Archive for 競馬

樫からぶっつけ本番の快勝劇!秋華賞は劇的な結末!!

    3歳牝馬の3冠目「秋華賞」。今年は桜花賞、そしてオークス馬が出走していない珍しい「秋華賞」となりました。17年ぶりのことだそうです。

1番人気に推されたのが直前のトライアル、ローズSでレコード勝ちしたダノンファンタジー。1枠1番を引き当てました。桜花賞でも1番人気に推されて4着。GI阪神JFでクロノジェネシス以下に快勝。そして直前のトライアル、ローズSではレコード勝ち。一段とパワフルになったダノンファンタジーがそこにありました。まさに川田騎手にとっては捲土重来。多くのファンの視線を集めたのです。以下、カレンブーケドール、エスポワール、クロノジェネシスと人気は続きました。この日は太陽が顔を出したとはいえ、まだまだ水分を含んだ稍重の馬場コンディション。ローズSのようなスピード決着は望みようがありませんでした。

好スタートを決めた福永騎手のビーチサンバ。外から予定通り主導権を取ろうとしたコントラチェック。ところが福永騎手のビーチサンバは引きません。あの鋭い追い込みを見せるビーチサンバでしたが、強気の逃げの作戦に出たのです。

3番手にダノンファンタジー。その外にパッシングスルー。これら先行した馬の動きを見ながらクロノジェネシス。その後ろのインに2番人気のカレンブーケドール。外にはフェアリーポルカがいます。中団にシャドウディーヴァが位置取り。エスポワールとシゲルピンクダイヤは後方の待機策。

5ハロン通過が58秒3。おそらく良馬場なら57秒台のハイラップでしょうか。まさかのビーチサンバの強気の逃げ戦法。単騎逃げを予定していたコントラチェックには厳しい展開。予想外のハイペースで流れて行きます。

この速い流れで後半4ハロンが48秒9、ラスト3ハロンが36秒4。前半の速い流れで、直線は稍重馬場ということもあって、スタミナの勝負となりました。

好位から直線早めに抜け出したクロノジェネシス。北村友騎手が勝負に出たのです。あとは突き放しにかかり独壇場。直線内からカレンブーケドール。直線大外に出した後方待機のシゲルピンクダイヤがゴール前で強襲。シャドウディーヴァ、粘ったビーチサンバも頑張って4、5着に健闘。 結局、クロノジェネシスが2馬身差の圧勝劇。鞍上の北村友騎手は今春の大阪杯のアルアインに続きGI2勝目。桜花賞、オークスがともに3着。その悔しい強い思いがクロノジェネシスに伝わったようでした。プラス20kの馬体増にもビックリ。少し馬体に余裕があると厩舎サイドのコメントでしたが、クロノジェネシス自身が想像以上の成長を見せていたのかも知れません。

また1番人気のダノンファンタジーは8着。走りが綺麗なタイプで道悪の馬場が、ダノンファンタジーの足かせになったようです。同様に注目した紫苑S1、2着のパッシングスルー、フェアリーポルカが渋った馬場に脚を取られてバランスを崩し本来の力を発揮できなかった印象でした。

 

3歳の代表格Dキングリー!見たか強烈33秒4!!

今開催、最終日に行われる「天皇賞」。その前哨戦「毎日王冠」は、1番人気に推された3歳馬ダノンキングリーが、最後方近くから直線で外に出すと、飛びっきりの末脚で豪快に突き抜けました。

スタートで遅れたダノンキングリーが最後方。スタンドのファンをヒヤッとさせましたが、単騎逃げのアエロリットは後続を引きつけた逃げ。各馬一団となってこれを追走。それゆえ最後方でも前を射程圏に入れながらの追走。

心配された雨もなく、やはり高速の決着となりました。主導権を取ったアエロリットは前半の半マイルを47秒0。1000m通過が58秒5。昨年の覇者アエロリットにとっては、ほぼ昨年と同じようなペース。絶好のコンディションの開幕週の馬場。やはりスローに近い流れです。

 逃げるアエロリットの2番手に陣取った58kのインディチャンプ。その内にケイアイノーテック。それらの背後のインにペルシアンアイト、外に馬体を併せるマイネルファンロン。中団にギベオン。それを見るように内からランフォザローゼス。並びかけるハッピーグリン。モズアスコットは待機策。そして最後方がダノンキングリー。

3コーナー過ぎても快調に逃げる津村・アエロリット。少し後続が離れます。2番手のケイアイノーテックの外な並んだインディチャンプ。徹底して逃げるアエロリットをマーク。それらを見ながらペルシアンナイトもスパートの態勢。1番人気のダノンキングリーは4コーナーでも最後方。

 逃げるアエロリットの外からインディチャンプが並んで来ました。そこへ外からペルシアンナイトも肉迫。最後方から直線入り口で内から外に進路を取ったダノンキングリー。

ラスト3ハロンが34秒3の争い。中程でアエロリットをインディチャンプが捉えて先頭に立ったかに見えましたが、しぶとさはトップクラスのアエロリット。またそこから盛り返します。外から迫るペルシアンナイトも本来の切れ味が今一息。そこへ大外からダノンキングリーが猛然と肉薄。前の馬たちと勢いが違いました。最速のラスト33秒4。見事にゴボウ抜きして一気に先頭。そして余力を残して突き抜けたのです。

騎乗した戸崎騎手は「今日はこの馬に助けられましたね。夏を越して心身ともに成長が感じられました。この先の活躍が楽しみになる内容だったと思います」と、絶賛。

今後はマイルCSか天皇賞と言うことになりそうですが、どちらに進んでも主役級の存在に変わりはなさそうです。

2着に踏みとどまったアエロリット。今回は津村騎手と初コンビでしたが、絶妙のペースに持ち込んでフルに持ち味を生かせました。中距離の舞台で単騎逃げなら相当粘り強いです。

3着はペルシアンナイトに半馬身差まで詰め寄られましたが、58kを背負って休養明け初戦。インディチャンプにとっては悪くない内容だったと思います。マイルCSでの活躍が期待されます。