fbpx

今年も北の地、札幌から始まった白馬伝説!!

北の地にキラキラ輝く馬体の雄姿が踊りました。まさにスーパーアイドルのパフォーマンスを披露。その姿に歓喜する多くのファンがいました。

秋のGI戦線に大きなターニングポイントとなる伝統の「札幌記念」。今年も4頭のGI馬が参戦。さすが伝統の一戦となりました。

  1番人気は2年前のオークスを制し、前走は香港のGIクイーンエリザベスⅡ世Cを制したラヴズオンリーユー。

今年の桜花賞馬でGI2勝のソダシが2番人気。有馬記念を制した実績を持つブラストワンピースが3番人気で続きました。

  外枠から抜群のスタートを決めたソダシ。内からトーラスジェミニが果敢に先手を主張。これを許容してソダシが2番手に控えます。内からステイフーリッシュ、そしてウインキートス。これに昨年の札幌記念で2着だったGI馬ペルシアンナイトが好位をキープ。ラヴズオンリーユーが中団に控える形。後方にブラストワンピースとユーキャンスマイル。

そして、それは突然でした。3コーナー手前からブラストワンピースが、外からまくる形で一気にスパート。そのまま呑み込むかのような勢いでしたが、これを見たソダシの吉田隼騎手の手が動いて、逃げるトーラスジェミニに変わって先頭に立ちます。2番手にブラストワンピース。これらの動きを背後で見ていたペルシアンナイトが3番手に浮上。

ラヴズオンリーユーは中団でサトノセシルと接触するアクシデント。そのため仕掛けが遅れます。

ソダシが直線で後続を振り切りにかかると、ペルシアンナイトがジワジワと迫ってきました。その時、外に出したラヴズオンリーユーがグイグイ伸びて肉薄。逃げるソダシに鋭く詰め寄るペルシアンナイトと、外のラヴズオンリーユー。

それでもソダシがからくも押し切って見事な優勝。外から強襲したラヴズオンリーユーが2着。その後にペルシアンナイト。見せ場を作ったブラストワンピースが5着。注目していたユーキャンスマイルが6着で続きました。

ソダシにとって札幌2歳S優勝以来の札幌の地。オークスの悔しい敗戦から見事な復活優勝劇。白い馬体は益々輝きを増して、その存在をアピールするようでした。

レース後のコメントで、吉田隼人騎手は来るべき秋の秋華賞に思いを馳せていました。そして今年も札幌から始まる「白馬伝説」です。

先日は大台の1000勝!そして今年初重賞勝ち!!

  夏の新潟の名物レース「関屋記念」で、トップジョッキーとしての誇り1000勝をゲットした田辺裕信騎手。この日は4番人気のロータスランドに騎乗。2番手追走から直線先頭に立つと、そのままの勢いで後続を突き放しました。これが田辺騎手にとり今年初めての嬉しい重賞制覇。

  ロータスランドは抜群のスタートを決めて先頭。外からマイスタイルが来ると、サッと2番手に控えます。ピッタリと経済コースを選択。

「本当は馬場のいい外に出したかったのですが、内にモタれる癖があると聞いていたので、ラチ沿いを走らせました。このことが結果的にうまくいきましたね」と、田辺騎手がレース後にコメント。

ラスト200m手前でマイスタイルを内から捉えて先頭に立つと、そのまま後続を圧倒。これで10戦5勝。4歳馬ということもあり、この秋の飛躍が大いに期待されるところです。

秋のGI獲りが期待されるソングライン。この日は圧倒的な1番人気。ところがスタート直後に寄られて位置取りが悪くなり中団に控えます。ところが、その外にカラテがいて内のソングラインにプレッシャー。

このポジションの差がが結果的にソングラインの持ち味が封殺された形となりました。直線で外のカラテと一緒になって追い込んで来ましたが、そのカラテにクビ差し込まれて3着。何かもったいない不完全燃焼だったような気がします。   一方で、この日中団の馬込みからゴール前で伸びて来たグランデマーレ。粘るマイスタイルに半馬身差まで詰め寄り5着。最速のラスト33秒8の末脚で迫りながら、惜しい一線でした。

総じてこの日は、後方待機組には厳しい展開になったような気がします。そんな関屋記念だったように思います。