fbpx

Archive for 競馬

笑顔がたまらない!聖奈騎手は歴史を変える天才か!!

  それは衝撃的でした。今年の3月に新人騎手としてデビューしたばかりの今村聖奈(18歳)騎手が、初めて重賞「CBC賞」にチャレンジ。アイドル的存在の彼女の人気もあって単勝は2番人気。

 テイエムエスパーダに騎乗が決定したものの同型で、昨年の勝ち馬ファストフォース、さらにスティクスとの先行争いは避けられまいと考えていたら、発馬こそ一息だったものの強引に内から主導権を取りに出ます。これには外から先頭に立ったスティクスの幸騎手は2番手に控える作戦に変更。

一気に先頭に躍り出たテイエムエスパーダ。前半の3ハロンを31秒8で通過すると、半マイルが42秒7。もの凄いペースを刻んで行きます。そして、4コーナーでは後続に大きく水を開ける大逃走劇。最後にバテバタか?大丈夫か?と、思いが錯綜。1000m通過が53秒8。

ところが、テイエムエスパーダのスピードは一向に落ちず、そのまま後続に3馬身半。なんと時計が1分5秒8の日本レコード。重賞初騎乗の女性騎手が、競馬史上とんでもない記録を打ち立てたものです。

レース後「観客の皆さんの歓声を聞きながら、率直に言って嬉しいです」と、笑顔で答える今村騎手。

「スタートで他の馬に迷惑をかけて申し訳ない思いですが、スタッフの皆さんがしっかりと仕上げて頂き、馬は最高の状態でした」。

「また、本来は国分恭介さんが乗るはずでしたが、49kでは乗れないと言うことで、私にまわって来ました。馬の力を信じて乗れたことが良かったです」と、髪をかき上げながら爽やかスマイルで答える今村聖奈騎手。

重賞初騎乗で優勝。むろん女性騎手としても初めて。まさに歴史的な一コマ。この日、最終レースでも勝ち、デビュー以来19勝目。新人騎手のトップを走り続けます。

  時代はジェンダーレス。18歳のアイドル的存在。今村聖奈騎手の優勝は、時代の要請かも知れません。    

驚愕のペースを打ち砕いた歴史的一戦!親子3代制覇!!

  圧巻の2馬身差!度肝を抜いたGI「宝塚記念」。今年前期の頂上決戦、63回目を迎えたグランプリ「宝塚記念」が、阪神の内回り芝2200mで行われました。

栄光を手にしたのはタイトルホルダー(2番人気)。横山和騎手とのコンビで、先の春の天皇賞で7馬身差の独演会。思えば、昨秋の菊花賞で弟の横山武騎手のコンビで5馬身差。いずれも阪神の舞台でした。

  とは言え、今回は速いペースで逃げる連勝中のパンサラッサ(6番人気)が参戦。他にも同じような先行タイプがいて、天皇賞のような楽なペースにはならないだろうと危惧する見方もありました。

ところが、事実は小説より奇なり。抜群のスタートを決めたタイトルホルダーが、相手構わず仕掛けて主導権を取りに出ます。

スタートでエンジンのかかりが鈍かったパンサラッサの吉田豊騎手が、しごいてようやく外から先頭に立ったのが1コーナー辺り。タイトルホルダーはこれを予定していたかのように2番手にすんなりと控えます。

タイトルホルダーを最大のライバルと考えたディープボンド(3番人気)の和田竜騎手は、タイトルホルダーの背後にピタリと付けます。内にはアフリカンゴールド。その後ろがヒシイグアス(5番人気)。 本来であれば、この辺りのポジションに位置するはずのルメール騎手のオーソリティが、スタート直前に右前の跛行で無念の除外。

  そして、この日、1番人気に推されていたエフフォーリアは、中団の外を仕掛け気味に追走。それをマークするようにデアリングタクト(4番人気)。

  パンサラッサが引き離した逃げで、前半の5ハロンを57秒6。そして、1600m通過が1分33秒4。まさに目を疑うような驚愕のハイペースです。

展開的には末脚温存型に有利な流れでしたが、その定説を木っ端微塵に打ち砕いたのがタイトルホルダー。2番手から直線に向かうやいなや一気にスパート。パンサラッサを捉えて先頭に立つと、その勢いは衰えることなく余裕の2馬身差。時計が2分9秒7のレコード樹立。

2着争いは好位置で展開したヒシイグアスが持ち前のしぶとい末脚で2着を確保。同じ2番手争いをディープボンドが食い下がっていましたが、ゴール前で外から伸びて来たデアリングタクトがハナ差捉えて3着。

そして、今回はブリンカー着用で臨んだエフフォーリアは、仕掛け詰めの流れの中で追走に手一杯。6着がやっとと言った印象でした。

8年前、横山和騎手の父、横山典騎手がゴールドシップで宝塚記念を優勝。父子による宝塚記念制覇でしたが、実は祖父の横山富元騎手がメジロムサシで優勝。栄えある横山一家、3代に渡る宝塚記念制覇となりました。

  この秋は多くの期待を背負って渡仏。凱旋門賞の舞台に立っているのでしょうか。