fbpx

Archive for 競馬

東西の皐月賞戦線は岩田康Jの逃走劇!!

「炎上の岩田です!」と、苦笑いしながらインタビューに答えた岩田康騎手。東西は迫ってきた皐月賞への最終便。阪神で「若葉S」。そして、翌日の中山で「スプリングS」。皐月賞トライアルが行われました。

  まず「若葉S」でデシエルトに騎乗した岩田康騎手。ダートで2戦2勝。その圧倒的なパワーから芝も通用すると推察。難なく先手を取ると直線では後続を3馬身突き放す圧勝劇。皐月賞のチケットをゲット。

  そして、翌日の中山で岩田康騎手はビーアストニッシドに騎乗。直前の東京、共同通信杯で逃げまくり、皐月賞が予定の有力馬を相手にしぶとくダノンベルーガの3着。主導権を取ると重賞級のレベルと予想。私は前日の若葉S同様に迷うことなく◎に抜擢。単勝5番人気でした。

  内回りの中山芝1800m。1番枠を引き当てたビーアストニッシド。この枠は逃げて下さい、と後押しされるような枠順。強力な同型も見当たらず楽に主導権が取れると、考えた通りの展開になりました。

スタートで躓いたものの事なきを得てサッと先頭に立ちました。内回りでスローになることを感じ取ったルメール騎手のアライバル(2番人気)が2番手に進出。

1番人気のアサヒは今回も出が悪く最後方。その前に3番人気のソリダリオも後方。エンギダルマが4番手を追走。その背後にディオ。アルナシームが続き、その内にサトノヘリオス。

前半の5ハロンが60秒8。稍重の馬場コンディション。超スローとは言えないまでもゆったりした流れ。快調に逃げるビーアストニッシド。アンライバルドが直後の2番手でプレッシャーをかけます。内ピッタリにエンギダルマ。その外にディオ。内からサトノヘリオス。

 

ゴール前で外から馬体を併せて来たアライバル。逃げるビーアストニッシド、外のアライバル。それでも、しぶとく粘りに粘ったビーアストニッシド。ハナ差勝ちでした。

ゴール前でよく伸びて来たサトノヘリオスが3着。以上の3頭が皐月賞の優先出走権。

一方で、アサヒが11着と大敗。その前にはソリダリオ。馬場コンディション、中山内回り。先行馬に有利な流れ。とは言え、見せ場もない結果となりました。

ビーアストニッシドの岩田康騎手。前日のデシエルトも皐月賞参戦となると、岩田康騎手はどちらを選択するのでしょう。それも2頭とも逃げ切り勝ち直後で対決。

ネットでは炎上の岩田ですと、ウケを狙ってコメントした岩田康騎手。皐月賞の選択は思案のしどころです。

 

これは強い!次元が違った大器がレコードで5V!!

今年の「金鯱賞」に衝撃を受けました。持ち合わせているエンジンが、他の馬とは一段スケールが違うのではないか!それもアッサリとGIを勝つくらいのポテンシャル。おそらく歴史にその名を残す馬になるに違いない、そう私は感じました。

春のGI戦線の登竜門「金鯱賞」。圧倒的な強さで横綱相撲を演じたのがジャックドール(1番人気)。

3番枠から好スタートを切ると、その圧倒的な威圧感に恐れをなしたのかショウナンバルディ、シフルマン、ギベオンの先行勢が「どうぞどうぞ」とばかりに、消極的な姿勢。

これで余計に楽になったジャックドール。一人旅のスローペース。前半5ハロン通過が59秒3。ところが、ここからジャックドールはギアチェンジ。ハロン11秒台にペースを引き上げます。これに追走の後続は必死に追走。ゴールまで残り200mを残して、1分44秒9(1800m通過)を計時。このときのラストが33秒9。ゴール寸前は流し気味でしたが、なんと走破タイムが1分57秒2。衝撃のレコード勝ち!ビッシリと追っていたら1分56秒台の決着だった可能性が大。

 これで5連勝。連続芝2000mで破竹の5連勝。おそらく向かうは同じ距離のGI「大阪杯」。そして「宝塚記念」、「天皇賞・秋」へと快進撃は続くのでしょうか。楽しみなモーリス産駒です。

  「大阪杯」と言えば、楽勝した昨年の覇者レイパパレ。そのレイパパレも手一杯の2着。アカイイトが3着。ポタジェは外から良く伸びたのですが4着。サンレイポケットは伸びを欠き7着。ジャックドールの次元の違う強さだけが際立っていました。