それは20年目のドラマ、父よ、父よ、見てくれたか!!

騎乗者は何度も何度も人目をはばからず涙を拭っていました。それは、彼が20年目にして、積年の思いが滝のように流れだした一瞬でした。

クラシック最高峰の日本ダービーは、一転して好位をキープした5番人気のワグネリアン。二枚腰を見せるエポカドーロをゴール寸前で捉えて優勝。福永祐一騎手にとっては、初めての日本ダービー制覇でした。

皐月賞で逃げまくったアイトーンがダービーに出走できず、強力な逃げ馬が不在。そこで「作戦通り」と言う戸崎騎手のエポカドーロが躊躇なく主導権。と、大外から仕掛けるように前に行く馬、それがワグネリアンでした。「この外枠でしたから、いつものように乗っているとポジションが悪くなるので、引っ掛かる恐れがありましたが、思い切ってあの位置を取りに行きました」と福永騎手。

1988年、この年はスペシャルウィークに次いで2番人気に推されたキングヘイロー。騎乗者はスペシャルウィークが武豊騎手。そしてキングヘイローは若き福永騎手。ところが福永騎手は本馬場に向かうときに極度の緊張感からか顔面蒼白。

皐月賞でセイウンスカイの2着。スペシャルウィークに先着。そして、スペシャルウィークに次ぐ2番人気に期待されたダービーでした。

ところが、大きく歯車が狂ってしまいキングヘイローは、まさに引っ掛かるように先頭に立ち、最後はスタミナを使い切ったようにバタバタでスペシャルウィークの14着。

「僕自身が若かったです」と後悔。この思いが長い間、福永騎手にはトラウマを背負っていたかように、重くのしかかっていたのです。

そんな思いを頭の中をかすめながら、今年のダービーはコズミックアースの外、5番手位置をキープ。前半の1000mを60秒8。半分の1200m通過が1分13秒1。予想通り明らかにスローで展開します。 快調に逃げるエポカドーロ。直後のインに1番人気のダノンプレミアム。外にジェネラーレウーノ。コズミックフォースも同じ位置の外。スタートで後手を踏んだブラストワンピースが好位に押し上げて来ました。この背後にワグネリアン。そのあとにゴーフォザサミット。そしてタイムフライヤー、サンリヴァル。少し離れてステイフーリッシュとジャンダルム。後方にエタリオウ、オウケンムーン、ステルヴィオ。グレイルはどうしたのかここまで下がりました。

エポカドーロを先頭に外からコズミックフォース、内からダノンプレミアム。そして外から追いついて来たワグネリアン。その背後にブラストワンピース。

ラスト100mで二枚腰を見せるエポカドーロ。外から襲い掛かるワグネリアン。追う者と追われる者。ゴール寸前でワグネリアンがエポカドーロを捉えてゴールイン。半馬身差でした。2着が粘ったエポカドーロ。しぶとく並びかけて来たコズミックフォースが3着。一番外から追い込んで来たエタリオウ、その内にブラストワンピース。ダノンプレミアムも内で食い下がっていました。

ゴール通過したあとダノンプレミアムの川田騎手が、福永騎手に寄り添って祝福します。1着のワグネリアンから6着ダノンプレミアムまで、僅か0秒2差のドラマでした。

強い!1番人気アーモンドアイ圧巻の2馬身差の独壇場!!

1番人気に推された桜花賞馬アーモンドアイが、ゴール前で突き抜けました。2冠目がかかった優駿牝馬「オークス」は、単勝1.7倍のアーモンドアイが圧倒的な強さで優勝。牝馬3冠目、秋の秋華賞に王手をかけました。

これまでとは違い五分のスタートを決めたアーモンドアイ。中団の外目に付けて前を行く有力馬を射程圏。いつでもスパートを決められる位置取りで、直線ラスト400mでは抜群の手応えから4番手。その内には2番人気のラッキーライラック。すでにこれより前に出ます。

2番手に進出したリリーノーブルを相手と見たルメール騎手のアーモンドアイ。ゴール前ラスト200mで外から先頭に立つアーモンドアイ。懸命に抵抗するリリーノーブル。勢いは断然アーモンドアイ。内からなんとか先行馬を捉えて上がって来たラッキーライラックは少し置かれ気味。

ラスト11秒1-11秒6の流れの中で、ラスト最速の33秒2で圧勝を決めたアーモンドアイ。2着のリリーノーブルに2馬身差のワンサイド勝ち。2分23秒8は6年前のジェンティルドンナが叩き出した2分23秒6に匹敵するような好タイム。

レース後「ポテンシャルの高い馬なので、海外でも十分期待が持てる馬です」と、早くもルメール騎手が断言。 トリプルクラウンの3冠「秋華賞」か、それとも日本馬未到達の頂上を目指すか凱旋門賞。なんとも悩ましいところです。

オークスは予想通り、ただ逃げるのみのサヤカチャンが主導権を主張。その勢いで後続をグングン引き離して行きます。抜群のスタート切ったリリーノーブルが2番手。その外からランドネ。そして折り合いに重点を置いたラッキーライラックがリリーノーブルの後ろをキープ。外にはカンタービレ。直後にレッドサクヤとアーモンドアイがこの位置です。

背後にマウレア。それを見るように3番人気のサトノワルキューレ。内のオールフォーラヴと並んでいます。 離して逃げたサヤカチャンが前半の5ハロンが59秒6。2番手以下は離された形。3番手のリリーノーブルが、おそらく前半61秒台。高速馬場コンディション。サヤカチャン以外はスローペース。

4コーナーを先頭でまわったサヤカチャン。直線に入るとギブアップ。2番手のランドネも息切れ気味。 変わって先頭に立った川田騎手のリリーノーブルでしたが、ピッタリと背後に肉迫してきたアーモンドアイにすかさず馬体を併せられて2着まで。ラッキーライラックが内に入って来ましたが脚色の差は歴然。レッドサクヤ、マウレアに詰め寄られました。上位4頭はいずれもラスト33秒台。位置取りと決め手の差が大きく出た印象があります。

当初、私はトーセンブレスに◎のつもりで絞って原稿等を書き上げていました。ところが、日曜日の出馬登録がすみ、1レースから各枠順が発表されましたが、ところが、その後に突然、トーセンブレスの出走回避が伝えられました。挫跖だそうです。当日は新潟でBSNテレビの「ワンダフル競馬」の実況中継があり、レギュラー解説で出演している私も、予想の組み直し等で、乗車した新幹線の中から、新潟駅から向かったタクシーと、てんてこまいの状態でした。

結果的には、印の上では〇◎☆でしたから結果オーライと言うことでしたが、こんな心臓に悪いことはノーサンキューです。