Archive for 競馬

史上、最強のダート馬をライブで見ているのか!!

    私には確かな自信がふつふつと沸いていました。ジャパン・オータムインターナショナル「チャンピオンズカップ」です。

私は◎インティ〇ゴールドドリーム▲クリソベリルと予想。先行しそうなロンドンタウン、ワイドファラオが外枠にまわったことで、理想の4番枠を引いたインティが単騎逃げ、一人旅に持ち込めると推察。となれば、7戦5勝のダート1800m。中京は同距離で2戦2勝、今年のGIフェブラリーSの優勝馬。

  一方、5戦5勝の3歳馬クリソベリルは9月の日テレ盃以来の実戦。過去10年で直前に10、11月を使っていない馬は連対ゼロ。これは大きな馬のクリソベリルには減点だろうと予想。

おそらくインティの単騎逃げで、フェブラリーS同様にゴールドドリームが追い込んでも届かないかも知れない、と推測したのですが、結果はクリソベリルが優勝。それは衝撃的な強さをアピール。これが3歳馬なのか、度肝を抜かれた思いです。

抜群のスタートを決めたインティ。無謀にもこれを追いかけるテーオーエナジー。そして内枠を利してクリソベリルが難なく3番手。なんと直線勝負のゴールドドリームのルメール騎手が、相手はコイツだ!とばかりクリソベリルの直後に位置取り。同じポジションにはロンドンタウンがいます。チュウワウィザード、オメガパフュームと続きます。

前半の5ハロンが60秒8。スローではありませんが、逃げるインティにとっては絶好のペースです。

4コーナーを先頭でまわったインティ。比較的、一団の展開でしたが、後続も迫っています。直線でエンジンに再点火するように再加速を見せるインティ。これを好位で窺っていたルメール騎手のゴールドドリームもゴーサイン。それをインの3番手にいたクリソベリル。川田騎手がラチ沿いからインティと、外のゴールドドリームの間隙を狙います。

そして、外から並びかけたゴールドドリームの内側に入り、最内で頑張るインティに馬体を並べます。

いつもアッサリ抜け出し厳しい競馬を強いられたこともなかったクリソベリル。この若き3歳馬が古馬の間からグイグイと割って出たのです。結果は外のゴールドドリームをクビ差抑えてクリソベリルが優勝。初めてのGI制覇でした。鞍上の川田騎手も今年初めてのGI優勝。

力は出し切ったというゴールドドリームのルメール騎手。クビ差以上に大きなパワーを見せつけられたような印象でした。

1分48秒5の時計は、過去10年で最速のタイム。550kもある雄大な馬格を持つクリソベリル。これで6戦6勝。無敗の快進撃を続行中のクリソベリル。私たちは過去に見たこともなかったダートの大器と遭遇したのかも知れません。

海外馬不在!東京巧者のSリチャード・マーフィーJ会心の一撃!!

39回目を迎えた国際GI「ジャパンカップ」。今年は創設以来、初めて外国馬の姿が見られない寂しいJCとなりました。

優勝はOマーフィー騎手が騎乗した東京巧者スワーヴリチャード(3番人気)。5、6番手のインを追走。ゴール前でラチ沿いから力強く抜け出して久しぶりのGI制覇。

金曜日から降り続いた雨。日曜は一時、雲間から太陽が垣間見えましたが、曇天の空にたっぷりと水分を含んだ重馬場。大きな泥の塊が飛び交います。

典型的な逃げ馬が不在でしたが、宣言通りダイワキャグニーが主導権。ダンビュライトが2番手。その後ろには内にカレンブーケドール(5番人気)。外には流れが遅いと見たのか横山典騎手のエタリオウ。2番人気のワグネリアンはカレンブーケドールの直後にいます。

また、ワグネリアンの背後にスワーヴリチャード。外から並びかけるシュヴァルグラン。1番人気のレイデオロがジナンボーと共に並んで中団を追走。そこから少し離れて4番人気のユーキャンスマイル。また離れてルックトゥワイス。離れた最後方にポツンとマカヒキが追走。

前が一団で固まるよう展開で、前半の5ハロンが60秒3。重馬場のコンディションにしては少し速いペースで突き進みます。 そして4コーナーをまわると逃げるダイワキャグニーがラストスパート。2番手に内からカレンブーケドール。そして、ムイトオブリガード、ワグネリアン、ジナンボーが並ぶように前を追います。後方にはユーキャンスマイル、マカヒキの順。

ここが勝負どころとばかりに直線坂を上がるとスワーヴリチャードが一気にスパート。インを強襲して先頭に立ちます。カレンブーケドールも必死に食い下がります。ダイワキャグニーはここで脱落。ゴール前は最内から先頭にたったスワーヴリチャード。その外に必死に盛り返すカレンブーケドールが2着。一番外からゴール前一気に伸びたワグネリアンが3着。2分25秒9、ラストが37秒2。時計はさすがに重馬場で平凡でした。

スワーヴリチャードの背中で立ち上がり、何度も何度も大きなガッツポーズを繰り返すO・マーフィー騎手。

そして、マカヒキが最内から直線大外に出して4着と好走。同じ位置にいた4番人気のユーキャンスマイルが5着。

1番人気のレイデオロは道悪が応えたのか11着と大敗。ルックトゥワイスが10着ながらレイデオロに大きく先着。レイデオロはなにか体調に問題があったのかも知れません。

海外馬が不出馬だった37回目のジャパンC。巧みな手綱さばきで優勝に導いたOマーフィー騎手。馬上のデットーリ騎手からポンと頭を軽く叩かれ祝福を受けていました。

また、2着ながら3歳牝馬のカレンブーケドール。ソツのない騎乗が光った津村騎手もナイスプレーだったと思います。

外国馬が不参加とあってか東京競馬場の入場人数は、昨年よりも2割減でした。ジャパンCも40年経過して、新たな時代を迎えているような気がします。