堂々天皇賞・春に出走できるレインボーラインに歓喜の声!

来たる京都の「天皇賞・春」に向けて動き出した古馬戦線。その前哨戦「阪神大賞典」。あのゴールドシップが3連覇。昨年はサトノダイヤモンドが圧勝。注目の一戦です。

先日の京都記念を快勝したクリンチャーが1番人気。そして3000m以上に抜群の実績を残すマラソンマンことアルバートが2番人気。

とはいえ、クリンチャーは菊花賞以来の実戦でいきなり京都記念を制覇。その疲れ、反動がどうしても気がかりでした。

一方、アルバートはステイヤーズS以来の実戦。もとより叩き良化タイプ。昨秋のオールカマーも休養明けで7着に敗退。今回も本番前のステップという見方をしました。

そこで狙ったのが◎レインボーライン。前走の有馬記念は8着でしたが、逃げ切り勝ちを決めたキタサンブラックは別にして2着馬と僅かの差。スローで展開し厳しい位置取りでしたが、直線大外からの脚は目を引きました。

阪神は3戦2勝。距離3000mは菊花賞で◎に推してサトノダイヤモンドの2着。実績は十分でした。

ところが、賞金が2550万、このままでは天皇賞は賞金不足。となると、この阪神大賞典は全力投球だったのです。岩田騎手もそのことは良く分かっていて、強気の競馬となりました。

逃げたのがヤマカツライデン。追いかけるムイトオブリガード、トミケンスラーヴァ。比較的緩みない流れです。このことは私も織り込み済み。

そして、これらを捉まえに出たクリンチャーがもたつく間に、強気に4コーナーで後方から仕掛けた岩田・レインボーライン。直線外から早々と先頭に立ちます。その内からサトノクロニクル。そのインに伸びを欠くクリンチャー。そして大外からアルバートがラストスパート。

直線先頭に立ったレインボーラインが内側に切れ込むようにして待望の重賞勝ち。3歳のアーリントンC以来の重賞勝ちでした。これで堂々の天皇賞参戦です。

2着に4歳馬サトノクロニクル。クリンチャーとアルバートが伸びを欠いて3、4着となりました。

何故? Sダイヤモンドはファイティングポーズをとらなかったのか!!

不思議なレースでした。今考えても不思議です。「金鯱賞」です。GI「大阪杯」のトライアル戦。ここに現古馬陣の大将格スワーヴリチャードにサトノダイヤモンド。両横綱が参戦して来ました。誰の目にも2頭のマッチレースの様相。 ところが、サトノダイヤモンドがブービー人気のサトノノブレスの後塵を浴びてしまったのです。それは、まさか、よもやの出来事でした。 この日、1番人気は順調さを買われてスワーヴリチャードが1番人気(1.6倍)。長期休養明けになるサトノダイヤモンドが2番人気(3.3倍)。 強力な逃げ馬が不在。押し出されるようにサトノノブレスが楽々主導権。2番手以下を引き離しながら極端なスローに落とします。外から掛り気味にスワーヴリチャードが2番手に進出。内からヤマカツエース、ダッシングブレイズが続きます。中団のやや後ろにサトノダイヤモンド。 前半の5ハロンが63秒0。この日の中京3歳未勝利が63秒1。まさに笑っちゃうくらいの超スロー。しかも、逃げているサトノノブレスが3馬身くらい離して一人旅。 2番手追走のスワーヴリチャードは当然の位置取りでしたが、分からないのがサトノダイヤモンド。まったく前に出て行こうとしないのです。当面のライバルのスワーヴリチャードが楽に2番手にいるのに、何故かサトノダイヤモンドが動かないのです。 3コーナーの1200m通過が1分15秒4。あまり遅いから早めに動いたと言うことは聞きますが、まったくの傍観者的な追走。ファイティングポーズを取らないのです。結局、この勝負どころの位置取りが大きく、ラスト200mでスパートした2番手のスワーヴリチャードが優勝。そして、外から伸びて来たサトノダイヤモンドが、粘るサトノノブレスに1馬身差まで詰め寄ったところがゴールでした。 サトノダイヤモンドのあまりにもヤル気を感じられないレース内容。せめて3コーナーのところで、目標とするスワーヴリチャードの背後に付くようなレースをすべきです。流れが速くて行けなかった、と言うならわかりますが、極端なスローゆえに行こうと思えば容易に行けたはずです。 2着サトノノブレス、3着サトノダイヤモンド。同じ池江厩舎。そして同じオーナー。どっちが2着、3着でも厩舎やオーナーに影響はないのですが、サトノノブレスは2着に入ったことで賞金が加算。むしろ理想的? だったのでしょうか。