Archive for 2020年2月21日

混戦に断!切れ味勝負で牝馬2頭の決着!!

  古馬GI春戦線において重要な分岐点になる伝統の「京都記念」。ところが今年は例年よりも少ない9頭立て。 それも実績が圧倒的に上位のクロノジェネシス(1番人気)とカレンブーケドール(2番人気)の4歳牝馬同士の対決の様相。 私は雨の京都、道悪馬場を頼りにアメリカズカップ(7番人気)を指名。そのアメリカズカップが主導権にこだわると、2番手のステイフーリッシュ(3番人気)以下を離して行きます。3コーナーでは1000m通過が61秒1。10馬身くらいの大逃げ。3番手の外々をクロノジェネシス。ライバルのカレンブーケドールは後方に待機。 4コーナーで先頭に立っていたアメリカズカップが内から4分どころを選択。早めに2番手のステイフーリッシュの外からクロノジェネシスが並びかけて来ました。カレンブーケドールは2馬身くらいあと。 一気に先頭に立つクロノジェネシス。内にステイフーリッシュとアメリカズカップ。そして待機したノーブルマーズとカレンブーケドールが追って来ました。クロノジェネシスはそのまま2馬身半差の横綱相撲。一番外のカレンブーケドールが2着。ステイフーリッシュが粘って3着。 1、2、3番人気の決着。エリザベス女王杯以来の実戦で圧倒したクロノジェネシス。春のGI戦線に力強い一歩となりました。

クラシックに飛躍!〇◎で決着した共同通信杯!!

春のクラシックに向かって重要な一戦「共同通信杯」。ゴールドシップ、イスラボニータ。さらにリアルスティール、スワーヴリチャード。昨年はダノンキングリーとクラシックに直結する馬が優勝。

私は好勝負と見た京成杯で惜しくも4着だったビターエンダーに再び◎。ラスト33秒7(稍重)を見せた東京のデビュー戦。ハイレベルの2戦目で圧倒的な強さを見せたのも東京。京成杯の中山から東京に舞台が変われば、一変したレースをきっと見せてくれるはず。まさに捲土重来だと推察しました。

ビターエンダーが内からじんわりと先頭に出ると、並走していたココロノトウダイが引きます。直後のインにエン。その背後には内からシングンバズーカ、それに並ぶ3番人気のダーリントンホール。外にはフィリオアレグロで、1番人気のマイラプソディは直後に控えて折り合いを重視。

4コーナーでインを大きく開けてビターエンダーが先頭。それに内をピッタリとエンが頑張っています。

稍重馬場のコンディションを意識してかビターエンダーの直後で虎視眈眈。勝負に出たダーリントンホール。内から馬体を併せて来ます。

ラスト400mを残して、ここが勝負どころと見たルメール騎手のダーリントンホールが先頭のビターエンダーに並びかけてきました。激しくステッキが飛び交う外ビターエンダー、内のダーリントンホール。まさに一歩も譲らない死闘。後続の3番手以下が離れました。 叩き合いはゴールまで続きピッタリと馬体を併せて並んでゴールイン。結果は頭の上げ下げでハナ差だけダーリントンホールが先着。

後ろを振り返ると4馬身も水が開いてフィリオアレグロが3着。1番人気のマイラプソディは4着。ココロノトウダイが5着でした。

ラスト3ハロンが34秒3。スローで展開したとはいえ道悪の中で、最加速しこの時計は立派です。

私の〇◎で1、2着。馬連2580円。3着は☆印のフィリオアレグロ(2番人気)で3連単1万6600円は美味しい配当でした。