Archive for 競馬

圧巻!役者が違った2馬身半の横綱相撲!!

その3歳馬は強かった!ケタ違いのパワーで後続をあっという間に突き放し、余裕綽々で初GI制覇。

キャリア8戦目の3歳馬ルヴァンスレーヴ。単勝オッズが1.9倍。圧倒的1番人気に支持され、果敢に2番手をキープ。ゆったりした流れも味方して、直線中程で先頭に立つと二段ロケットで後続を突き放しました。

  主導権を主張したのが1番枠を引いたアンジュデジール。横山典騎手の奇襲策でもありました。強力な逃げ馬が不在で楽にマイペース。このペースで内からルヴァンスレーヴが難なく2番手をキープ。その外にヒラボクラターシュ。インカンテーションも前に出て来ました。そして米国のパヴェル。外にはサンライズソアが控えます。

中団の先頭にミツバ、外に馬体を寄せたケイティブレイブ。それに並ぶオメガパフューム。後ろにセンチュリオン。サンライズノヴァは例によって後方。背後にはノンコノユメ。そして最後方にポツンと離れてウェスタールンド。

アンジュデジールが2コーナーからスピードアップ気味に飛ばします。それでも半マイルが49秒6。そして1000m通過が61秒9のスロー。先手を取ったアンジュデジールは気分良さそうな逃げ。まさに絶好の展開です。

少し離れた2番手がルヴァンスレーヴ。3コーナー過ぎに一旦3番手に下がったものの抜群の手応えで追走。そしてこのレースの明暗を分けたのが4コーナーのコーナーリング。このレースの最大のポイントでした。

流れが遅かった為に、先行勢はインサイド寄り。その外に中団キープの馬。その外を振られるように後方勢。このロスは大きかったように思います。

逃げるアンジュデジール。直線中程で我慢しきれないと言った勢いでルヴァンスレーヴが並びかけて来ました。そこへ中団前の位置からグイグイ伸びて来たのがサンライズソア。私の本命でした。その勢いから先頭に立ちかけそうでしたが、一方でルヴァンスレーヴが真骨頂。エンジンが全開するように再加速。後続のとの差を広げて行きます。

2番手を死守するかのように見えたサンライズソアでしたが、そこへポツンと最後方を走っていた、ウェスタールンドがガラッと開いたインサイドのラチ沿いをグイグイ接近。アンジュデジールを捉えると、2番手のサンライズソアに馬体を内から並びかけたところがゴール。クビ差2着に浮上。サンライズソアは無念の3着。

4着が粘りに粘ったアンジュデジール。そして離れた5着にオメガパフューム。サンライズノヴァはそのあとの6着でした。ノンコノユメは7着で、2番人気のケイティブレイブは4角で外を回されて11着に敗退。

ラスト2ハロンが11秒7-11秒9の芝並みの高速決着。そこで余裕綽々と横綱相撲を演じたルヴァンスレーヴ。まだ3歳でキャリアが8戦で7勝2着1回。2月のフェブラリーS、或いは3月UAEドバイに向けて、何とも楽しみな3歳馬となりました。同じ3歳のアーモンドアイと共に来年の競馬界を背負って行く馬です。

世界を驚嘆させた女傑アーモンドアイの歴史的JCレコード!!

単勝1.4倍の3歳牝馬3冠のアーモンドアイが、初めての古馬トップクラス相手の国際招待レース「ジャパンカップ」で、鮮烈なGI制覇を演じました。

“2分20秒7”の強烈なレコード。世界のホースマンを震撼させるタイムで圧勝。まさに歴史的な一戦でした。

  思えば、30年前に目玉が飛び出るくらいの衝撃!それがあのホーリックスとオグリキャップの激闘JC!掲示板に並んだオール「2」。輝く2分22秒2!まさに度肝を抜く時計でした。あの衝撃的なシーンのジャパンCから幾星霜、30年の月日が流れて平成最後の年に歴史的なドラマが待っていました。

  最内から抜群のスタートを決めたのがアーモンドアイ。その外から主導権を取ったのがキセキ。外からウインテンダネスとノーブルマーズが前に出ようとしましたが、キセキの走りに恐れをなしたか2、3番手に控えます。

内にはアーモンドアイ。鞍上はCルメール騎手。普通なら末脚を温存する形で、手綱を引いて中団くらいに下げるものですが、馬の気持ちを大事にしたいと言うことからか、アーモンドアイの走りたい気持ちに任せてブレーキを踏みません。

キセキの一人旅でした。2コーナーをまわり少し離し気味に逃げるキセキ。その動きを2番手で見る形がアーモンドアイ。外にはノーブルマーズ。その後にガンコがいて、直後にスタートで一息だった2番人気のスワーヴリチャード。それを前に見るようにシュヴァルグラン。背後には3番人気のサトノダイヤモンド。後方にはサトノクラウン、外にスタートでモタついたカプリ。ミッキースワローがいて最後方にサンダリングブルー。

1000m通過が59秒9。ゆったりした流れで進んで行きます。このまま3コーナーから4コーナーを迎えます。2、3馬身くらい後続を離して逃げるキセキ。

内からスーッと自然に2番手に上がったアーモンドアイ。真後ろに内からスワーヴリチャードが接近。ところが、後続は3コーナーから11秒4-11秒4-11秒0-11秒4の流れで、前との差を縮められません。2番手に上がったアーモンドアイだけが抜群の手応え。ラスト1ハロン過ぎに仕掛けたアーモンドアイ。軽く追い出すと自然に先頭。そのまま余力を残してゴールイン。ラスト34秒1でGI4連勝となりました。

2着はキセキ(4番人気)で、3馬身半離れて3着がスワーヴリチャード。以下、シュヴァルグラン(5番人気)、ミッキースワロー、サトノダイヤモンドの順で入線。

それにしても2分20秒6の超高速決着。招待されたサンダリングブルー、カプリの外国勢は後方をついてまわるだけで精一杯。ベリー騎手、ムーア騎手ともに「こんなに速い時計では対応できません」と、ポツリと語るのみ。

アーモンドアイはルメール騎手が「素晴らしい馬です。もちろん来年は凱旋門賞に行かなくてはいけない馬です」とコメント。

来月の大一番、「有馬記念」に出走の予定はなく、ルメール騎手はレイデオロで全力投球です。