天皇賞組を撃破!シュヴァルグランGI初制覇!!

          注目のジャパンCを制したのは5番人気のシュヴァルグランでした。今年の初勝利が今回のジャパンCで初のGI制覇。阪神大賞典でサトノダイヤモンドの2着。春の天皇賞でキタサンブラックの2着。主役の前に脇役を演じて来ましたが、今回は見事に待ち焦がれたGIの栄冠を、ようやくゲットしました。

妹のヴィブロスは秋華賞、ドバイターフでGIを2勝。後れを取った兄のシュヴァルグラン。ようやく姉のヴィルシーナ、そしてヴィブロスにようやく追いつきました。

さて、今年のジャパンCは、ひとつの大きな課題を抱えていました。それは直前の天皇賞が、記録的な大雨で不良馬場のコンディションだったということです。

優勝したキタサンブラックが出遅れながら、内をピッタリと走り、ガラッと開いた内をついて、追い込んで来たサトノクラウンと激しいデットヒート。クビ差退けたものの勝ち時計が例年よりも10秒も遅い消耗戦だったのです。各馬は疲労困憊していたことは疑いようがありません。そこから中3週、疲労を解消するだけで一杯一杯ではないか、私はそう考えました。

となると、天皇賞の1、2着のキタサンブラックとサトノクラウンは、大きく減点との結論に達しました。おそらく勝ち馬は天皇賞組以外から出る!

京都大賞典3着から臨むシュヴァルグラン。神戸新聞杯優勝からここ一本のレイデオロ。

昨年2着のサウンズオブアース。昨年のジャパンCでシュヴァルグランと大接戦したドイツのイキートス。キタサンブラックはそのあとだろう、私はそういう見解でした。

レースは逃げると考えていたギニョールが行きません。難なく主導権を取ったキタサンブラックの単騎逃げ。ギニョールとディサイファ、ワンアンドオンリーが2番手。その真後ろに内からシュヴァルグラン。その背後にソウルスターリング。レイデオロは中団の後方。その背後にマカヒキ。3番人気のサトノクラウンが続き、サウンズオブアースとアイダホが後方で、イキートスとレインボーラインが一番後ろです。前半5ハロンが60秒2と、緩やかなペースで坦々と進みます。 4コーナーを先頭でまわるキタサンブラック。ギニョールとディサイファが並んで2番手。その後ろにいた内のシュヴァルグランが仕掛けて一気に2番手に進出。後ろには内からソウルスターリング、レイデオロ、サトノクラウンが浮上。マカヒキも懸命に追い上げ態勢。サウンズオブアース、イキートス、最後方レインボーラインも差を詰めて来ました。 ゴール前で懸命に逃げ粘ろうとするキタサンブラック。これを外から並びかけて抜け出すシュヴァルグラン。一番外からレイデオロ。4番手以下が遅れます。

そして先頭に躍り出たシュヴァルグランが、力強く抜け出して待望のGIゴールのテープを真っ先に切っていました。2着にキタサンブラックを外から捉えたレイデオロ。大きく4馬身遅れてマカヒキ、アイダホ、レインボーラインと続きました。  シュヴァルグランはオーナーが大魔神でお馴染みの佐々木主浩さん。今年は妹ヴィブロスに続くGI制覇を達成。 女優の加奈子夫人もご一緒に記念撮影。笑顔で溢れていました。

今年の競馬・流行語大賞は「ミルコ・マジック!」に決定!?

秋のマイルチャンピオン決定戦「マイルCS」は、4番人気のペルシアンナイトが直線豪快に伸びて、直線先頭に躍り出たエアスピネルを、ゴール寸前でハナ差だけ差し切って初GI制覇となりました。 スタートをそろりと出たペルシアンナイト。前半は後方インに待機策。これまでのレースから少し消極的作戦とも思えたのですが、鞍上のミルコ・デムーロ騎手はむやみに動こうとしません。そして、じっと耐えながら直線で馬群の真後ろに取りつくと、馬込みの間を強襲。うまくするっと抜けると先頭に立ったエアスピネルに向かって末脚が全開。ゴールではムーア・エアスピネルの外にピッタリと馬体を並べました。 長い写真判定。それでもMデムーロ騎手の勝利の雄叫び、パフォーマンスが繰り広げられるまで、それほど時間を要しませんでした。 それにしても、秋初戦のGIスプリンターズSを皮切りに、毎日王冠、菊花賞、アルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯、そして今回のマイルCS。秋競馬はまさにミルコ・マジックです。 2着がハナ差で2番人気のエアスピネル。4コーナーで好位に上がり、ラスト200mで押し出されるように先頭。その勢いでゴールを目指したのですが惜しかったです。 中団のインを追走し、直線で外に出したサングレーザーが、内側で頑張ったレーヌミノル、外から激しく迫った1番人気イスラボニータ、クルーガー、ブラックムーンを僅かに振り切り3着。

優勝したペルシアンナイトから7着のクルーガーまで、僅か0秒3差の大激戦。今回のマイルCSは生憎の稍重馬場でしたが、パンパンの良馬場であれば、もっと違った結末になっていたかも知れません。

当初、私はペルシアンナイトを本命に考えていたのですが、クルーガーの坂路調教がケタ違いに良かったことから、こちらに本命を移動しました。直線は外から良く伸びていたのですが、後方で終始外々まわり4コーナーでも外に膨らむ形。どうもシュタルケ騎手と相性が悪かったようです。 逃げたマルターズアポジーが15着。2番手追走のヤングマンパワーとダノンメジャーが、13、14着。前半の半マイルが46秒7。1000m通過が58秒6。おそらく良馬場であったなら45秒台、57秒台。いずれにしても、この流れでは先行馬に厳しい展開だったことは確かです。

その中で、好位で展開した3歳牝馬のレーヌミノル。このメンバー相手に4着は賞賛ものです。

一方で、8着だった3番人気のレッドファルクスが8着。前半から動きが鈍く、終始仕掛け詰めで追走。今回はC・デムーロ騎手にチェンジしたことが影響したのか解せない着順。ゴール前では失速気味でした。