Archive for 競馬

それ来たゾー!松若Jよ、ありがとう(^^)!!

春の古馬GI戦線に向かって重要な一戦「京都記念」。芝2200mの中距離戦。下馬評は割れていましたが、中山金杯で7番人気ながら2着に押し上げた私の大好きなステイフーリッシュが一転、1番人気。そして2番人気が復活を目指すダービー馬のマカヒキ。 宝塚記念3着のノーブルマーズが3番人気。アルゼンチン共和国杯優勝のパフォーマプロミス、GIホープフルS優勝のタイムフライヤーと続きましたが、上から6番人気まで単勝3.4倍から6.3倍の上位拮抗。

そんな中にあって、私は◎がダンビュライト。前走のAJCCでも期待したのですが、直線で伸びを欠き不本意な6着。直線入り口の不利もありましたが、「輸送を考慮して直前の追い切りを控えめにした。今回は中2週ですがビシッと追い切りました」と音無師。

それよりなにより、逃げ馬が見あたらず、先行できるダンビュライトにとっては願ってもない展開になりそうと予想。ひょっとしたら単騎一人旅かもとワクワク。  ところが、それを予測していたのが追い込みのタイムフライヤー陣営。騎乗した和田騎手は外枠から仕掛けて、前に出たダンビュライトの外からスーッと先頭に立ちました。そして、その勢いで2番手のダンビュライト以下を引き離しにかかります。  内にはパフォーマプロミス、外からステイフーリッシュ。直後のインにノーブルマーズ。その背後にハートレーとマカヒキ。

前半の5ハロンが63秒3。まさに超スローの流れです。そして坂を下った3コーナーで、先頭のタイムフライヤーに後続が急接近。そこには典型的な追い込みのブラックバゴが仕掛けて2番手に上がって来ました。パフォーマプロミスと外にダンビュライト。ステイフーリッシュはその真後ろ。外からマカヒキが上昇気配。

4コーナーでは内から外に横並びに広がります。タイムフライヤーにブラックバゴ。その外にダンビュライト。またその外がステイフーリッシュ。内からパフォーマプロミスが伸びて来ます。馬場中央からダンビュライトが抜け出しかけます。そこへステイフーリッシュ。外にマカヒキと一番外がケントオー。

ゴール前で真っ先に飛び込んだのがダンビュライト。ステイフーリッシュがクビ差で2着。同じく外のマカヒキがクビ差で3着。内のパフォーマプロミスもクビ差4着。

ダンビュライトは昨年のAJCC以来の勝ち星。重賞2勝目。鞍上の松若騎手はダンビュライトと3戦3勝。全4勝中3勝が彼の実績なのですから、まさに相性は文句なしにドンピシャ。

 明け5歳馬でもあり、また違ったダンビュライトを今年は大いに期待したものです。まずは若き松若騎手よ、重賞制覇おめでとうございました。

これぞ役者の違いインディチャンプという強いヤツ!!

  この時期、恒例の芝のマイル戦「東京新聞杯」は、単勝2.7倍と1番人気に推されたインディチャンプが、まさに役者の違いと言った内容で着差以上の圧勝でした。

スタートで出負けしたインディチャンプ。これはと思われましたが、福永騎手はインを縫うように中団に進出。

そして4コーナーで内から好位に浮上。先頭がショウナンアンセム。内からロジクライ、外にヤングマンパワー。それらに続いた2番人気のタワーオブロンドン。そのときインの窮屈なところから抜け出て来たインディチャンプ。

内ラチ沿いに先頭に立ったロジクライ(3番人気)の外に馬体を併せると、持ち前の底力でグイと抜け出します。

インのライ沿いから強襲するサトノアレス(4番人気)、馬場中央から力強く伸びたレッドオルガ。この2頭の間でしぶとく二枚腰を繰り出すインディチャンプ。半馬身差まで詰め寄ったレッドオルガ。そしてインから迫ったサトノアレス。それでも着差以上の強さを見せたインディチャンプ。1分31秒9、ラスト33秒5。文句なしの内容です。

ちなみに昨年の東京新聞杯の勝ち馬リスグラシューが、1分34秒1(ラスト33秒6)の比較からも間違いなくGI級の逸材です。

思えば、インディチャンプは新馬→500万を連勝したエリート。休養が重なり、約半年ぶりの実戦だった年末の阪神、準オープン・元町Sで3馬身差のワンサイド走。この一戦からも完全に旧に復したと見ていいはずです。となれば6月のGI安田記念が当然ながら視界に入っていることでしょう。

また、2番人気のタワーオブロンドン。4、5番手の好位をキープしましたが、直線で伸び負け。馬体重がプラス10k。冬期で休養明けが多分に応えたような様相です。5着と敗退。

一方で2着と好走したレッドオルガ。終始、人気のタワーオブロンドンの背後で様子を見ながらの追走。この位置取りがうまく行きました。鋭く伸びてインディチャンプと半馬身差は立派。

また、注目されたロジクライ。2番手の正攻法でしたが、最後の最後で伸び負けした印象。冬期で少し馬体に余裕があったのかも知れません。

中団から直線追い上げてきたロードクエスト。10番人気でしたが4着。1分32秒3、ラスト33秒7は優秀です。間違いなく復活して来ました。

楽しみにしていたテトラドラクマは、終始好位の外で機を窺いましたが、直線坂を上がってから伸びを欠きました。これは昨秋のオーロC以来の実戦ということで、本来の伸び脚を欠いたのかも知れません。休養明けをひと叩きした馬たちを含めて、変わり身に注目しておきたいところです。