玉砕的なペースでレコード勝ち!予想を超えるサプライズ!!

場内をアッと言わせた「京成杯オータムH」。そのアッと言わせた主人公が、横山典騎手が騎乗したトロワゼトワル(4番人気)。強力な逃げ馬を欠いていたことから、意表をついてトロワゼトワルが主導権。他が追いかけて来ないことを分かっているかのように、2ハロン目から10秒6-10秒4-10秒9。別次元の逃走劇。まるで6ハロン戦のような大逃げに打って出ます。

前半3ハロンが33秒3。半マイルが44秒2で、1000m通過が55秒4。そして1200m通過が1分6秒8。まさに信じられない玉砕的なペース。当然、これについて行くような馬がいません。2番手追走のプールヴィルと大きく水が開きます。おそらく3コーナーでは10馬身以上もあったでしょうか。

この日の1番人気のグルーヴィットは好位置5番手をキープ。その前には内から2番枠のジャンダルム、そしてディメンシオン。その直後にグルーヴィットとハーレムライン。

中団のインに発馬が一息だったクリノガウディー。そしてカルヴァリオ、キャプテンベリーも中団に待機策。ストーミーシー、プロディガルサン、ロードクエストは例によって後方で末脚を温存。

玉砕的とも思える一方的な逃げで、後続を幻惑させたトロワゼトワル。4コーナーに入ってからも前半の大きなセフティーリードの勢いを保ったままでしたが、さすがに中山名物の急坂を前にして、これは引き下がるだろう、と見ていたら、なんとここからがトロワゼトワルの信じられない二枚腰。追いすがる後続馬を尻目に堂々3馬身半差のワンサイドの独走。そして1分30秒3の圧巻のレコード勝ち。

前半の半マイルが44秒2に対して、後半の半マイルは46秒1。さすがに後半は応えたようですが、それにしても3馬身半差のレコード勝ち。大したものです。

「こんな馬場を考えれば決して速くないんです」と騎乗した横山典騎手。馬場とメンバーを読んだ好騎乗でした。

2着に3番手を追走したディメンシオン。クビ差で同じく3番手をキープしたジャンダルムが3着。まさに高速決着の前残り競馬でした。

1番人気のグルーヴィットは5番手を追走したものの直線で息切れして失速。11着と敗退。前走の中京記念では雨の中の優勝。時計を要する馬場で持ち味をフルに生かせたようでしたが、高速決着の馬場は不向きなようです。

同様に中京記念2着のクリノガウディー。朝日杯FS2着の実績馬で、私も期待していたのですが、スタートで、やや後手にまわり中団のインで待機。終始前がカベになり、4コーナー手前で外に出すことが出来たもののここでもスムーズさを欠いて7着まで。とはいえ2着馬と0秒3差と僅か。不完全燃焼だったことから次走は目を離せません。

クラシック3着の格が、役者が違うと競り勝つ!!

   夏の新潟競馬のフィナーレを飾る伝統の「新潟記念」。お蔭様で◎〇で射止めることが出来ました。

優勝したユーキャンスマイルは、昨年の菊花賞でフィエールマン、エタリオウに続く3着。大外から伸びて来たブラストワンピースを凌ぐ末脚で3着に食い込んだのです。この強豪相手の菊花賞で、互角に近い内容を見せたユーキャンスマイル。そのポテンシャルの高さを、私は素直に評価しました。

格落ちした相手に57kのハンデであれば負けられないだろう。よしんば敗れたにしても未知の魅力と進境著しいジナンボー以外には負けられない!私には自信に近いものがありました。 確かに秋競馬に向かう上で、春の天皇賞以来の実戦。久しぶりの2000m。課題があったとはいえ、役者が一枚も二枚も上と見ているユーキャンスマイル。坂路で入念に乗り込み、友道師も「坂路で以前よりも真っ直ぐ走っていた。力強さが増したと思う」とコメント。そして左回りで2戦2勝の実績。

  顔ぶれから間違いなくブラックスピネルの単騎逃げ。競り込むような馬はいない、と考えてスローと推測。ところが、捨て身に出たのかクラウンディバイダが掛り気味にブラックスピネルに並びかけようとしてきます。これにクリンチャーも迫って、前半5ハロンが58秒6。予想したよりも速い流れになってしまいました。

しかも、インサイドがボコボコして来たので、各馬も意識的に接近した展開。好位にセンテリュオとジナンボー。これらの動きを見ながら中団で末脚を温存する1番人気、ルメール騎手のレイエンダ。それをマークするフランツと、そしてダイワキャグニー。そのインにはサトノキングダム。

後方グループの先頭にユーキャンスマイル。インにアクートでカヴァル、ショウナンバッハ。そして出遅れたカデナという展開。 4コーナーを先頭でまわり、直線は馬場中央に進路を取るブラックスピネル。1頭だけインサイドを狙うクラウンディバイダ。

  後方から4コーナーで中団に進出したユーキャンスマイルは、馬場の内側を選択すると抜群の手応えで内から逃げるブラックスピネルに接近。そして外からジナンボー。レイエンダは中団から好位に上がったところでギブアップ状態。

ラスト200mでブラックスピネルに内から並びかけたユーキャンスマイルが、一気に抜け出しました。それを外で満を持していたジナンボーが猛然と接近。同じオーナーの勝負服がデッドヒート。

それでも地力の違いでユーキャンスマイルが、クビ差ジナンボーを振り切り優勝。そして外から伸びて来たカデナが、ブラックスピネルを半馬身捉えて3着。内からしぶとく伸びたフランツが5着。

1番人気のレイエンダは10着に敗退。いつもスローの競馬に慣れていた馬で、今回のような緩急の対応を要求される競馬は向いていないのかも知れません。 余談ですが、もし、ブラックスピネルが3着に頑張ると、3連単が23万8870円。3連複でも4万8200円!惜しかったですが、それでも馬単8450円、馬連4580円は、◎〇で予想した者にとって冥利につきます。