皐月賞は3強対決の構図か!弥生賞を圧倒したDインパクトの後継者とは!!

それは圧倒的な強さで後続を一蹴しました。鞍上の武豊騎手も、おそらくクラシックを意識したのに違いがありません。 

     皐月賞と同じ舞台、距離で行われる「弥生賞ディープインパクト記念」。今年から昨年他界したディープインパクトの実績を評して設けられたディープインパクト記念。そのディープインパクトに騎乗して一世を風靡した伝説のコンビ武豊騎手。それゆえ、このレースに寄せる思いは武豊騎手も格段に強かったと思われます。 騎乗馬はディープインパクトの父に持つサトノフラッグ。評判馬ルメール騎手が騎乗するワーケアと人気を二分する形。そのサトノフラッグが直線で早々と先頭に立つと、ゴール前は余裕綽々にゴールイン。まさに圧勝劇でした。

ウインカーネリアンが主導権を取り前半の5ハロンを61秒1。重馬場のコンディション。平均したペースでしたが、3コーナー過ぎから各馬が動きます。まずオーロアドーネ、その外にオーソリティ。そして外からサトノフラッグが進出態勢。それをマークする形で後方からブラックホール。その内にワーケア。先頭のウインカーネリアンから後方まで各馬一団の展開。

直線に入ると馬場のやや外目に出すサトノフラッグ。内にはオーソリティ。その間を狙ってルメール騎手のワーケアが肉迫。一番外がブラックホール。

直線早めに先頭に立ったサトノフラッグ。これを懸命に追うワーケア。大外に出したブラックホールも持ち前の末脚で詰め寄ります。

抜け出したサトノフラッグ。勝負ありで後続と脚が違いました。2着にワーケア。内で粘るオーソリティが3着。外から詰め寄った4着ブラックホールも惜しいかなクビ差及びませんでした。

武豊騎手は騎乗した印象からディープインパクトに似ていると感じたと言います。良馬場だったら、もっともっといい走りが出来たとも言い切る武豊騎手。 朝日杯FSの優勝馬サリオス、ホープフルSの勝ち馬コントレイル。このGI2頭との皐月賞対決が、今からワクワクします。

初のGI優勝に視界良好!力強く歩み出したDキングリー!!

    本格的な春に向かって重要な分岐点となる「中山記念」。9頭立ながら5頭のGI馬が集結。なかでも4歳馬の1番人気ダノンキングリー。昨秋の毎日王冠で並み居る古馬陣を相手に圧倒的な強さを見せつけました。当然、天皇賞・秋に向かっていれば、歴史が変わっていたかも知れません。

ところが、ダノンキングリー陣営は意表をついてマイルCSに駒を進めたものの5着(2番人気)。キャリアの浅さを露呈してしまいました。今回は毎日王冠で圧勝した距離1800m。マイルCS以来の実戦でしたが、入念に乗り込んで迎えました。鞍上はマイルCSに続き横山典騎手のコンビ。

2番人気がエリザベス女王杯を制したラッキーライラック。そして中山記念2連覇しているウインブライトが3番人気。昨年の安田記念とマイルCSを制したインディチャンプと続きました。

  レースはラストランとなるマルターズアポジーが迷わず主導権を取りに行きます。鞍上は久しぶりに主戦だった武士沢騎手。いつもの調子で2番手以下を離し気味に逃げます。3馬身くらい離れて昨春以来となるソウルスターリングが2番手。そこからまた3馬身はなれてダノンキングリー。これをピッタリとマークする形でラッキーライラック。その直後に付けたウインブライト。内にやや掛り気味になりながらインディチャンプ。そしてペルシアンナイトはいつものポジション。

前半5ハロン通過が59秒3。良馬場でも少し水分を含んだ馬場コンディション。といってもスローに近いペースでしょうか。

動きがあったのは4コーナー手前から。ソウルスターリングがマルターズアポジーに接近。それを見てダノンキングリーもじんわりと前の2頭を射程圏。そこで咄嗟に対応出来なかったラッキーライラック。内からインディチャンプも動きます。外から仕掛けたペルシアンナイトがラッキーライラックに並びかけます。これについて行けないウインブライト。

4コーナーをまわるとソウルスターリングが先頭に立ちかけますが、外からダノンキングリーが容赦なく並びかけて、あっという間に先頭。ようやく大きなフットワークで差を詰めて来たラッキーライラック。内にはソウルスターリングが頑張ります。インディチャンプは鋭さが見られません。

早目に突き抜けたダノンキングリー。後続のラッキーライラックが詰め寄りましたが、馬体を並ぶところまでは行きませんでした。まさにダノンキングリーの圧勝。クールな横山典騎手が当然のようにゴールを過ぎて行きました。

2着にラッキーライラック。3着ソウルスターリングがしぶとく粘って3着。インディチャンプは半馬身差まで詰め寄ったところがゴール。5着にペルシアンナイト。

  優勝したダノンキングリー。皐月賞3着、ダービーが2着。まだGIは未勝利。昨秋は毎日王冠から天皇賞に向かっていれば、繰り返すようですが歴史が違っていたかも知れません。おそらく、大阪杯→宝塚記念の路線で歩むような気がします。