fbpx

ハンデ戦?上位人気で決着した東西の金杯!!

注目のハンデ戦、新年の幕開けを告げる東西の「金杯」。正月休みを挟んで、かつハンデ戦ということもあって大混戦と見ていましたが、結果は東西とも比較的順当な結果となりました。

まず、「中山金杯」芝2000m。1番人気に推されたセダブリランテス。レースを読んだ鞍上の戸崎騎手は2番手。マイネルミラノが控えたために、内から押し出される形でトーセンマタコイヤが主導権。前半の5ハロンが61秒5の超スロー。

これはマズいと感じたマイネルミラノが3コーナー手前で外から一気にスパート。3角で先頭に立って逃げ込みを計ろうとしますが、勝負どころで後続もピタリとついて回ります。その中でインの好位を占めていた2番人気のウインブライトが、4コーナーで内から3番手に進出。その外がセダブリランテス。そして、中団に控えていた3番人気のダイワギャグニーが浮上して来ました。

直線で内から抜け出したウインブライト。それを追ってセダブリランテス。直線でセダブリランテスがウインブライトに外から並びかけて抜け出します。

そのとき外から中団に待機していたストレンジクォークがグイグイと伸びて来ました。それを追って一番外から最後方に待機していたブラックバゴが強襲。

◎で応援していたブラックバゴ。思わず「イワター!」と叫んでいましたが、僅かに届かず4着。優勝したセダブリランテスと僅か0秒1差。クビ・クビ・クビ差でした。

ともあれ、キャリアが浅く楽しみな4歳馬のセダブリランテス。間違いなくパワーアップして来ています。今回の勝利で勝負強さも兼備していることからも、今年は大いに活躍が期待される1頭です。

2着にウインブライト、3着がストレンジクォーク。最後方から唯一のラスト33秒台で、猛然と追い込んだブラックバゴ。ベストの2000mでしたが、前半の流れが遅くあと一息でした。

 

「京都金杯」は後方に待機したブラックムーンの末脚が炸裂。最後方に待機して直線は大外を選択。外からゴール前で猛然と肉薄。57kのハンデを背負っていましたが、ラスト33秒9で突き抜けました。

ゴール前で3番手から先頭に立ちかけたレッドアンシェル、そして、その外のダノンメジャー。ゴール寸前で馬込みを割って出て来たクルーガー。内ではカラクレナイがしぶとく粘っていました。

優勝したブラックムーンは久しぶりの勝ち星。初めての重賞制覇となりました。2着がクルーガー。3着にレッドアンシェル。上位人気の決着でした。

勝ち馬から11着のスズカデヴィアスまで0秒5差。ゴール前は横一線、ハンデ戦ならではの大激戦でしたが、結果的に上位人気の結末でした。

期待したカラクレナイ(11番人気)は、馬体重がプラス4k。絞り切れなかった馬体で、重目残りだったように思います。桜花賞4着時が480k。冬で調整がうまく出来なかったことが一番の敗因だったように思います。

 

朝日杯FS組に待った!ホープフルSのクラシック候補!!

昨年のダービー馬レイデオロが優勝した「ホープフルS」。今年からGIに昇格し、大いに注目されました

。 私の予想は、新馬を勝ったばかりのステイフーリッシュに◎。中京のデビュー戦(芝2000m)で、外々をまわりながらラスト33秒8、ゴール前の2ハロンを11秒1-11秒3で余裕の圧勝劇だったインパクトが、あまりにも強烈だったことから本命に指名。加えて、逃げ、先行タイプが揃ったことで、急坂の中山2000mではゴール前で先行各馬が失速する中を、後方から一気に追い込んで来る馬が有力と推測。それはデビュー戦同様に末脚を生かしたいステイフーリッシュにとっては願ってもない展開になるはずだ、私はそう予想を立てました。

1番人気が萩Sを勝ち、京都2歳S2着のタイムフライヤー。2番人気が東スポ杯2着のルーカス。そしてフラットレー、ジャンダルムと良血が続いていました。

まず内からトライトンが飛び出して、すぐ外からサンリヴァルに、ジュンヴァルロの3頭が並ぶように先行態勢。1番人気のタイムフライヤーは後方に置かれました。その前方にいるのがステイフーリッシュ。同じような位置にフラットレー。そして人気の一角、ルーカスは中団の外を追走。それを前に見るようにジャンダルム。

前半の5ハロン、1000mを59秒6。やはり予想通り緩みないペースで流れます。そして4コーナーにかけてジャンダルムがスパート。好位に進出して来ました。

内で引っ張って来たトライトンに故障が発症。ズルズルと下がります。そして先頭に立ったジュンヴァルロを捉えて先頭に躍り出たのがサンリヴァル。さらにウオーターパルフェを捉えたルーカス。その外へジャンダルム。また、後方で満を持していたタイムフライヤーのCデムーロ騎手が、ここが勝負どころと、コーナーで一気にスパート。このときステイフーリッシュが外から被せられる形になり、少し躊躇するような仕草でモタつきます。

内にサンリヴァル、外からジャンダルムがこれを捉えて先頭に立ちます。それを大外からタイムフライヤーが畳みかけるようにグングンと迫ります。背後からステイフーリッシュ。

ジャンダルムをゴール前で捉えると、そのまま突き抜けてゴールイン。Cデムーロ騎手が大きな喜びのパフォーマンスでアピール。

2着争いはジャンダルムが懸命の粘りを見せて、グングン肉薄したステイフーリッシュを、辛くもクビ差振り切って2着を確保。惜しかったステイフーリッシュ。明らかにゴール前の脚色は際立っていたので、キャリア不足の差が出た印象です。

それでも、私の予想が△〇◎で3連複1万920円也。もし2着だったら馬連4730円。いやあ、惜しかったです。

2分1秒4の勝ちタイムは、昨年のレイデオロが2分1秒3(ラスト35秒7)だったことを考えると互角。タイムフライヤーのラストが35秒5。これは大いにクラシックが楽しみになりました。

4着以下が2馬身半差も引き離されたことから、ジャンダルム、ステイフーリッシュの2頭もクラシックの有力候補にノシ上がったと見ていいでしょう。ただ、3着ステイフーリッシュはどこかで賞金加算がどうしても必要です。

この日、阪神ではメイン11レースにベテルギウスS。◎ルールソヴァールが優勝。△スリータイタンが2着で馬連は7830円。馬単の1万3150円をゲット。なんとか年末のいわゆる格好がつきました。