これも相性か秋山・タツゴウゲキの重賞2連勝!!

相性とは不思議なもので、理屈ではなく、まさに運が背中を押してくれるような気がしてなりません。

真夏の新潟競馬の呼び物「新潟記念」。ハンデ戦で波乱の代表格のような一戦。距離が芝2000mの外回り。日本で一番長い直線コース。しかるに騎手も調教師も、シッカリとラストの勝負に賭けて作戦を練って出て来ます。

そして、今年の顔ぶれは強力な逃げ馬が不在。おそらく押し出されるようにして外枠のウインガナドルが主導権を取りそうな様相。とくに競りかけて行きそうな馬が他に見当たらないことから、一人旅の予感がよぎります。

抜群のスタートを決めたタツゴウゲキが、内から顔を出して来て、ウインガナドルが行かないのなら行くぞ!とばかり前に出ます。

これに、ウインガナドルの津村騎手が「ハイ、行きます、行きます」とばかり、スーっと先頭に立ちます。ここでタツゴウゲキは労せずして理想の2番手をキープ。秋山騎手の熟考の作戦です。

ここで驚いたのがカフジプリンス。いつも後方待機から直線追い上げて来るタイプですが、この日は中谷騎手が一転した積極策で3番手。そして、その後にソールインパクトと1番人気のアストラエンブレム。それをピッタリと警戒する感じで、マイネルフロストが背後につきます。そのあとにはロイカバードとハッピーモーメント。

スタートが甘かった今年の函館記念の覇者ルミナスウォリアー。後方からじわじわと中団近くに進出。その辺りにはフルーキーがいます。そして最後方で直線勝負に賭けたトーセンバジル。

1000m通過が59秒0で、ペースとすれば遅めの平均ペース。快調に2馬身くらいのリードで逃げるウインガナドル。それに続くタツゴウゲキ。背後にはソールインパクト、カフジプリンス。それを後ろで見る形の1番人気アストラエンブレム。これを徹底的にマークする形のマイネルフロスト。後方から前に上がろうかという函館記念の覇者ルミナスウォリアー。

1400m通過が1分23秒3。ラスト3ハロンの勝負に委ねられました。4コーナーを内5頭分開けて先頭でまわって来たウインガナドル。その外へタツゴウゲキ。内に進路を取るカフジプリンス。ロイカバードも内側を選択。後方からインを狙ったフルーキー。

2番手のタツゴウゲキの外にアストラエンブレム。それをピッタリと背後にマイネルフロスト。そして、最後方近くから4コーナーで大外いっぱいのところに出すトーセンバジル。明らかにコースロス。

ラスト200m手前で先頭に立ったタツゴウゲキ。内で頑張るウインガナドル。外からアストラエンブレムが肉薄。

タツゴウゲキの内側で頑張るカフジプリンス。最内がフルーキー。外からアストラエンブレムをマークしていたマイネルフロストが肉薄。その外、一番外をトーセンバジルが必至で前を追います。

タツゴウゲキを先頭にクビ差まで迫って来たアストラエンブレム。タツゴウゲキの内からカフジプリンス。逃げ粘るウインガナドル。そのインからフルーキー。 アストラエンブレムを追って外からマイネルフロスト。そして一番大外がトーセンバジル。

優勝したタツゴウゲキが、肉薄してきたアストラエンブレムをクビ差振り切って優勝。2着アストラエンブレムとハナ差だったカフジプリンス。勝ち馬から8着のロイカバードまで、なんと0秒2差というハンデ・キャッパー冥利の大接戦。

とはいえ、優勝した秋山・タツゴウゲキのコンビ。小倉記念に続く重賞2連勝。小倉記念で急遽、ピンチヒッターに立たされて見事な手綱さばきを披露。その姿を買われて再び秋山・タツゴウゲキのコンビを結成。この相性の良さは間違いなく文句なしです。

一方で、最後方近くから4コーナーで一番大外をまわったトーセンバジルの岩田騎手。着差が0秒2差と僅か。このロスは小さくありません。秋山騎手と岩田騎手。まさに明暗がはっきりと分かれました。

ラスト33秒0の決着にただただ唖然の前残り!

   

よく競馬では「行った行ったの競馬」とは言われますが、2歳馬が新潟外回りの競馬では無理だろう、という予想を、見事に裏切る結果となった「新潟2歳ステークス」。

1番人気は6月の東京、デビュー戦を圧倒したムスコローソ。私はきっとスローになると言う読みでしたが、実際は予想以上の超スロー。前半3ハロンが36秒6。これは過去10年で一番遅いペース。それゆえ後続各馬も前について行きやすいものですが、それぞれが外回りを意識したのか、じっくり末脚を温存。

1番人気のムスコローソも中団のインで、なにか窮屈そうな走り。これで楽な逃げになったコーディエライト。2番手がフロンティア。好位インには私が期待したテンクウ。その後ろがムスコローソでした。

前半の5ハロン通過が61秒6。この遅い流れに気づいた北村宏騎手のテンクウが内から早めに3番手に上がって来ます。

ところが、ラスト3ハロンが11秒4-10秒4-11秒2と、究極のハイレベルの争いで33秒0の決着。

直線も快調に逃げるコーディエライトを、2番手のフロンティアが外から馬体を併せに行きます。そして、内からじわじわ伸びて来るテンクウ。後の後続は置かれます。中団のインにいたムスコローソは、どうしたものか走りがバラバラ。

争いは完全に前の3頭に絞られました。ゴール前で抜け出しかけたフロンティアが、そのままコーディエライトを捉えて優勝。最内のテンクウも差を詰めたものの自身の上り3ハロンが32秒6。こんな脚を使いながら3着。上位2頭のしぶとさを誉めるべきでしょうか。そしてムスコローソは、まったく見せ場なしの12着。消極策が裏目に出た格好でした。

勝ちタイムの1分34秒6は、稍重、良馬場で行われた過去9回のうちで一番遅いタイム。

とはいえ、上位馬の驚異の二枚腰。今後が楽しみになりました。ムスコローソはデビュー戦で騎乗した戸崎騎手が、改めて騎乗してくるかが、ひとつの評価のターニングポイントになりそうです。