fbpx

弥生の空で皐月賞へ向けて好発進の逸材!!

  皐月賞と同じ中山の舞台で、同じ距離を走る「弥生賞ディープインパクト記念」。皐月賞に直結する重要な一戦。   3戦3勝とクラシック最有力候補ドウデュース。皐月賞に向かって足慣らしと言う意味からか参戦して来ました。

当然ながら2.2倍の一本人気。私はドウデュースが人気の中心ならば、10月の東京、アイビーSで1馬身余りの3着に頑張ったアスクビクターモアで勝負になると推察。しかも、当時は2番手のインで引っかかり気味。外からドウデュースにプレッシャー。内容的には互角と見ました。

なにより今回の弥生賞は中山内回りの2000m。実際、中山で2戦2勝の実績。顔ぶれから間違いなくスロー。前で対応できる器用さをプラスと判断。「アスクビクターモアで行ける!勝てる!」と見て自信の◎。

  メイショウゲキリンが4番手で控えると、難なく先頭に立ったリューベック。淡々としたスローペースに落とします。この流れにアスクビクターモアは2番手の正攻法。これをマークする形でドウデュース。そのインにボーンディスウェイ。

早めに前に出て来た中団のインにマテンロウレオの横山典騎手が背中を丸めるようにして、かかり気味のマテンロウレオを懸命に抑えます。そして、2番人気のインダストリアが後方で外に逃げ気味。その内にジャスティンロック。

  前半の5ハロンが61秒1。この遅い流れに3コーナー手前で動いたのが後方にいたロジハービン。一気に外からまくり気味に2番手のアスクビクターモアに接近。ところがアスクビクターモアを強引に捉えるまでにはいかず見せ場はここまで。

4コーナーをまわり直線入り口で動いたアスクビクターモアが逃げるリューベックに並んで行きます。好位キープから直線外目に出したボーンディスウェイがしぶとく伸びます。その外からドウデュースが肉薄。

先頭に立ったアスクビクターモアに迫るドウデュース、ボーンディスウェイ。内からジャスティンロック。直線大外からようやくインダストリア。

結果はアスクビクターモアの押し切り勝ち。父が今回、唯一の出走のディープインパクト。見事に父の冠レースを制しました。

2着がドウデュース。3着はボーンディスウェイ。インダストリアは大外から詰め寄ったものの5着。大いに見どころのあった前哨戦「弥生賞ディープインパクト記念」でした。

             

う~ん、惜しかったクビ差!阪急杯〇◎で決着!!

  いやあ、惜しかったな~。クビ差まで肉薄! ゴール前がスムーズだったら差し込んでいたかも・・。

「阪急杯」でした。高松宮記念の前哨戦。私は手ぐすね引いて狙っていたトゥラヴェスーラ(9番人気)。昨年の春の京王杯SC以来の登板。あのときラスト32秒5の衝撃的な末脚を披露。久しぶりで仮に八分の造りでも勝負になると自負。相手は実績から1番人気のダイアトニック

抜群のスタートを決めたダイアトニック。モントライゼとヴィジュネルが来ると内の3番手に控えます。サンライズオネストがその直後。

トゥラヴェスーラはポンと出たものの、外からわっと来られると、中団のインに下げます。ところが前が一団で、4コーナーでは後ろから2頭目。それでも抜群の手応え。一番内のラチ沿いを選択し前を必死に追います。 「そこだー!克駿!それ押せ!それ差せー!」と熱狂応援。ゴール前は前のダイアトニックが邪魔になり仕方なくダイアトニックに外に進路を変えて、猛然と肉薄したものの僅かに届かず。プラス22kの馬体重。思ったよりも相当成長が見られます。

3着サンライズオネスト、4着リレーションシップ、5着グレイイングリーン。

馬連は1番人気のダイアトニック相手に3090円の好配当。逆の馬単なら79.3倍。惜しかったです。