Archive for 競馬

新境地かイン強襲策で好敵手を下したGワンピース!!

  今年もGI馬が勢ぞろいした北海道、夏の大一番「札幌記念」。秋の古馬戦線に大きな意味合いを持つ重要な一戦です。

凱旋門賞を目指すブラストワンピース。フィエールマン、ワグネリアン、ペルシアンナイトと言ったGI馬が揃い踏み。これに昨年の札幌記念優勝のサングレーザーも参戦。まさにワクワクするメンバー構成です。

人気はルメールJ騎乗のフィエールマン、そしてワグネリアン、ブラストワンピース、サングレーザーという順番。

案の定、予想された通りエイシンティンクルが迷わず先頭に立ちます。これに外からクロコスミアがじんわりと2番手。驚いたのは、差し追い込みタイプのサングレーザーが3番手の積極策。 その後にワグネリアンが好位4番手で機を窺います。そして中団の外にペルシアンナイト。さらに、その一列後ろに内からブラストワンピース、外にフィエールマン。

エイシンティンクルが思い切った逃走で、2番手のクロコスミア以下を離し気味。前半の1000m通過が59秒9。平均ペースの流れです。

そして勝負どころの4コーナーで、サングレーザーが逃げるエイシンティンクルの直後に迫って来ました。さらにクロコスミアの外にワグネリアンが浮上。また窮屈な内を突いてブラストワンピース。外から追い上げて来たペルシアンナイト。さらにその外からフィエールマン。

とはいえ、内からエイシンティンクルを捉えて一気に先頭に躍り出たサングレーザー。そしてコーナーリングを利して急追したブラストワンピースの2頭の激しい叩き合い。こうなると末脚を温存して詰め寄って来たブラストワンピースに軍配。クビ差競り落としました。

また、これまでと違う面を見せた2着のサングレーザー。これはこれで大収穫の2着とだったと思います。

一方で、1番人気のフィエールマンが3着。菊花賞優勝からも今回の2000mは忙しすぎた印象があります。外々を走らされながら3着は、ある意味で上々の内容。騎乗したルメールJも「ベストは2400m」とコメント。

今回私はペルシアンナイトを指名。2000mがドンピシャと考えていたのですが、今回は初めてのブリンカー。初めての札幌が舞台。外をまわりながら、それで勝ち馬と僅か0秒3差。大激戦だったと思います。

4着だったワグネリアンは、しぶとく食い下がっていましたが、両前脚が落鉄する手痛い不利。不運でした。福永騎手も悔しがります。

いずれにしても優勝したブラストワンピース。いつも直線は外をまわって悔しい惜敗でしたが、今回のコンビを組んだ川田騎手は自身の判断でイン強襲策。さすがリーディングジョッキー。実に見事でした。

紅一点!2番手策が功を奏したグランプリ!!

なんだこれは!?「3・2・2」と、映し出された電光掲示板。終わったばかりの春のグランプリ「宝塚記念」。60回目を迎えた古馬の一戦級が揃った伝統の一戦。例年激しい戦いが繰り広げられていましたが、今年は離ればなれの結果に障害レースを思い浮かべたほどです。

圧倒的に強い牡馬陣のデータの中で、優勝は紅一点の3番人気リスグラシュー。予想通り主導権を取った1番人気のキセキの少し離れた2番手を追走。3コーナーでキセキの背後にピッタリと付いてまわり、直線中程で先頭のキセキの外に並びかけると、力強い足取りでパワー全開!余裕で3馬身も突き放す独走劇。

キセキが2番手を守り抜き、2馬身離れた3着が実力者スワーヴリチャード。そこからまた2馬身離れてGI大阪杯を制したアルアイン。その内に人気を分けたレイデオロは伸びを欠き5着。また1勝馬ながら部類の堅実派エタリオウは9着と敗退。

  主導権を取ったキセキがスタートで、なかなか先頭に立つことができず、鞍上の川田騎手が手綱をシゴいてシゴいてようやく先頭。同型馬が不在の顔ぶれ。最内枠から楽に主導権を思えたのですが、なんとやっと主導権。いつものキセキではない、私はそう考えました。そんな中で外枠から好スタートを決めたリスグラシュー。鞍上のレーン騎手は内の馬たちを見ながらスルスルと2番手に付けました。

3番手に外からスワーヴリチャードと内にアルアイン。スティッフェリオもピッタリと付きます。インサイドをレイデオロ、クリンチャーが中団で、後方にエタリオウ。最後方をポツンとマカヒキ。 前半の半マイルが47秒9、1000m通過60秒ジャスト。予測通りスローに落として逃げるキセキ。少し離し気味で楽な展開と見えたのですが、3コーナーで2番手のリスグラシューがジワジワと接近。これに後続も一団で続きます。

そして4コーナーをまわり直線に入ると、ラストスパートをかける2番手のリスグラシューが仕掛けます。ところが、3番手のアルアインとスワーヴリチャードがついて行けません。その後ろのインをキープしたレイデオロでしたが、ルメール騎手がステッキを入れても前に詰めるよる迫力がありません。

キセキを捉えたリスグラシュー。力強い足取りでゴール前は余裕を見せて3馬身差のワンサイド走。圧倒的な強さを披露しました。

離された2着にキセキ。また2馬身離れて3着がスワーヴリチャード。同じく2馬身離れた4着がアルアイン。5着がレイデオロ。牡馬のGI馬が離れ離れで敗走。エタリオウも9着。

エタリオウに騎乗した横山典騎手は「天皇賞の疲れが残っていたのかも知れない」とコメント。

今年の宝塚記念は優勝したリスグラシュー以外、2着キセキ以下、どうも本調子を欠いたような宝塚記念だった気がしました。