Archive for ギャンブル

あくまでも1番人気の武豊騎手はシビアだった・・

1番人気は まず勝てない!と言われた真夏のハンデ戦「小倉記念」。過去10年、1番人気の優勝はゼロ。 そんなことを知ってか知らずか、武豊騎手は1番人気のトリオンフに初騎乗。完璧なまでに、非常なまでに果敢に打って出て、57kのトップハンデを無事克服。堂々と1番人気に応えて圧勝となりました。

池江厩舎が3頭出し。その内の1頭で鳴尾記念をレコード勝ちしたストロングタイタンが前に出て行かず、待機策で末脚に賭けるという池江師。

となると、押し出されるようにしてマウントゴールドが先頭。この馬のペースで一人旅になることは間違いなしと◎で予想。まず滅多なことでは大崩れしないトリオンフが相手とみました。

ところが、トリオンフは私が考えるよりも、もっと果敢に攻めて来ました。トリオンフは抜群のスタートを利かせて先頭に立つ構え。そこを仕掛けて先頭に立ったのがマウントゴールド。ところが、武豊騎手のトリオンフは、そうやすやすとは逃さないぞ!とばかりに、ピッタリと逃げるマウントゴールドについて来るのです。

このトリオンフを目標にMデムーロ騎手が騎乗する2番人気のサトノクロニクルが、仕掛けながら好位でトリオンフの動きをマークしています。そして、4番人気のストロングタイタンはストーンウェアと並んで好位から中団をキープ。後方にはスタートが甘かった3番人気のサンマルティン。マイネルサージュにメドウラーク。

 1000m通過が60秒ジャスト。絶好の馬場コンディション。考えていたようにスローペース。そのことを承知で武豊騎手はピッタリと2番手。緩いペースながら逃げているマウントゴールドにとっては、常にプレッシャーを感じながらの逃げとなりました。

そして、ラスト11秒台前半にペースアップした3コーナー過ぎ、武豊トリオンフが動きました。マウントゴールドに並びかけたのです。慌てた浜中マウントゴールド。4コーナーでは内のマウントゴールドを捉えて先頭。懸命に盛り返そうとするマウントゴールド。ラスト3ハロンは11秒1-10秒9-11秒5の決着。高速33秒5の争いです。直線抜け出したトリオンフ。なんとしても付いて行きたいマウントゴールド。

勢いから完全に勝負あり!2着争いに絞られました。マウントゴールドが頑張って2着を死守するかな、とも思えましたが、じわじわ伸びて来たサトノクロニクルが並んだところがゴールでした。

優勝はトリオンフ。3馬身離れて2着にサトノクロニクル。惜しいかなクビ差遅れてマウントゴールド。

以下、レイホーロマンス、ストーンウェアと続きました。サンマルティンは7着。ストロングタイタンは心房細動で離れた最後方で入線。 それにしても、背後に2番人気のサトノクロニクルが控えているのに、4コーナー手前で強気に先頭に立ったトリオンフ。私の◎マウントゴールドがからすれば、もう少し楽に逃がしてくれてもいいじゃないの、と言う思いが残ります。

そこにはシビアな武豊騎手がいました。それとも武豊騎手は、浜中騎手が嫌いなのではないか、なんてゲスの勘ぐりをしたくなります。

1分56秒9のレコード。いよいよ時代は高速化の傾向を益々強めていることは確かです。

シビレたぞー!とびっきりの35秒5という強烈パンチ力!!

011

昨年秋にデビューしてポンポンと3連勝!いずれもダートで独走状態のワンサイド。断トツの人気に支持されたゴールデンバローズが「ユニコーンS」に参戦。東京ダート1600mはレコードを含めて3戦3勝。まず負けられないと見たのか、単勝が1.5倍というぶっちぎりの人気。

004

ところが、このゴールデンバローズは3月のドバイ、UAEダービー以来の実戦でした。過去、海外帰りの有力馬が力を出し切れず敗退するシーンを数多く見てきている私には、ゴールデンバローズとて撃沈する可能性もあると推察。

実際、ドバイに行く前に走った2月の東京、ヒヤシンス賞で508Kだったのが、今回は10K増の518K。調整過程でやや大事に仕上げられた過ぎた印象がありました。

一方、2番人気に推されたのが青竜Sで、ビックリするようなラスト34秒7という強烈なパンチ力で相手を沈めたノンコノユメ。いつもスタートでモタつく癖があるものの青竜S同様に東京ダート1600m。ここならば好勝負になる、という見方をするファンも少なくなかったのです。

私が狙ったのはアキトクレッセント。ゴールデンバローズやノンコノユメにしろ、あるいは青竜S2着のアルタイルにしても後方待機の末脚温存組。これらが牽制し合うと、おそらく単騎で行けるアキトクレッセントには願ってもない展開だ。2度目の東京コースで、直前の青竜S3着からも勝負になるはずと考えたのです。

ところが、思いとは逆のほうにドラマは姿を変えようとしていました。逃げるはずの主導権を取ってマイペースに持ち込むはずのアキトクレッセントが、なんとスタートで4馬身も出遅れ。2歩目でバランスを崩してしまったのです。予想外でした。

ノンコノユメは出遅れたもののいつものこと。鞍上のルメール騎手は慌てず後方に控えます。ゴールデンバローズは中団の外目に待機しました。

005 内からピンストライプ、外からブチコ、そのまた外からノボバカラが先を争う形で主導権を主張。なんとかブチコが先手を取ると、ピンストライプが2番手で、ノボバカラが3番手で落ち着きました。前半の入りが34秒5。小雨模様のやや重馬場で高速コンディション。遅くはないのですが、別段とくべつ速い流れでもありません。

ラインルーフが好枠を生かし内々の4番手。ゴールデンバローズは中団で、それをマークするようにダイワインパルスとアルタイル。後方2番手にノンコノユメ。そして最後方は不覚の出遅れアキトクレッセント。

006 009008

そして、ブチコを先頭にその外にピンストライプ、そしてノボバカラ。この3頭が並んで後続を離して直線に入って来ました。

ゴールデンバローズは外に持ち出して前を追いますが、かなり離された好位グループにやっと追いついてきました。そして方やノンコノユメも後方から一団に追いつくと、馬込みの中に突入。その前にはアルタイルの姿も見えます。最後方から差を縮めてきたアキトクレセントが直線一番外に進路。

  先行するブチコに外から抜群の手応えでノボバカラが並びかけるとアッサリ先頭。一杯になったピンストライプの外からゴールデンバローズが伸びて来ましたが、それ以上の迫力でグングン迫って来たのがノンコノユメ。1頭だけ伸び脚の勢いが違いました。みるみるうちにその差を縮めると、先頭に立ったノボバカラに並びかけて一気に突き放しにかかります。1馬身、2馬身と差を広げて鞍上のルメール騎手は抜群の手応えを残して余裕綽々のゴールイン。初重賞制覇でノンコノユメを称えました。

007

2着に粘ったノボバカラ。ゴール前グイグイと伸びて来たアルタイルが3着。そして、圧倒的な支持を集めたゴールデンバローズが4着と痛い敗退。ブチコがなんとかかんとか5着に頑張りました。

一方、大きな出遅れで不完全燃焼だったアキトクレッセントは12着。最後は外から流し気味の追い方でした。3着アルタイルから0秒8差。しごく残念です。

010

いずれにしても、ラスト35秒5で突き抜けたノンコノユメ。距離延長は微妙ですが。来年のG1東京ダート1600m、フェブラリーSが大変楽しみになりました。