おお完璧!圧巻の一直線の鬼、D・プリンセス圧倒!!

夏の新潟の目玉的一戦「アイビスサマーダッシュ」。まさに新潟ならではの直線1000mの絶対的スプリントの争い。

1番人気は春の新潟、1000mの駿風S、韋駄天Sを圧勝したダイメイプリンセス。その適応力から単勝2.7倍。そして2番人気が同じ森田厩舎の快速ラブカンプー。鞍上にはMデムーロ騎手。

スタートと同時に飛び出したラブカンプー。内からアクティブミノル、外からレッドラウダ、間からはレジーナフォルテ、外にはナインテイルズ。一番外の好位にペイシャフェリシタがいます。ダイメイプリンセスはそれらの動きを見るようなポジションで、スパートのタイミングを窺います。

馬場中央のラブカンプーを先頭に、全体的に内から外に一団が寄せるように流れて行きます。

11秒8-10秒0-10秒3-10秒1。まさに緩みない流れです。3ハロンが32秒1。いつもの年と同じようなペース。ラブカンプーの直後の内にレジーナフォルテ。それに内から並ぼうとするアクティブミノル。外から懸命に追走するレッドラウダ。

またラブカンプーを外から追う形でペイシャフェリシタ、その背後にナインテイルズ。その後ろで余裕綽々のダイメイプリンセス。どこを割って入ろうか、と鞍上の秋山騎手。

その後ろにラインスピリット。さらに後方には末脚に賭けるカラクレナイに、クラウンアイリスと出遅れたベストマッチョ。

ラスト100m。先頭のラブカンプーを後続は必死に追いかけます。懸命に馬体を併せようとするレジーナフォンテン。外からジワジワとナインテイルズが肉迫。内のアクティブミノルは後退。 そのときでした。ゴーサインが出たダイメイプリンセスが仕掛けて、前を行くレジーナフォンテンと、その外のラブカンプーの間を突き進んできました。勢いは完全にダイメイプリンセス。逃げるラブカンプーを捉えて一気に抜け出すと、そのままの脚勢でゴールへまっしぐら。53秒8、ラスト31秒8。圧巻のパフォーマンスでした。 2着は逃げ粘ったラブカンプー。そして自己主張するかのように末脚に磨きかけていたナインテイルズが、レジ-ナフォルテを捉えて3着でゴールイン。

ラインスピリットが5着に入り、3番人気のペイシャフェリシタはジリ貧で11着に後退。カラクレナイが内から差を詰めて6着。 私が注目していたベストマッチョ。確かに初芝という不利はありましたが、スタートで出遅れて最後方。そこから大野騎手が慌てて追うと、バランスを崩しフォームがバラバラ。ダートで32秒台のダッシュ力を持つ馬。こう言うこともあるかな、と考えていましたが、あまりにも不甲斐ない内容でした。

優勝したダイメイプリンセス。これで新潟1000mは3戦3勝。秋のスプリンターズSに駒を進めて来ると思われますが、きゅう舎では1000mがベスト。1200mは少し長いとコメントします。いずれにしてもスプリンターズSが見物です。

あ~あ、やっちゃったー、真っ直ぐ走らせようよ!!

夏の中京競馬、最大の呼び物「中京記念」は、1番人気に推されたグレーターロンドンが、大外一気の見事な豪脚でゴボウ抜き。待望の重賞初制覇。それも1分32秒3のレコード勝ちで花を添えました。

真夏のハンデ戦で、傾向は波乱含みの様相。馬場のインサイド寄りは芝が剥げてボコボコしたコンディション。

そんな中で、中京記念はスタートを切られました。内からアメリカズカップ、マイネルアウラートが前に出て行きます。ダッシュが鈍かった連覇を狙う2番人気ウインガニオンが、外から津村騎手がしごいて先頭に立ちました。

内の2頭が早く仕掛けて出たぶんペースがグンと上がります。前半3ハロンが33秒8、半マイルが45秒3。

 これらの動きを見ながらロジクライの浜中騎手は、少し離れた4番手を確保。グレーターロンドンは中団の後ろをキープ。その後方に4番人気リライアブルエース。ワントゥワン、ガリバルディは最後方。

4コーナーを先頭でまわったウインガニオンは、馬場中央に進路を取り、その内側にマイネルアウラートが必死に食らいつきます。ポッカリあいたインサイドからアメリカズカップ。一気に仕掛けて先頭に立ちかけます。 ウインガニオンの直後に迫っていたロジクライが、前を行くウインガニオンの外に出すものと見ていると、なんと急激に内側に斜行。たまたま直後に他の馬がいなかったのですが、浜中騎手は持ち替えて左ステッキで矯正せず、右ステッキを入れたために、ボコボコ馬場の内側に突入。前にはマイネルアウラートと外のウインガニオン。仕方なくこの厳しい間をこじ開けるようにして割って入ります。そのときにマイネルアウラートと接触したように見えました。

それでもラスト100mで先頭に立ったロジクライ。ところが後方で末脚を温存していたグレーターロンドンが、満を持して直線大外からグングンと肉迫。フロンティアもそこにいます。

ゴール前でロジクライを捉えたグレーターロンドンが優勝。しぶとく馬体を並べていたロジクライが2着。一旦、3番手に外から伸びて来たフロンティアを、寸前で大外から鋭く迫ったリライアブルエースがクビ差先着し3着。

デムーロ騎手の3番人気ワントゥワンが5着。アメリカズカップが6着でした。一方、連覇を狙って逃げたウインガニオンは8着に撃沈。

1分32秒3のレコード決着。ラスト3ハロンが35秒3。明らかに先行した馬にとっては厳しい展開となりました。持ち味をフルに生かした田辺騎手のグレーターロンドン。ベストの距離で、すべてが理想的に運びました。この決め手は今年の秋の中距離路線で楽しみです。 一方、惜しくも2着に敗れたロジクライ。私はまず負けられないとの思いで◎をうちましたが、直線ですぐ前にいるウインガニオンの外に並びかけるものと考えていたら、気性なのか内に大きく切れ込むロス。しかも避けたかったインサイドの馬場寄り。そんな状況下で、何故、浜中騎手は右ステッキから左に持ち替えて、矯正しなかったのか、まったく解せません。

真っ直ぐウインガニオンの外に出していれば、着差から逆転していた可能性があったと思います。そういう意味でも残念な一戦でした。