Archive for 競馬

ああ、スタートで衝撃の不利!絶妙の展開で初GI制覇!!

春のマイル王決定戦、「安田記念」。それは、ある意味で事件でした。無敵の快進撃を続けて来た女傑アーモンドアイ。そして7戦6勝の王者ダノンプレミアム。当然この2頭が圧倒的な支持。

ところが、結末は2頭とも敗退。単勝1.7倍のアーモンドアイが3着。そして単勝3.2倍のダノンプレミアムに至ってはドンジリの16着。この結果に場内は騒然。 「何があったんだ!」「ダノンプレミアムはどうしたんだ!」絶叫とも悲鳴とも思える声が聞えて来ます。

事のキッカケはスタート直後に起きました。抜群のスタートを決めた一番外枠のロジクライが、スタート直後に内側に寄れて、こともあろうかダノンプレミアムと、その隣のアーモンドアイ。またその内のペルシアンナイト、隣のロードクエストの走行を妨害。不利を受けた馬たちの騎手は慌てて手綱を引きます。そして全体的な位置取りが後方に置かれてしまう形。 結局、この大きな不利が最後まで応えた結果となったのです。アーモンドアイのルメール騎手は「5馬身くらいのロスがあったね。残念です」と、肩を落としていました。 レースは内から絶妙のスタートを決めたグァンチャーレを内から抜き去って主導権に立ったアエロリット。少しペースを上げて行きます。離れた2番手で折り合いを付けるグァンチャーレ。そこからまた離れた位置にロジクライ。真後ろのインにインディチャンプ。背後にはモズアスコット、サングレーザーがいつもより早めに前の位置を確保。 そして中団の外にはダノンプレミアム。その内にフィアーノロマーノ。ダノンプレミアムをマークするようにアーモンドアイが追走。そしてスタートで大きく遅れたステルヴィオ。最後方がペルシアンナイト。

前半の半マイルが45秒8と平均ペース。そして4コーナーの5ハロン通過が57秒0。高速馬場のコンディション。ラスト3ハロンは当然33秒台の決着となりました。 2番手以下を離し気味に逃げたアエロリットの戸崎騎手。絶妙な逃走劇で直線外からグァンチャーレが来たことを確認してから追い出します。そこへ好位からグングンと伸びて来たのが福永騎手のインディチャンプ。その後続のモズアスコットの外から迫って来たのがアーモンドアイ。内ラチ沿いから接近するサングレーザー。 懸命に粘るアエロリット。その外にインディチャンプが馬体を併せて抜け出しかけます。そして大外からアーモンドアイが強襲。この3頭が馬体を併せるようにゴールイン。

そして電光掲示板には「5」「2」「14」の馬番。優勝がインディチャンプ。初GI制覇。クビ差で粘ったアエロリット。アーモンドアイは僅かハナ差届かず3着。

以下、4着に頑張ったグァンチャーレ。サングレーザーが5着。ダノンプレミアムは空しく最後方でポツンと入線。スタート直後の大きな不利が最後まで応えた春のマイル王決定戦となりました。

私はステルヴィオに◎を打って期待したのですが、スタートで致命的な出遅れ。マイルCSを制した時のように好位で展開すると考えていたのですが、まさかの最後方近くで展開するとは予想外でした。しかも、4コーナーをまわって最後方から2番手。しかも直線で外を狙ったのですが、前がカベで仕方なく追い出しがゴール前300m。あまりにも不運。同時にレーン騎手の判断ミス。それでも8着とは言っても優勝したインディチャンプと0秒4差。ラスト32秒6の切れ味だったのですから、スタートの手痛いミスが大きく応えました。レーン騎手にはガッカリです。 一方で、離れた最後方にダノンプレミアム。ゴール入線後に川田騎手が下馬。無事を祈るばかりです。

またGIはレコード決着!12番人気の伏兵が衝撃走!!

          衝撃のレコード・ラッシュが続いています。競馬の祭典、最高峰の第86回「日本ダービー」は、好天に恵まれた東京競馬場で行われました。

BコースからCコースに変更された芝コース。ビクトリアマイルで1分30秒5の日本レコード。そして続くオークスでは2分22秒8のオークス・レコード。史上、まれにみる高速馬場は、Cコースに変更された日本ダービーでもダービー・レコードの決着。速さは強さだ!とばかりに、まさにレコード・ラッシュの連続。

  スタートから抜群のダッシュで飛び出したのが最内のロジャーバローズ。それを外からリオンリオンが並びかけて来ました。そして何が何でも主導権を主張。リオンリオンが先頭に立つと後続のロジャーバローズを尻目に、1馬身、2馬身、3馬身とぐんぐんその差を広げて行きます。

2番手にガッチリとロジャーバローズ。サトノルークス、エメラルファイトが続きました。その後にダノンキングリー(3番人気)が好位をキープ。外にクラージュゲリエ。背後にヴェロックス(2番人気)。中団にランフォザローゼス(5番人気)とシュヴァルツリーゼ。1番人気のサートゥルナーリアはスタートが一息で後手を踏みこの位置。後方にはニシノデイジー。最後方が4番人気のアドマイヤジャスタ。

 前半の5ハロンが57秒8。速いテンポで流れて行きます。先頭のリオンリオンから5馬身くらい離れてロジャーバローズ。そこからまた4馬身くらい離れてサトノルークス。ダノンキングリーが5番手のイン。外にはクラージュゲリエ。 3、4コーナーの中間にある1600m通過地点で1分34秒5。厳しい流れに持ち込んだリオンリオン。そのままの勢いで4コーナーをまわって直線に向かいます。この時点で2000m通過が1分58秒7。さすがにリオンリオンは苦しそうな足取り。

そこへすかさず2番手のロジャーバローズが接近。ラスト300mあたりで先頭に立ったロジャーバローズ。好位からジワジワと馬場中央を通りダノンキングリーが接近。3番手グループは横一線に並びます。ランフォザローゼスにクラージュゲリエ、サートゥルナーリア、ヴェロックス。一瞬、サートゥルナーリアが3番手に上がりかけます。 先頭に立ったロジャーバローズを必死で追うダノンキングリー。3番手以下が離れたままです。ようやく馬体をダノンキングリーがインを走るロジャーバローズに、馬体を並びかけたところがゴールでした。クビ差の大接戦を制したのがロジャーバローズ。ダノンキングリーが惜しくも2着。 一方で3着争いは一旦、サートゥルナーリアが上がったもののゴール寸前でヴェロックスが半馬身先着。また、クラージュゲリエは5番手に上がったものの直線でインをついて伸びて来たニシノデイジーがクラージュゲリエをクビ差捉えて5着。

ランフォザローゼスが7着で、逃げまくったリオンリオンが15着。また4番人気のアドマイヤジャスタは離れた最後方を1頭で入って来ました。

それにしても、リオンリオンの速いペースを、2番手で追いかけたロジャーバローズ。ゴール前で外からダノンキングリーに並ばれてからも、ことの他しぶとかったことに頭が下がる思いがします。

ダノンキングリーの戸崎騎手、ヴェロックスの川田騎手。当面の敵だったサートゥルナーリア(Dレーン騎手)が直後に控えていて、仕掛けどころが難しかったような思いがしました。高速馬場では一瞬の判断、仕掛けのタイミングが大きかったような気がします。

ロジャーバローズは12番人気と言うこと、1番枠ともあって気楽に2番手で進められたことが大きかった印象。むろん浜中騎手の思い切りの良さがあったことも確かです。初重賞制覇がダービーとなりました。