圧倒的なパフォーマンスで牝馬3冠をゲット!!

牝馬3冠馬の誕生です。桜花賞、オークスを制し2冠に輝いたアーモンドアイ。目指すは3冠目の「秋華賞」。

単勝1.3倍。圧倒的な人気に推されたアーモンドアイ。ところが、トライアルから本番の秋華賞とはいかず、あくまでも秋華賞一本と、まさにぶっつけ本番。

秋華賞の22回の歴史の中で、オークス→秋華賞優勝は2頭。テイエムオーシャンとカワカミプリンセスの2頭だけ。ことにここ10年は5着以内すら皆無なのです。それにどう挑むのか、高速馬場でもあり私には不安が過りました。

先手にこだわっていたミッキーチャームが外から主導権を主張。勝負どころで後続と接近していると、後ろに控えるアーモンドアイの餌食になるかも知れない、と考えたか逃げるミッキーチャームの川田騎手は、絶妙なペース配分に持ち込みます。

一方で、主役アーモンドアイはスタートが今一息。後方で待機します。先手を取ったミッキーチャームの2番手にオスカールビー、ハーレムライン、ランドネが続きます。

そして、春は主役を演じた2番人気のラッキーライラック。予定したローズSを使えず、アーモンドアイと同じようにぶっつけ本番となり、馬体が18k増と急仕上げの印象。

また、3番人気のカンタービレはスタートが甘く中団の内を追走。同じような位置に4番人気のサラキア。関屋記念を制したプリモシーンは出遅れて後方。

前半の半マイルが47秒8、このあとラストまで全て11秒台のラップ。ミッキーチャームがジワジワと2番手以下との差を広げて行きます。1000m通過が59秒6。3コーナーでは2番手のラテュロス、ランドネ、ハーレムラインと水が開きます。

アーモンドアイは後方外。その前にラッキーライラック。カンタービレは後方イン。サラキアも中団インで直線勝負の構え。

 快調に逃げるミッキーチャーム。脚色に衰えはありません。大きく引き離して先頭で直線に入って来ました。アーモンドアイが後方で一番大外。その内にカンタービレ。ラッキーライラックは中団の外。サラキアは内でじっと辛抱。最後方がプリモシーンとダンサール。

大きく引き離して逃走するミッキーチャーム。大外に出したアーモンドアイ。果たして間に合うのか。ミッキーチャームが一瞬、セイフティ―リードのようにも見えましたが、そこからがアーモンドアイが神業的末脚でグングン肉迫。ゴール前でミッキーチャームに並びかける間もなく一瞬にして抜き去り、そのまま突き抜けてゴールイン。呆れる強さ、まさに次元の違いを感じさせるケタ違いの内容でした。牝馬3冠馬の誕生です。

ミッキーチャームが粘って2着を確保。後方から追い込んだカンタービレが3着。差がなくサラキア、ラテュロス、ランドネ、プリモシーンがどっと入りました。

1分58秒5、ラスト33秒6。とてつもないハイレベルの一戦。オークス以来の実戦で破格の内容。この後の古馬相手でも注目されます。

私が注目したダンサールは18番枠。出負けして最後方。直線はバラバラの走法で鞍上のデムーロ騎手が無理をしませんでした。13着。残念です。

   

絵に描いたような逃走劇にさすがJ・Mの声!!

天皇賞の前哨戦「毎日王冠」勝ち馬は天皇賞の優先出走権。そこで、圧倒的な人気に推されたのがアエロリット。強力な逃げ馬が不在。前に行くアエロリットがすんなりと主導権を取って一人旅になりそうな様相でした。そう思われたファンも多かったようで、単勝2.3倍の1番人気。

鞍上に勝ちまくっているモレイラ騎手。あの腕をたたんで馬と水平の騎乗フォーム。馬に負担が少ないのかも知れません。

アエロリットは抜群のスタートを決めて、難なく先頭に立っていました。前半3ハロンの入りが35秒3。ここ5年と同じ35秒台。2番手に内からキセキ、その外にステファノス、並んでレアリスタ。その後にダイワキャグニー。背後にステルヴィオで外にはカツジがいます。ケイアイノーテックはその後です。出負けしたサトノアーサーが続きます。サウンズオブアースは後方。

他馬に邪魔されずスイスイと気持ちよさそうに逃げるアエロリット。3コーナー過ぎに前半5ハロンが59秒0。開幕週の良馬場。予想通りスローペースで展開します。このままの形で4コーナーを先頭でまわって来たアエロリット。

あの追い込み馬キセキが2番手という異様な展開。開幕週でキッチリと経済コースを走らせようと考えた川田騎手のファインプレー。3番手にステファノスとレアリスタ。その後にはケイアイノーテックとダイワキャグニー。その背後にサトノアーサー、外にステルヴィオ。後続もジワジワと詰めて来ました。

ところが、ここからが開幕週ならではの高速ラップが続きます。10秒9-11秒2-11秒7。逃げるアエロリットはここからが全力投球。モレイラ騎手を背にしてステッキが入ると強力な二枚腰を発揮。結局、影も踏ませぬ頑張りで見事に押し切りました。

ゴール前で外からステルヴィオが猛然と最速の末脚で追撃。逃げるアエロリットに迫りましたが及ばず2着まで。2番手で先行し頑張ったキセキ、そのインからステファノス。この2頭の3着争いはキセキに軍配。5着にケイアイノーテック。

2番人気のサトノアーサーが6着。直線でステルヴィオと同じ位置にいましたが、どうしたのか伸び切れませんでした。7着に注目していたダイワキャグニー。こちらもサトノアーサー同様に伸びを欠いてしまいました。

優勝したアエロリットは私が安田記念で◎。惜しくも2着でしたが、間違いなく本格化して来ています。そして鞍上にモレイラ騎手を迎えたことで、絶好の展開だったとはいえ横綱相撲のような圧勝劇でした。