先手を主張!後続を黙らせた見事な武豊Jの秘策!

それは芸術的な戦法でした。単勝2.6倍に推された1番人気のインティ。まわりを見ながら主導権を主張したインティの武豊騎手。さすがこの戦法で向かってくる敵を黙らせることに成功したのです。

  今年最初のGI「フェブラリーステークス」は、過去3年のフェブラリーSの覇者が3頭も揃い踏み。豪華版の一戦となりました。

人気の中心は無敵の快進撃を続けているインティ。そして、一昨年の優勝馬ゴールドドリームが2番人気。昨年の覇者ノンコノユメは意外にも7番人気。3年前の勝ち馬モーニンも案外で9番人気。

実は今年のフェブラリーSは、ある意味で競馬界に一石を投じる一戦でした。それはコパノキッキング(4番人気)に騎乗した藤田菜七子騎手。女性騎手としてGI騎乗はJRA史上初めてのケース。

競馬社会は以前から男社会。まして重賞のみならずGIともなると、分厚い鉄の壁が前を大きく遮っていたように思います。

そこへ風穴を開けるべく連勝中の勢いを見せているDrコパさんの持ち馬コパノキッキングに騎乗できるチャンスを得たのです。

「騎手としてデビューしたときからGIレースに騎乗することが夢でした。オーナーのコパさん、村山先生、そしてスタッフの方に感謝しております」と、藤田菜七子騎手。

1番人気の武豊騎手も「彼女だけには負けたくないなぁ~」と苦笑い。

 いろいろと思いが交差する中で、ゲートが開きました。いきなり出遅れたノンコノユメ。スタートが良かったサンライズソアが先頭に出ましたが、その内からインティが先手を主張。それを確認した田辺騎手のサンライズソアが2番手に控えます。何が何でも行きたいとコメントしていたサクセスエナジーもインで、2、3番手を仕方なく追走。

モーニンが前の動きを見ながら好位。そのあとに内からユラノト、それに並びかけようとするゴールドドリーム。中団からオメガパフューム。そして外目をコパノキッキング。出遅れたノンコノユメの内田騎手が仕掛けて中団くらいに上がって来ました。

クインズサターンが最後方でしたが、外に折り合い重視したコパノキッキングが位置を最後方に下げました。

前半3ハロンの入りが35秒8。ここ3年が34秒1、34秒0、34秒1だったことを考えると、かなり遅い流れ。過去10年で一番遅いペース。まさにインティ・武豊騎手の展開でした。

それ来たゾー!松若Jよ、ありがとう(^^)!!

春の古馬GI戦線に向かって重要な一戦「京都記念」。芝2200mの中距離戦。下馬評は割れていましたが、中山金杯で7番人気ながら2着に押し上げた私の大好きなステイフーリッシュが一転、1番人気。そして2番人気が復活を目指すダービー馬のマカヒキ。 宝塚記念3着のノーブルマーズが3番人気。アルゼンチン共和国杯優勝のパフォーマプロミス、GIホープフルS優勝のタイムフライヤーと続きましたが、上から6番人気まで単勝3.4倍から6.3倍の上位拮抗。

そんな中にあって、私は◎がダンビュライト。前走のAJCCでも期待したのですが、直線で伸びを欠き不本意な6着。直線入り口の不利もありましたが、「輸送を考慮して直前の追い切りを控えめにした。今回は中2週ですがビシッと追い切りました」と音無師。

それよりなにより、逃げ馬が見あたらず、先行できるダンビュライトにとっては願ってもない展開になりそうと予想。ひょっとしたら単騎一人旅かもとワクワク。  ところが、それを予測していたのが追い込みのタイムフライヤー陣営。騎乗した和田騎手は外枠から仕掛けて、前に出たダンビュライトの外からスーッと先頭に立ちました。そして、その勢いで2番手のダンビュライト以下を引き離しにかかります。  内にはパフォーマプロミス、外からステイフーリッシュ。直後のインにノーブルマーズ。その背後にハートレーとマカヒキ。

前半の5ハロンが63秒3。まさに超スローの流れです。そして坂を下った3コーナーで、先頭のタイムフライヤーに後続が急接近。そこには典型的な追い込みのブラックバゴが仕掛けて2番手に上がって来ました。パフォーマプロミスと外にダンビュライト。ステイフーリッシュはその真後ろ。外からマカヒキが上昇気配。

4コーナーでは内から外に横並びに広がります。タイムフライヤーにブラックバゴ。その外にダンビュライト。またその外がステイフーリッシュ。内からパフォーマプロミスが伸びて来ます。馬場中央からダンビュライトが抜け出しかけます。そこへステイフーリッシュ。外にマカヒキと一番外がケントオー。

ゴール前で真っ先に飛び込んだのがダンビュライト。ステイフーリッシュがクビ差で2着。同じく外のマカヒキがクビ差で3着。内のパフォーマプロミスもクビ差4着。

ダンビュライトは昨年のAJCC以来の勝ち星。重賞2勝目。鞍上の松若騎手はダンビュライトと3戦3勝。全4勝中3勝が彼の実績なのですから、まさに相性は文句なしにドンピシャ。

 明け5歳馬でもあり、また違ったダンビュライトを今年は大いに期待したものです。まずは若き松若騎手よ、重賞制覇おめでとうございました。