衝撃的な結果に溜め息が漏れる弥生賞!!

 それは、まさに事実は小説より奇なりでした。衝撃的な結果となったのが皐月賞トライアル「弥生賞」。同じ舞台、同じ距離で行われる皐月賞に向かって、キーポイントとなる重要な一戦でした。

この日は朝から雨。弥生賞がスタートする頃には、小雨とはいえ芝が跳ね上がるコンディション。キャリアの浅い3歳馬にとっては、未知なる部分が多く伏兵の台頭が大いに考えられました。

そんな中で2番人気に推されたのがラストドラフト。デビュー戦を制し、続く京成杯では、2番手から圧勝。京成杯で◎だった私も大いに溜飲を下げたものです。2戦2勝、ラストドラフトにとっては、3連勝で皐月賞に直行したかったはずです。   この日は、ルメール騎手が負傷で田辺騎手が急遽ピンチヒッター。1番枠から抜群のスタートを決めました。先手を主張するような馬が見あたらず成り行きで先頭。内から3番人気のカントル。外にヴァンケドミンゴで、ニシノデイジー(1番人気)と、ナイママがこれを追う形。その後ろに内からサトノラディウス、この外に併せたメイショウテンゲン。少し離れてブレイキングドーン。またスタートで寄られて出遅れる形となった私の◎シュヴァルツリーゼ(6番人気)が続きます。 スンナリと主導権を取ったラストドラフトでしたが、背後の馬たちもピッタリとマーク。各馬一団の展開となりました。キャリア1戦のラストドラフト。さすがに気負いながらの走りでプレッシャーを受けます。

3コーナー過ぎるとラストドラフトの直後にヴァンケドミンゴ、ナイママ。背後にカントルとニシノデイジー、外にメイショウテンゲンも接近。

そして4コーナーで内からカントルとニシノデイジー。その外にラストドラフト。そしてナイママの外からメイショウテンゲンが、横並びに並んで来ました。内外に大きく開く横並び。そしてコーナーで外からブレイキングドーン。その外に並びかけようとしたシュヴァルツリーゼ。内からブレイキングドーンが急に外側に寄って来たので、驚いたように外に逃げる格好を見せたシュヴァルツリーゼ。手痛い不利でした。

そして直線の叩き合い。内のカントル、ニシノデイジーの外からサッーとメイショウテンゲン。それを追ってブレイキングドーン。その外からパワフルな足取りでシュヴァルツリーゼが強襲。

結果は優勝メイショウテンゲン。2着にシュヴァルツリーゼ。3着はブレイキングドーン。1番人気のニシノデイジーが4着。ラストドラフトは7着に沈みました。

とはいえ、重馬場と言うことがあっても凌ぎ切ったメイショウテンゲン。前走のきさらぎ賞5着からの大変身劇。4戦目で未勝利勝ち。2戦2勝で重賞を制しているラストドラフト(7着)に比較した場合、やはり明らかにポテンシャルの違いがあったように思いますが、弥生賞では真逆な結果。

雨がもたらした結末か、それとも能力か?3連単45万7370円也。事実は小説より奇なりなのであります。

冬期に強いのか、それとも本格化か!WブライトV2!!

中山金杯を制したウインブライトが注目の「中山記念」を昨年に続き制しました。今年は1番人気ディアドラを筆頭に、人気順にステルヴィオ、エポカドーロ、スワーヴリチャード、ラッキーライラック(6番人気)と、GI馬が5頭も揃い踏み。昨年を数段上回るレベルの高い中山記念となりました。

私は連闘で出走して来た逃げるマルターズアポジーが大きなカギになると推測。強力な同型が不在。間違いなくマルターズのペース。内回りの芝1800m。マルターズの直後で展開する馬が有利と見て、桜花賞でアーモンドアイの2着の実績を持つラッキーライラックに◎を打ちました。

それはまさに思い浮かべたような展開でした。ただ、主導権を取るとマルターズアポジーが、我れ関せずとばかり3馬身、4馬身と後続を引き離して逃げます。2番手の先頭に立っているラッキーライラック。そこから4馬身くらい離れてエポカドーロ。そこから2馬身くらいでウインブライト。また離れてステルヴィオ。それをマークするようにスワーヴリチャードとディアドラ。前半5ハロンが58秒2。緩みないペースです。

ところが、2番手のラッキーライラックが早めに動きました。3コーナー過ぎのことです。離して逃げるマルターズアポジーを捉まえに出ました。4コーナーをまわりマルターズアポジーに並びかけに出ます。それを見て後続も仕掛けて前を追います。エポカドーロの外からウインブライト。内を通りスワーヴリチャード。ステルヴィオはウインブライトの直後に接近。このときディアドラは一緒に反応できません。

直線一気に先頭に立って大きなストライドでラストスパートをかけるラッキーライラック。接近して来るエポカドーロと外からウインブライト。またその外にステルヴィオ。内からスワーヴリチャードが接近。

ゴールはもう目前。先頭のラッキーライラックに、馬体を併せようとするウインブライト。外にはステルヴィオ。

寸前でウインブライトの脚が勝り、ラッキーライラックにクビ差先着。アタマ差まで肉迫したのがステルヴィオ。3頭から少し遅れてスワーヴリチャードとエポカドーロ。そして1番人気のディアドラはエポカドーロから2馬身離れた6着。

有力馬は休養明け、勝者ウインブライトは中山金杯から直行。順調さ、冬季に強いことはあったにしても、ゴール前の切れ味は中山金杯の時と同様に、間違いなく本格化の証しと見ています。このあとGI大阪杯、宝塚記念のステップが考えられますが、充実のステイゴールド産駒。春の古馬中距離戦線が大いに楽しみです。

また敗れたとは言え、2着のラッキーライラック。12k増で臨んだステルヴィオ。同様に14k増だったスワーヴリチャード。6k増のエポカドーロ。これらはステップレースの一戦としては、収穫のある中山記念だったと思います。

一方で、ルメール騎手が騎乗し6着のディアドラは展開、流れが向かなかったのか微妙な結果となりました。