に浮上。内にワイルドドラゴン中にテイエムダイパワー、外にはザラストロ。3頭が雁行する形でレースを引っ張ります。ロゴタイプにとってはラッキーでした。前の3頭を2馬身くらい離れた後ろの位置から見る形。しかも、3角から4角にかけてロゴタイプの周りに他馬がいないので、進路、走行を邪魔されることもなく、まさに最高にスムーズな展開。

4 5 6

 直線に入るやいなや抜群の手応えで、直線やや外目に出すと、一気に先頭に立ち後続を待つ余裕。ロゴタイプにすぐ内から好位置で仕掛けのタイミングを待っていたタマモベストプレイが肉迫。またロゴタイプの外からマンボネフュー。そして直線の坂を上がった辺りから大外を強襲するマイネルホウオウ。それでも、ロゴタイプの脚色は歴然。力強いフッワークでゴール板前を突き抜けました。左手をスタンドに向け、人差し指を立てて満面笑みのCデムーロ騎手。

 2番手争いは激戦。内からしぶとく伸びたタマモベストプレイ、大外から鋭く伸びたマイネルホウオウ、直線窮屈な馬込みを割ってきたフェイムゲーム。アドマイヤオウジャは馬込みのど真ん中に突入して前が壁。これには応援していた者として残念。

7 8 9

 タマモベストプレイが1馬身半差で2着。クビ差でマイネルホウオウが3着。ハナ差でフェイムゲームが4着でした。

 まさに結果はロゴタイプの快勝でしたが、4着のフェイムゲームと、優勝馬はその差0秒3差。恵まれた理想的なポジションで、何の不利もなくレースが進められたことから考えると、もちろん、皐月賞の有力馬には違いないのですが、これで本番の皐月賞も安泰ということは早計。まだまだ皐月賞のドラマの筋書きは予測不可能なのです。