fbpx

マイルGI2連覇!師匠に届け渾身のクビ差!!

「具合が凄く良かったので、自信を持って臨みました」と、ダノンスコーピオン(4番人気)の川田将雅騎手は、レース後、そう開口一番答えました。

3歳馬によるマイル王の決定戦「NHKマイルカップ」。緑の芝が眩しい東京競馬場で行われました。

  4戦3勝、朝日杯FS2着のセリフォスが1番人気。インダストリア、マテンロウオリオン、そしてダノンスコーピオンと続く人気。それぞれが接近した人気で、拮抗した結末が予想されました。

スタートで逃げると思われたジャングロが大きく後手。これが予期せぬことだったのか、先行勢は予定が狂ったようで、流れが俄然速くなったのです。

トウシンマカオが主導権。これを内からキングエルメス、外からオタルエバー等が、せっつくように急追します。セリフォスもインをピッタリに好位をキープ。

そして、中団の外にダノンスコーピオンが抜群の手応えで待機。これをマークするようにインダストリア。後方にはアルーリングウェイ、プルパレイ、カワキタレブリー。その背後のマテンロウオリオンはいつもの定位置。そしてジャングロが最後方。

前半の3ハロンが34秒1、半マイルは45秒6、5ハロン通過が57秒4。緩みのない展開で流れて行きます。

  直線に入るとコースの内側を開けて先頭で頑張るトウシンマカオ。ラチ沿いにしぶとくセリフォス。そして、外側から待っていたかのようにダノンスコーピオン。また、大外から最後方にいたマテンロウオリオン。その内から同じように鋭く伸びる18番人気のカワキタレブリー。

そして、勝負を懸けて外から先頭に躍り出たダノンスコーピオン。そこへマテンロウオリオンが最速のラスト33秒5の破壊力で強襲。結局、マテンロウオリオンは惜しくもクビ差2着。

同じように追い込んだカワキタレブリー惜しいクビ差3着。内で粘ったセリフォスが4着。インダストリアはクビ差5着。

勝ちタイムが1分32秒3、ラスト34秒3。マイルの適応力をフルに見せつけたダノンスコーピオン。

「こんな素晴らしい馬に乗せて頂いて、感謝しかありません」と、師匠の安田隆行調教師に敬意を払う川田騎手。桜花賞に続くGI制覇となりました。

歴史的な独走劇!親子3代制覇と記録ずくめの天皇賞・春!!

   それは3200mの独り舞台でした。数々の名シーンを繰り広げて来た長距離の頂点、第165回「天皇賞」の陣。今年も京都ではなく阪神が舞台。

  スタートと同時に外枠から真一文字に飛び出したタイトルホルダー(2番人気)。昨年の菊花賞で5馬身差の独走。そのスタミナは現役、古馬陣の中では屈指の存在。

横山和騎手は引き付けた逃げではなく、あくまでもタイトルホルダーのペースを重視。2番手のクレッシェンドラヴ以下に5、6馬身くらいの差をつけて一人旅。前半の5ハロンを60秒5(稍重馬場)。早めのペースでポンポンと快調に飛ばします。

スタートで落馬したカラ馬のシルヴァーソニックが2番手争いに絡んできます。タガノディアマンテ、4番人気のテーオーロイヤル。そこには1番人気のディープボンドもいます。それをマークする形で3番人気のアイアンバローズ、ヒートオンビート。後方にはマカオンドールと最後方にディバインフォースが展開。

2週目の3コーナーで後続を大きく離していたタイトルホルダー。ここで一息入れさせて後続を引き付けます。ここだとばかりテーオーロイヤルが一気に仕掛けて先頭のタイトルホルダーに迫ります。ここで遅れてはなるまいと、ディープボンドの和田竜騎手がステッキを入れて懸命に前を追います。他の馬はここで大きく取り残されてしまいます。

ところが、後続が接近したのをゴーサインに、ここからタイトルホルダーの真骨頂。なんとなんとグンと最加速。追いついて来た2頭を逆に突き放すスタミナ。最速のラスト36秒4!ゴール前でテーオーロイヤルを捉えたディープボンドに7馬身差。圧倒的なワンマンショー。

思えば平成16年、イングランディーレが春の天皇賞で7馬身差の独走を演じたときと同じ圧倒的な結末。当時の騎乗者は奇しくも父の横山典騎手。そして春の天皇賞を親子3代に渡る記念すべき制覇。実に見事でした。

昨年に続き2着だった1番人気のディープボンド。和田竜騎手はこう振り返ります。「勝った馬にあんな走りをされたら、もうどうしようもないです」と完全に脱帽。

「秋は凱旋門賞だろう!」とニュースが流れるほど、圧倒的な内容のタイトルホルダーの独走劇でした。