fbpx

お見事!春秋連覇のマイル王誕生!代打・池添Jの会心打!!

秋のマイル王決定戦!「マイルチャンピオンシップ」。直前の天皇賞で女傑アーモンドアイの2着と力走した昨年のダービー1番人気ダノンプレミアム。対する今年のダービーで2着とポテンシャルの高さをアピールした3歳馬ダノンキングリー。奇しくも同じオーナーの2頭が人気を分ける格好となりました。

  こういったケースでは、お互いに忖度とか牽制。マークされる立場でもあり、順当に人気通りには収まらないと私は推測しました。

そう言ったことを勘案して、京都のマイル戦がドンピシャのペルシアンナイトに私は◎を打ちました。一昨年のマイルCS優勝馬。昨年は惜しくもアタマ差でステルヴィオの2着。京都のマイル戦でガラッと変わるタイプでした。池江寿師も「この時期が体調ともどもピークになるタイプ」とコメント。

ところが、私は思わず目を覆いました。ペルシアンナイトがスタートでミス。最後方に置かれる厳しい展開。「マーフィー、しっかりしろ!」声にならない声が飛び出していました。

強力な逃げ馬が不在。内からマイスタイル、グァンチャーレ。そしてフィアーノロマーノが前に出て来ました。その直後に3番人気のインディチャンプ、外にダノンプレミアムが並んで行きます。

 それらを見る形で内からダノンキングリー、クリノガウディーは掛かり気味。その後ろには内からモズアスコット、プリモシーン、外にモズアスコットが追走。アルアインがいて、馬込みの中をペルシアンナイト、外にダイアトニックが待機。

そして、直線の争いはラスト200mでも先頭のマイスタイルがしぶとく頑張ります。外にはダノンプレミアム。その間を縫ってインディチャンプが猛然と肉薄して来ました。そして、アッサリとインディチャンプが先頭に躍り出ると一気にゴールを目指します。

そして2番手に上がったダノンプレミアムの内から、グイグイと肉迫して来たのがペルシアンナイト。

「それー!マーフィー!そこだー!」と、私はありったけの声で、叫び続けていましたが、ダノンプレミアムにクビ差まで詰め寄ったところがゴールでした。

安田記念に続くマイル王座を手にしたインディチャンプ。まさに彼にとっては本格化の秋となりました。

 マイスタイルが頑張り4着。ダノンキングリーが内から詰め寄ったものの今年初めてのマイル戦とあって5着がやっと。強烈な強さを見せた毎日王冠。やはり、ダービー2着、毎日王冠優勝→と続いた東京コースで、2000mの天皇賞に向かうのが、やはり王道だったと思われます。

急遽、池添騎手に乗り替わったインディチャンプ。比較的ゆったりとしたスローに近いペースの中で、好位4番手をキープ。安田記念で得られた学習能力が、この京都でも生きた印象がします。

それにしても、出遅れたペルシアンナイト(6番人気)が2着。ダノンプレミアムとクビ差3着。惜しかったです。

圧巻!これがLライラックだ! スミヨンだ!!

  今年の女王決定戦は、3番人気のラッキーライラックがインを強襲して圧倒。チューリップ賞以来の勝利。GIは阪神ジュベナイルF以来の優勝となりました。鞍上のC・スミヨン騎手と初コンビ。それは見事な騎乗でした。

  強力な逃げ馬がいない中で、主導権を取ったのがクロコスミア(7番人気)。本来は戸崎騎手が騎乗の予定でしたが、突然のアクシデントによる怪我で藤岡祐騎手にバトン。昨年のエリザベス女王杯でクビ差の2着。

今年の「エリザベス女王杯」もクロコスミアはテンポよくスイスイと逃げます。これで2番手に控えたのがデムーロ騎手の1番人気ラヴズオンリーユー。後続を警戒しながら折り合いに専念。フロンティアクイーン、外からサラキア。そしてセンテリュオが好位をキープ。2番人気のクロノジェネシスは、すぐ前を走るラヴズオンリーユーを徹底マーク。同じような位置には外々を通るスカーレットカラー。その内にはラチ沿いを走るラッキーライラック。

前半の5ハロンが62秒8と、予想されたとはいえ極端な超スローペース。しかも、2番手のラヴズオンリーユーがクロコスミアを無警戒だったせいか、先頭との差が広がります。

ペースが11秒台に上がったのが3コーナー過ぎから。大きなリードで逃げるクロコスミア。おそらく騎乗した藤岡祐騎手は、あまりにも恵まれた展開と、伝わって来る手応えに“優勝”の文字が、脳裏を過っていたかも知れません。

このクロコスミアとの差に直線で慌てたようにラヴズオンリーユーのデムーロ騎手の大きなアクション。必死に逃げるクロコスミアを追います。 その時でした。インをピッタリに走ってきたラッキーライラックが猛然と肉薄して来ました。そしてゴール前で内からクロコスミアを捉えると、難なく突き放してゴールイン。

 2番手を懸命に粘るクロコスミア。そして盛り返すラヴズオンリーユー。外にセンテリュオ。その内にクロノジェネシス。

 ラスト4ハロンは46秒2、3ハロンが34秒6。内から突き抜けたラッキーライラックはラストが最速の32秒8の強烈な切れ味。どちらかと言うと前々の正攻法で展開するイメージのあったラッキーライラック。スローが予測されたインの2番枠でもあり、いつものように好ポジションで進める騎乗を推察した私。この消極策に正直、驚かされました。また、同時にそういった作戦を練った松永幹調教師に敬服致しました。

そして2着に粘り込んだクロコスミア。テン乗りとなった藤岡祐騎手には勝者と同じくらいの拍手を送りたいと思います。

1番人気ラヴズオンリーユーの馬体重がプラス16k増。そしてスカーレットカラー(プラス14k)と、やや急仕上げ、少し重目残りだったような気がします。

総体的に中団から伸びたラッキーライラック以外は、比較的先行した馬ばかりが、有利な戦いだったような気がしました。同時に後方で待機して直線勝負に出た馬には厳しい展開だったように思われます。

そして、Cスミヨン騎手による劇的な世界的パフォーマンスが見られたことに、大きな感動を受けたファンは少なくなかったはずです。