fbpx

3連単27万1060円!そこだー!シンイチロー!!

     そうだ!そこだー!シンイチロー!と、思いっきり叫んでいました!それは1月29日のことです。

この日、中京競馬場のメインは「伊賀ステークス」。3勝クラスのダート1200m。

私の◎メイショウミライが優勝。2着がスワーヴシャルル、3着はメイショウヒューマ。

メイショウミライは12番人気。好位グループ直後のインを追走。予想通り速いペースで展開。直線中程で外に出すと際立った脚色で抜け出し、先頭に立ったスワーヴシャルルをアッサリと捉えて圧倒!

単勝5780円、馬連1万2410円、3連複が2万5030円。そして3連単が27万1060円也。

やったぞ!秋山真一郎!ありがとうメイショウミライ!私には今年一番のビッグ配当。競馬の醍醐味、穴党の醍醐味ここにありと悦に入っております。

のりパパ頑張る!春のGI戦線に復活宣言!!

“のりパパ”こと横山典騎手が絶好調!シンザン記念のマテンロウオリオンに続き、伝統の「アメリカJCC」で優勝。3番人気のキングオブコージに騎乗し、最後方近くから直線大外を強襲。豪快に突き抜けました。

圧倒的な人気に推された菊花賞2着のオーソクレース。鞍上がルメール騎手とあって、ファンの目は一身にオーソクレースに集中。手堅いポタジェが2番人気。

スタートで後手を踏んだキングオブコージは、すぐ前のアサマノイタズラの後ろに付ける展開。

レースは船橋のキャッスルトップが主導権。2番手がダンビュライト。前半の5ハロンが61秒2。予想通りスローで展開します。

中団の外にポジションを取ったオーソクレース。早くもルメール騎手の手綱が動いています。

3コーナーで仕掛けて先頭に立ったダンビュライト。反応が悪いと感じていたルメール騎手は、先頭のダンビュライトに並びかけて行きます。外からスマイル。その背後からマイネルファンロンが接近。

傷みのきついインサイド寄りの馬場。ガラリと開いた内ラチ沿いを4番人気ボッケリーニが伸びて来ました。

そんな時に、一番外から白帽子のキングオブコージが、強烈な末脚であっという間に突き抜けて行きました。そのキングオブコージを追って背後からアサマノイタズラ(7番人気)が強襲。

結果はキングオブコージが優勝。2着争いは内から伸びたボッケリーニに、外から迫ったマイネルファンロンが半馬身抜け出て2着。一番外を鋭く迫ったアサマノイタズラがハナ差で4着。ポタジェが5着となりました。オーソクレースは6着に後退。

  格の違いを見せつける格好となったキングオブコージ。横山典騎手は「折り合いだけを気を付けて乗った。見事に復活してくれました。今後が楽しみです」とコメント。