緩ペースと道悪が左右したヴィクトリアマイル(+o+)

前日の土曜日から東京競馬場は五月の雨に、しっぽりと濡れていました。それを意識して、出来るだけ直線は外に進路を取る馬がほとんど。そのせいかゴール前で外から一気に追い込んで来るケースが続いていました。

今年の「ヴィクトリアマイル」は、単勝1.9倍に推されたミッキークイーン。圧倒的な人気でした。

ところが、強力な逃げ馬が見あたらず、渋った馬場コンディション。末脚自慢のミッキークイーンは大丈夫なのか、という不安も私にはありました。

緩ペースで先頭から後方まで差がない一団の展開と推測。主導権を取ったのはソルヴェイグ。アスカビレン、リーサルウエポン、内からスマートレイアーが2、3番手で折り合いに専念。そのあとに外から引っ掛かり気味にレッツゴードンキが接近。直後にはジュールポレール、外にオートクレールがいて、その外をまわる形でミッキークイーン。

背後には内からクイーンズリング。外にデンコウアンジュで一番外をクリノラホール。アドマイヤリードはその後ろ。外に並んだウキヨノカゼ。ルージュバックは後方2番手。

前半が35秒6-47秒9。予想通りスロー。1000m通過が60秒1。そして先頭のソルヴェイグから後方まで、ぎゅっと詰まったような展開。こうなると外から一瞬ビューと使える決め手を持つ馬が有利。

4コーナーをまわり中団のインにいたクイーンズリングが、内から逃げるソルヴェイグ、スマートレイアーに迫ります。

馬場中央に出したソルヴェイグ。内から並びかけるスマートレイアー。その内にクイーンズリング。そのソルヴェイグとスマートレイアーの間に潜り込んで来たのがアドマイヤリード。その外にジュールポレールも接近。一番外からデンコウアンジュ。後ろが1番人気のミッキークイーンでした。

間を割ってアドマイヤリードが一気に抜け出す。そして外からグンと迫ったデンコウアンジュ。その内でしぶとく伸びるジュールポレール。内で頑張るスマートレイアーと、クイーンズリング。ソルヴェイグもいます。

とはいえ、力強く抜け出したアドマイヤリードが衰えることはなく快勝。追い込んだデンコウアンジュ、それに続いたジュールポレール、スマートレイアー、ソルヴェイグの順でゴールを通過しました。

1分33秒9の勝ちタイムは過去10年で最低のタイム。昨年のストレイトガールの1分31秒5と比較しても雲泥の差。それでもラスト33秒8の決着。いかにスローペースで直線だけの勝負だったことがわかります。加えて内と外では馬場コンディションの違いがあり、この結果は額面通り受け取ることはできません。

私が狙ったクイーンズリングは、仕方なくインコースを走らなければならなかったことが仇となりました。残念です。

ミッキークイーンは直線外をチョイスしたものの、すぐ後ろにいたデンコウアンジュに外から被せられると、それほど差は開かなかったもののほぼギブアップ。フラつきながら7着に入るのがやっとでした。

2番人気のルージュバックは後方から馬場中央を狙って接近したのですが、前がカベになり不本意な10着。また遅いペースに引っ掛かり気味だったレッゴードンキは11着でした。

スローペースと道悪。そして直線のコース取りが、大きく左右した今年のヴィクトリアマイルでした。

圧倒的強さを見せたアエロリットはどこまで強くなるか!!

  NHKマイルCは2番人気に推されたアエロリットが、まさに横綱相撲で後続を圧倒。時計が1分32秒3、ラスト34秒0。破格のタイムで余裕の圧勝でした。秋に大きな期待を繋げました。 桜花賞で6番人気。私はこのとき◎で応援したのですが、道悪馬場に脚をとられて後手にまわり、最後方から追い込んだものの惜しい5着。ゴール前の脚色は1頭だけ際立っていました。

ところが、この日のNHKマイルCは、まるでウソのようなフライング気味の抜群のスタート。1頭だけ1馬身抜けていました。こうなると、労せずして好位置をガッチリとキープ。結局、これで勝負あり!といった様相でした。

主導権を取ったボンセルヴィーソ。仕掛けて最内から2番手に上がりかけたモンドキャンノ。外から並びかけるトラスト。そこへディバインコードに外からアエロリットが抜群の手応え。

一方、1番人気のカラクレナイは中団の内。そのすぐ前にはリエノテソーロ。そしてカラクレナイの外にオールザゴー。その外からレッドアンシェル。カラクレナイの後を進むミスエルテが続き、その後にアウトライアーズがいます。

前半の半マイルが46秒1、1000m通過で57秒9。緩みない流れですが、現在の東京は典型的な高速馬場。先行した馬たちが、なかなか止まらないのです。

好位の外目で抜群の手応えを見せていたアエロリットが余裕で好位を気持ちよさそうに走っています。

 直線で逃げるボンセルヴィーソ並びかけたアエロリット。ラスト200mの手前でした。あっという間に突き放しにかかります。内で粘るボンセルヴィーソ。外からは直線に入り内から外に出したリエノテソーロが、グングンと末脚を伸ばして来ます。それに続いて後方に待機していたレッドアンシェル。その内からオールザゴー。タイムトリップもいます。ミスエルテも懸命に前を追います。

 と言っても、アエロリットの脚色から勝者はほぼ確定。詰め寄るリエノテソーロ。少し離れて内のボンセルヴィーソ。追い込んだレッドアンシェルの順でゴール板を通過。

ガッツポーズの横山典騎手。アエロリットの馬上からステッキを持った右手を高々と突き上げます。

1分32秒3、ラスト34秒3で余裕を感じたくらいでした。昨年、圧倒的な1番人気で優勝したメジャーエンブレムが1分32秒8。3年前、1番人気で優勝したミッキーアイルが1分33秒2。比較しても破格のレベルです。

おそらく秋は秋華賞を目指すものと思われますが、その後のマイルCSを含めて、3歳牝馬、大いにそのパフォーマンスが期待されます。

一方、NHKマイルCで1番人気にカラクレナイ。17着のブービー。中団のインでまったく伸びを欠きました。これにはデムーロ騎手も首を捻るばかり。

また、東京が舞台で注目したモンドキャンノは、スタートと同時にルメール騎手が仕掛けて2番手付近を確保。少し掛る仕草。直線外から豪快にレーヌミノルを差し切った迫力は見られませんでした。内で包まれる精神的なモロさがあるのかも知れません。