激しく雨が降る中で予想外のドラマが・・・。

   それは突然でした。午後に入り生暖かい風とともに天からポツポツと落ちてくるものがありました。雨でした。そして、それはレースが進むしたがって、強さを増し、9レース、10レースと大粒の雨が落ちて来ます。

この日、GI「ヴィクトリアマイル」は激しい雨が降り続く中で、予想外のドラマが起きるのでは・・と、私は期待と不安が交差するように馬場を見つめていたのです。

スタートと同時に飛び出すカワキタエンカ。リエノテソーロ、外のアエロリットが2番手をキープ。レーヌミノルとレッドアヴァンセが直後で続きます。その後ろにはインにレッゴードンキ、外にラビットラン。背後にジュールポレール。それに続く内からミスパンテールと、外にソウルスターリングが虎視眈々。それに続く内からアドマイヤリード。外にはデンコウアンジュ。この日、1番人気のリスグラシューが続きます。最後方には出遅れたクインズミラーグロ。

前半の3ハロンが35秒2、半マイルが46秒8。そして5ハロン通過が58秒3。この雨馬場を考えると、緩みないペースです。

ところが、直線に入っても11秒1-11秒2-11秒7と、結局、ペースダウンしないまま決着を迎えました。ところが直線内側は泥が跳ね上ります。その跳ね上がった泥が後続馬、騎手に降りかかります。

直線中程でカワキタエンカを捉えたアエロリットが先頭。それを同じような位置にいたレッドアヴァンセが並びかけてきます。さらにその外から好位で脚を温存したジュールポレールがグイグイ迫って来ました。一番外からリスグラシューが強襲。 アエロリットは最後に脚が鈍り、先頭に立ったレッドアヴァンセ、その外のジュールポレール、強襲したリスグラシューの決着は中のジュールポレールがハナ差先着。初のGI制覇でした。  2着がリスグラシュー。クビ差で3着が内のレッドアヴァンセ。注目の評判のソウルスターリングは伸びを欠き7着でした。 また、私が期待したアドマイヤリードは中団のインから外に出せず、仕方なく芝の状態が悪い内側を走らされ、不本意な7着に敗退。直線は何度もノメっていました。

1分32秒3の時計は、馬場状態を考えると相当速いタイムです。跳ねあがった泥は勲章だ!とばかり引き上げて来た馬上の幸騎手。

私の差し出した右手に、力強く、そしてイケメンスマイルで返してくれた幸騎手。なんとも清々しい表情でした。

もし、もしもパンパンの良馬場で行われていたならば、その結果は違ったかも知れませんが、これも運命。良馬場でもう一番、ということにはなりません。幸・ジュールポレールに拍手を送りたいと思います。

オッシー!あと一息の◎レッドヴェイロン写真判定で3着!!

  「NHKマイルC」3着!いやあ~、惜しかったです。直線バテたロックディスタウンを避ける不利があったものの直線で外から力強い伸び脚で猛追。ゴール前で抜け出すギベオン、それに食い下がるミスターメロディ。その2頭の外から伸びるレッドヴェイロン。剛腕、岩田騎手のステッキが入ります。そのとき一番外から鋭く迫って来たケイアイノーテック。藤岡佑介騎手の手綱に応えて一気に伸びてゴールではグイと抜け出ていました。2着が内で粘った2番人気のギベオン。そしてレッドヴェイロンが3着。クビ・アタマ差の決着。

 この日、GI「NHKマイルC」は、好天の東京競馬場で行われました。時折、強風が吹き直線でフラフラする馬が見られる状況。

レース直前のパドックではロックディスタウンが立ち上がり、背中から後ろに倒れるアクシデント。

強力な逃げ馬が不在。カシアスが主導権を主張な様相でしたが、内からテトラドラクマ、ダノンスマッシュ、ファストアプローチが前に出て行きます。そのとき外からミスターメロディが向こう正面から掛り気味に前に出て来ました。

1番人気のタワーオブロンドン中団の内。2番人気のギベオンが好位。その辺りにはカシアス、その外にロックディスタウン。真後ろに最内から出遅れたカツジ。外に並ぶパスクアメリカーナ。その後ろには外をまわるレッドヴェイロン。後方には出遅れたプリモシーン。その背後に後手にまわったケイアイノーテック。

前半の3ハロンが34秒4、半マイルは46秒3。緩みないペースで流れて行きます。そして直線で先頭に立った3番人気のテトラドラクマ。その外に並びかけようとするミスターメロディ。背後にいたギベオンがすぐ前のミスターメロディに内から並びかけようとします。

直線中程ではギベオンかミスターメロディか、その後方ではタワーオブロンドンが窮屈な位置取りで苦しい競馬。そんな中、直線坂を上がり外からレッドヴェイロン、そして大外からケイアイノーテックの2頭が強襲。

脚色は外の2頭でしたが、ゴール寸前でグイと抜け出したケイアイノーテック。藤岡佑介騎手はGI初制覇。写真判定になった2着争いは内で粘ったギベオン。直線でスムーズに捌けていたならレッドヴェイロンが際どい勝負になった可能性があります。

 1番人気のタワーオブロンドンは12着と惨敗。3番人気のテトラドラクマは9着。ロックディスタウンは大差のシンガリ負けでした。

それにしても、1分32秒8、優勝したケイアイノーテックのラストが33秒7。ハイレベルの決着となりました。

初めてのマイル戦、そして芝2戦目となったミスターメロディが僅差の4着。前半、掛り気味になりながら、ゴール前で再び盛り返したあたり、ポテンシャルの高さは相当なものがありそうです。マイル戦までの短距離路線で、かなりの活躍が期待できそうです。

また、直線厳しい位置取りだったタワーオブロンドン。すこしジリジリとした走りが高速馬場で高速決着の対応能力に、現時点では欠けるような印象が残りました。

私の◎レッドヴェイロンが9番人気で3着。3連複は2万1840円!何とかゲットできました。