fbpx

内か外か!? 判断ミスが大きく左右した結末!!

  8月最後の日曜日。札幌では恒例の6ハロン戦「キーンランドカップ」が行われました。今年の札幌は中間の降雨の影響もあって、芝1200mとはいえポジション、コース取りが大きく影響したように思われます。

  1番人気で大外枠の3歳馬トウシンマカオは、川田騎手が騎乗と言うこともあって、多くの支持を集めました。連勝中のウインマーベルが2番人気。抜群の手堅さを見せている短距離巧者ジュビリーヘッドが3番人気。4番人気のヴァトレニ、切れ者エイティーンガールが5番人気と続きました。

  オパールシャルムがジワジワと主導権。これに外からレイハリア。そして内からヴァトレニが続きます。これらを見ながらウインマーベル。この後ろがジュビリーヘッド。外からトウシンマカオ。スタートで後手を踏んだヴェントヴォーチェは後方でインピッタリ。同じような位置に好スタートから下げたメイショウミモザ。そしてエイティーンガールもいます。

前半の3ハロンが34秒5。馬場コンディションもありますが思ったよりも逃げ馬が一息入れたようなペース。

  3コーナー手前で内から動いたのがヴァトレニ。強気に先頭に立ちます。オパールシャルムが2番手。先頭から最後尾まで一塊、ダンゴの展開。従って外々をまわる馬も多く見られました。

逆にインをピッタリと出遅れたルメール騎手のヴェントヴォーチェは、無理なく最短の距離を走ります。

そして4コーナーでは内をピッタリに逃げるヴァトレニ。そして好位からウインマーベルが仕掛けます。一団の後続は4コーナーで外に大きく膨れます。大外に大きく膨れたメイショウミモザは致命的な不利。

  ポッカリと開いた内からヴェントヴォーチェがスルスルと上昇。懸命に頑張るヴァトレニ。2番手のウインマーベルに内から迫るヴェントヴォーチェ。3番手以下が離れます。

3頭の激しい叩き合いはゴール前で真ん中から抜け出したヴェントヴォーチェが優勝。初重賞制覇となりました。ウインマーベルが半馬身遅れて2着。同じく半馬身差でヴァトレニ。外から伸びたトウシンマカオ、粘ったオパールシャルムと続きました。

後方待機組は厳しい展開の中で、直線大外から鋭い脚を見せたエイティーンガールが6着。ジュビリーヘッドは中団で伸びを欠いて7着。メイショウミモザは折角、好スタートを決めながら後方に下げる消極策。終始外々を走らされて、4コーナーでは外ラチ沿いに振り回される致命的なロス。期待しいていただけに騎乗方法も含めてガッカリでした。

逆に、出遅れても見事なプレーを見せたルメール騎手。今年は海外騎乗が多く、騎乗機会が減りましたが、さすがの好判断です。見事な重賞2勝目でした。

ハイペースの極端なパワフルコンディションは強かった!!

ゴール前は激しい2頭のデッドヒート。懸命に逃げ粘らんとするパンサラッサ(2番人気)に、外から並びかけたジャックドール(3番人気)がクビ差捉えて優勝。

58回目の注目のGⅡ「札幌記念」は、昨年の覇者ソダシ(1番人気)が今年も参戦。中間の降雨が大きなカギとなりました。良馬場発表でしたが水分を含んだ洋芝独特のパワフルさを要求されたコンディション。

そして、絶対的な逃げ馬のパンサラッサに、同型のジャックドール、そしてユニコーンライオン。これを見据えたうえで展開するソダシ。これはどう見てもスローにはならない、緩みのないペースになるだろうと私は推察。

スタートと同時に飛び出したユニコーンライオン。逆にダッシュが鈍いパンサラッサ。それでもパンサラッサは3番枠とあって、吉田豊騎手が強引にしごきなら主導権にこだわります。これにピタリとついたユニコーンライオン。そしてジャックドールが3番手の外を追走。内にはウインマリリン(5番人気)。ソダシはその直後で展開。

中団にアラタと4番人気のグローリーヴェイズ。ユーバーレーベンとハヤヤッコが後方で待機策。

前半の5ハロン通過が59秒5。馬場状態を考慮するとハイペースで展開します。結果的に後半の5ハロンは61秒7も要しました。

縦に長い展開。4コーナーで先頭のパンサラッサに、外からジャックドールが迫って並びかけようとしてきます。その背後にソダシ。その内にウインマリリン。ユニコーンライオンはここでいっぱい。そこへ外からアラタが接近。グローリーヴェイズはその後ろ。

内のパンサラッサが最後の力を振り絞って頑張ります。ジャックドールが並んで藤岡祐騎手がステッキ。後続が離れます。3番手はウインマリリン。

パンサラッサかジャックドールか。激しい叩き合いは追う強みでジャックドールに軍配。クビ差でした。しぶとくウインマリリンが3着。アラタ、ソダシと続き後方待機組はなすすべなく敗退。

勝ち時計が2分1秒2で、ラスト3ハロンが37秒7。昨年のソダシが1分59秒5でラストが35秒4。良馬場発表でも今年は2秒も遅いタイム。ちなみに一昨年のノームコアが1分59秒4でラストが35秒2。

この異常に時計を要するコンディションが、結果的に大きなウエイトを占めていたような気がします。ソダシはスタミナを要するコンディションで、この距離はどうも厳しいようです。

同様に6着だったグローリーヴェイズ。ユーバーレーベン(11着)も同様な印象を受けました。ハヤヤッコは池添騎手によると函館記念の疲労が残っていたようです。無念の10着でした。