クラシックに飛躍!〇◎で決着した共同通信杯!!

春のクラシックに向かって重要な一戦「共同通信杯」。ゴールドシップ、イスラボニータ。さらにリアルスティール、スワーヴリチャード。昨年はダノンキングリーとクラシックに直結する馬が優勝。

私は好勝負と見た京成杯で惜しくも4着だったビターエンダーに再び◎。ラスト33秒7(稍重)を見せた東京のデビュー戦。ハイレベルの2戦目で圧倒的な強さを見せたのも東京。京成杯の中山から東京に舞台が変われば、一変したレースをきっと見せてくれるはず。まさに捲土重来だと推察しました。

ビターエンダーが内からじんわりと先頭に出ると、並走していたココロノトウダイが引きます。直後のインにエン。その背後には内からシングンバズーカ、それに並ぶ3番人気のダーリントンホール。外にはフィリオアレグロで、1番人気のマイラプソディは直後に控えて折り合いを重視。

4コーナーでインを大きく開けてビターエンダーが先頭。それに内をピッタリとエンが頑張っています。

稍重馬場のコンディションを意識してかビターエンダーの直後で虎視眈眈。勝負に出たダーリントンホール。内から馬体を併せて来ます。

ラスト400mを残して、ここが勝負どころと見たルメール騎手のダーリントンホールが先頭のビターエンダーに並びかけてきました。激しくステッキが飛び交う外ビターエンダー、内のダーリントンホール。まさに一歩も譲らない死闘。後続の3番手以下が離れました。 叩き合いはゴールまで続きピッタリと馬体を併せて並んでゴールイン。結果は頭の上げ下げでハナ差だけダーリントンホールが先着。

後ろを振り返ると4馬身も水が開いてフィリオアレグロが3着。1番人気のマイラプソディは4着。ココロノトウダイが5着でした。

ラスト3ハロンが34秒3。スローで展開したとはいえ道悪の中で、最加速しこの時計は立派です。

私の〇◎で1、2着。馬連2580円。3着は☆印のフィリオアレグロ(2番人気)で3連単1万6600円は美味しい配当でした。

 

コツコツ地力を付けていた馬が初重賞制覇!!

  前日の発売で最低人気。そして当日が1頭前に出て7番人気。クラシックの登竜門として注目の「きさらぎ賞」が京都競馬場で行われました。

芝1800mで8頭立て。その中で圧倒的な支持を受けたアルジャンナ。単勝1.5倍。それもそのはず東スポ杯で、あの大物コントレイルの2着だった逸材。この実績だけでも今回は飛び抜けた存在なのです。

とはいえ11月の東京以来の登板。そして、秋の高速馬場の実績が現在の京都で、そのまま額面通り鵜呑みには出来ないと私は推測。パワーを要求される現在の京都の馬場と、当時のコンディションは雲泥の差。クラシック級の素材かも知れないが、今回のきさらぎ賞は過信するのは禁物だろう、私はそう推察しました。

私の◎はコルテジア。シンザン記念で3着。単勝1.6倍の評判馬ルーツドール、朝日杯FS4着のタガノビューティー、京王杯2歳S3着のヴァルナに先着した実績は、私にはキラリと光りました。

少頭数とあって終始3番手を楽にキープ。そしてアルジャンナは前の4頭を見る形でしたが、3コーナーで前の馬群と離れたポジション。大丈夫か。

直線で逃げるギベルティを2番手から捉えたストーンリッジが先頭に立ちます。その直後にいたコルテジアの松山騎手は、後ろのアルジャンナを見切って仕掛けて出ます。超スローの展開でラスト11秒4-11秒2-11秒5の争い。抜け出したストーンリッジもしぶとい粘り腰。これにゴール前で並びかけたコルテジアが、勝負強さを発揮して抜け出しました。

その時でした。大外から遅まきながら大きなフットワークでアルジャンナが迫って来ました。それでも前の馬をのみ込むことが出来ず、半馬身遅れの3着。

コルテジアは初重賞制覇。一戦毎に地力をアップして来ており、再び時計を要する馬場コンディションで目を離せません。

ラスト33秒7のアルジャンナ。キャリア3戦でまだまだ多くの可能性に富んだ馬。ゆったりと行ける距離で、良馬場であれば一線級相手でも遜色はありません。

単勝2980円。馬連が7350円。3連単が5万3680円。 ◎☆〇でドキドキの配当でした。