Archive for 競馬

さすがに強かった3歳の雄B・ワンピースの圧勝劇!!

夏の新潟のフィナーレを飾る「新潟記念」。真夏のハンデ戦とあって波乱含みの傾向でしたが、今年は一枚役者が違っていました。

1.8倍と断トツの1番人気に支持されたブラストワンピース。今年のダービーで2番人気。それで不利がありながら5着。この秋は菊花賞に向けて有力な1頭なのです。

菊花賞を踏まえて、賞金的にはクリアーしている同馬には、ここはステップ・レースかな、と私は見ていたのですが、結果的に着差以上のワンサイドレースでした。

54kとハンデに恵まれたこともありましたが、前半は後方で折り合いに専念。手綱を取った池添騎手は「久々のせいかボケっとしていて、道中はフワフワしながら走っていました」と、レース後にコメント。

直線の長い新潟外回り。2番手以下を引き離して単騎逃げのマイネルミラノ。前半の5ハロンが59秒2。おそらくパンパンの良馬場であれば58秒台でしょうか。比較的緩みのないペースです。

ブラストワンピースは4角までじっくり構えて直線は一番外に出します。ここからが性能が違いました。あっと言う間に前に追いついて、ラスト200mで大外ラチ沿い先頭に立ちかけます。あとは余裕綽々にゴールイン。鞍上の池添騎手もゴール前のパフォーマンスを考えているだけだったのでしょうか。圧勝でした。1分57秒5でラスト33秒5!見事な内容です。

 私の◎メートルダール(6番人気)が2着。休養明けでプラス20k。さすがに余裕残りでしたが、馬体が回復したことは嬉しい材料。ブラストワンピースの真後ろに付けて、相手を見ながらの追走。直線ラスト33秒6の末脚でゴール前肉迫して来ました。54kのブラストワンピースに対して、57kのハンデは少し可哀想な気もしましたが、さすがに地力の高い馬です。

驚いたのがショウナンバッハ。苦戦続きで最下位の13番人気。メートルダールの内から一緒になって追い込んで来ました。7歳で戦績からアテには出来ませんが、今回のように軽ハンデ(53k)で、末脚が生きる展開であれば、一気に浮上してくる可能性があります。

2番人気に推されたグリュイエールは、中団に待機していましたが、直線入り口のところでカットされて前が狭くなる不利。ここでリズムが狂ってしまいましたが、それにしても10着は負け過ぎた印象が残ります。

3番人気のセダブリランテスは長期休養明けで、レース中少し行きたがる面を出していました。これではラスト33秒台の上位馬と太刀打ちが出来ません。

J・モレイラという世界一流の騎手の凄さを見た!!

夏の札幌競馬の短距離部門の呼び物「キーンランドC」をご覧になられましたか。芝1200mで勝つにはこういった乗り方をしなければならない!と言った手本になるような騎乗でした。

この日、1番人気に推されたのがナックビーナス。強力な逃げ馬を欠いて、オールインワンが逃げるかな、と思われましたが、一番外枠だったこともあって、飛び出したのがナックビーナス。ゲートを出ると他馬よりも1馬身出ていました。しかも、モレイラ騎手は仕掛けてスピードに乗るように指示。普通なら1番人気なので、2、3番手で脚を温存する騎乗をするような乗り方が一般的ですが、そんなことはお構いなし。そこで追走する後続は競り合わないようにポジションをキープ。その中には直後に私の◎ダノンスマッシュ。外にタマモブリリアン、オールインワンがいました。同じ位置にはペイシャフェリシタ。

2番人気のレッツゴードンキは中団の内に位置。その前にデアレガーロ。キャンベルジュニアは中団で直ぐにでもスパートできる態勢。

ルメール騎手人気もあったか3番人気のムーンクエイクは出遅れて最後方。58kのハンデを背負っていて厳しい位置でした。 前半3ハロンを33秒7(稍重馬場)の緩みないペースに持ち込んだモレイラ・ナックビーナス。4コーナーを先頭でまわり、インの直後でナックビーナスをマークしていたダノンスマッシュがゴーサイン。そしてペイシャフェリシタ、進出したキャンベルジュニアが続きます。追いかけたオールインワン、タマモブリリアン、デアレガーロはここでギブアップ。  驚いたことにナックビーナスは、直線に入って二段ロケットの加速力で、後続を突き放し2馬身半差の圧勝劇。ゴール前は右手で軽くガッポーズをしながらゴールイン。圧倒的な強さを見せつけました。

2着争いが大激戦。2番手に上がったダノンスマッシュがしぶとく粘り、ペイシャフェリシタをクビ差振り切り2着。2番人気のレッゴードンキは中団の内々を追走。直線で一番外に出したもののスターオブペルシャと同着の5着。こういうケースの6ハロン戦は持ち味が生かせないようです。むろん年齢的なこともありますが、少しズブくなった印象が感じられました。 それにしても、モレイラ騎手のメリハリの利いた騎乗。さすが世界的な騎手であることは確かです。彼は腰を据えて、ルメール、デムーロ騎手のように、日本を舞台に活躍したいと、日本で騎手試験を受けようとチャレンジしています。

問題は日本語の問題ですが、それをクリアーすれば日本デビューは時間の問題。日本人騎手にとっては、騎乗機会が少なくなり、もろ手を上げて賛成とはいかないというのが日本人騎手の本音。とはいえ、モレイラ騎手を良き教材にする、という考え方に立てば解決する問題です。