fbpx

衝撃!遊びながら勝っちゃった日本ダービー!!

   

その騎手は終えたばかりの夢の最高の舞台で、少し高ぶる気持ちを抑えながらもこう言いました。

「遊びながら勝っちゃうのですから、素晴らしい馬です!」。それはまさに度肝を抜くような衝撃的な優勝でした。

3歳牡馬コントレイル(父ディープインパクト)。皐月賞を制して4戦4勝で臨んだ夢の大舞台「日本ダービー」。宿敵サリオス(2番人気)も霞む単勝1.4倍。スタンドの大歓声こそないものの2冠に王手をかけたコントレイルにとっては、まさに史上に残る記録的な支持を受けてターフに登場しました。

レースは外からウインカーネリアンが仕掛け気味に先頭に立ちます。2番手がコルテジア。その後が出たなりに自然とコントレイル。その外に並びかけるディープボンド。そしてヴェルトライゼンデ、ガロアクリーク、外から仕掛けてヴァルコス。これにほとんど差がなくワーケアとアルジャンナ。その外、中団前にサリオス。さらに内にはサトノインプレッサ。並びかけるようにビターエンダー。一団で展開します。

前半の5ハロンを過ぎたあたりから後方に位置していたマンオブスピリットが、外から捲るようにグングン上昇。一気に先頭を奪います。5ハロン通過が61秒7。それは想定されたようにスローで進んで行きます。

そして、4コーナーを先頭のマンオブスピリットがややリード。外に並びかけんとコルテジア。その外にディープボンド。それらの動きを見ながら直後のコルテジアが抜群の手応えで虎視耽々。

そして、ラスト300m付近で軽く福永騎手が仕掛けると、それに即座に反応してコントレイルが馬場の中央を堂々と先頭に立ちます。そこからコントレイルの真骨頂。異次元の強さ、破壊力で後続をまったく問題にせず、ラストが最速の34秒0で再加速。ライバルのコントレイルを徹底的にマークしていたサリオスを、おいでおいでとばかりに3馬身も余裕で突き放し栄光のゴールイン。

それは、まさに役者の違い、貫録の違いの結末だったような気がします。むろん、サリオスも良く走りました。外からラスト34秒1の鋭い脚を見せながら、コントレイルの強さには脱帽。ひとつ時代が異なれば2冠馬に輝いた可能性があります。

3着は一旦、中団に位置を下げたヴェルトライゼンデ。最内から迫ったサトノインプレッサ、そして好位からしぶとく伸びたディープボンドを振り切り3着に頑張りました。

そして、ワーケアはラスト34秒3の高速決着に無念の8着。一方、サトノフラッグは後方のまま冴えず11着。さらにダーリントンホールも後方で13着入線。ワーケア、サトノフラッグともに、ひとつ歯車が噛み合わなかった印象が残ります。

7262頭が目指した頂点、「日本ダービー」。最先端に到達したコントレイル。無敗馬によるダービー制覇は、奇しくもディープインパクト以来、実に15年ぶりの大偉業となりました。

また、5番枠のコントレイル。父のディープインパクトと同じ5番枠。さらに、あのオルフェーヴルもダービーは5番枠。それは3冠馬の機運が、運命が導いているのでしょうか。

サイレントな競馬場に63年ぶりの大偉業!!

あのアーモンドアイも叶うことが出来なかった無敗馬によるオークス制覇。まさに歴史的な大偉業が、ついにデアリングタクトによって陽の目を見ることになりました。

1957年のミスオンワード優勝以来、実に63年ぶりの無敗馬による大記録の達成。それは必ずしも恵まれた競馬では決してありません 新型コロナの蔓延による無観客。まさにサイレントな「優駿牝馬・オークス」となりました。予想通りスマイルカナが主導権。そのまま極端なスローには落とさず前半の5ハロンが59秒8。その2番手に外からウインマリリン。そして内から前で展開しようとデムーロ騎手が仕掛け気味にクラヴァシュドール。そこにはアブレイズがいます。その背後にウインマイティーと、ホウオウピースフル。ミヤマザクラは中団をキープ。

2番人気に推されたデゼルがいつものように後方に下げます。そのすぐ前にデアリングタクトがいます。同じところにリアアメリアが待機。後方にはルメール騎手のサンクテュエール。

直線に入ると逃げるスマイルカナにクラヴァシュドールが並びかけ、その後ろのラチ沿いにウインマリリン。そして馬場中央から力強く伸びて来たウインマイティー。

一方、圧倒的1番人気に推されたデアリングタクト。スタートで中団のインに控えたのですが、2コーナーのところで外から寄られて接触。仕方なく後方近くまでポジションを下げました。

そして、デアリングタクトはこのままの位置で直線を迎えました。後方馬群の中から外に進路を取ろうとすると、前にマルターズディオサ、外からリアアメリアがフタをする形で伸びて来て、仕方なく松山・デアリングタクトは仕方なく、開いた内側の間を狙って、すかさずグーンと割るように前に出て来ました。

ゴール前は内からウインマリリン。その外にクラヴァシュドール。また外からウインマイティー。3頭が並びましたがクラヴァシュドールがまず脱落。

その時でした。デアリングタクトは馬場の中央を通り、前を行くウインマイティーの外に接近。そして容赦なくこれを捉えると、すぐ前には栄光のゴールが待っていました。静かにウイニングランする松山・デアリングタクト。

    2着に内でしぶとく頑張ったウインマリリン。見せ場十分だったウインマイティーが3着。外から鋭く追い込んで来たリアアメリアが4着。同じく伸び脚が目立ったマジックキャッスルが5着。  

キャリア2戦の2番人気デゼルは、後方から4コーナーで一番外。ラスト33秒8の末脚を駆使しながら11着。キャリアと流れが災いした印象です。

  誰もいない競馬場。GI「オークス」。ウイニングランの余韻を一人噛みしめながら、ゴール板前に来ると、その人は少しぎこちなさそうに、少しハニカミながら、左手を天に差し出すポーズで、静かに喜びを噛みしめる松山弘平騎手がそこにいました・・・。