それは突然でした!

 4月2日、月曜日、正午すぎに突然、電話のベルが鳴りました。
 昼食をすませて、一服しながら今週の桜花賞出走馬の再チェックでもしようかと、考えていたところに、急を要するテレビ局からの電話でした。
0704041 電話の内容は、日曜日に阪神競馬の1レースで優勝した、注目の白馬ホワイトベッセルのことで、テレビに出て欲しいとのことでした。ホワイトベッセルはJRA史上初になる白馬(白毛)の優勝。ほとんどの競馬ファンは知っていることでしたが、一般の社会がそれを大きなニュースとして、取り上げてくれるとは思いもよらず、戸惑っていると、夕方のテレビ朝日のニュース番組「スーパーJチャンネル」だといいます。更に、2時か2時半までには局に来て欲しいとのこと。私は支度もあるし、移動もあるので、3時ならば、ということで承諾。
 それからが大変。急いで身支度を整えると、日本には何頭の白毛がいて、何頭が走り、JRAの白毛はどんな成績だったのか、とにかく数字を性格に収集して、サッサと頭にインプットしなくてはと、上を下への大奔走。

 何とかかんとか3時前に局にたどり着いて、聞けば5時台の放送とか。打ち合わせも簡単に、いざ本番。
 これが締め切った小部屋と、間近のライトとライトで、う~ん、熱い!額に流れる汗。スタッフがうちわを持って来てくれて、アイスコーヒーを用意してくれたのですが、カメラが回りだすと、額から直ぐに滲み出る汗!画面でピカピカ光っていたのは、我慢の堤防から溢れた汗です。
 1時間近くコメント撮りの収録が終了。編集で実際に顔出しとして使用されたのは、ほんの摑みだけでしたが、まあ、これはよくありがちなこと。

0704042 あの報道ステーションにも…

 局からハイヤーで自宅に戻ったあと、再びテレビ朝日から電話。今度はあの「報道ステーション」から電話。きょう収録したものを、報道ステーションでも使用したい、とディレクター氏。わあ、憧れていた報道ステーション。収録ものだって、汗が溢れていたものだって、瞬時の出演だって報ステならОKОK。二つ返事で「構いません。よろしくお願いします」と、幸せ印の私でした。
 報ステ出演後、携帯、家電話、メール、まるで選挙で当選したかのような知り合いからの取材と評価。さすが報ステ、視聴者は多いです。

 さてさて、白馬とは?

0704043 JRA史上初めての「白毛」の優勝となったホワイトベッセル(父クロフネ・母シラユキヒメ)。キャリア2戦目、これからの成長力が楽しみですが、この白馬とは「白毛馬」(しらげうま)といわれます。
 そもそも「白毛馬」とは、突然変異で生まれ、「白斑」が体全体に広がった状態とか。確率的には2万分の1。その突然変異の馬から生まれた場合の白毛は、遺伝といわれます。
 日本最初の突然変異で1979年に生まれたハクタイユー。父は史上最強の世代のダービー馬ロングエース(黒鹿毛)。母は栗毛のホマレブル。まさに突然変異の白毛馬でした。ただ、ハクタイユーから生まれたハクホウクンは遺伝的、白毛と言われるのです。
これまで、ハクタイユー以来、日本には16頭の白毛馬がいて、6頭が突然変異で誕生。10頭が父か母からの遺伝。今回のホワイトベッセルは、母のシラユキヒメ(父サンデーサイレンス)からの遺伝。兄はこれも白毛だったシロクン。下にはホワイトベッセルの全妹の白毛ユキチャンがいます。
0704044  また、両親とも白毛だった馬から誕生したミサワボタンもいます。ただ、これは世界的に稀有なケースで、白毛と白毛の配合は生存するケースが、きわめて難しいのだそうです。
それにしても、初勝利となったホワイトベッセルの馬主の金子真人氏。どうしても譲って欲しいと頼み込んで、母にあたるシラユキヒメを手に入れたのだとか。
 そうしたら、馬運が一変。走るのなんのって、ついにはあのディープインパクトが出現。なるほど、神馬っているものなのですねー。あやかりたいものです。

■写真はすべて「報道ステーション」より

或る日の中山

 西田雄一郎騎手の笑顔はとっても素敵だったなあ~

070330  好天に恵まれた或る日の中山競馬場。検量室前に乗り終えた馬具の手入れをしている西田雄一郎騎手とばったり。いつも私と会うと、満面笑みで迎えてくれるのですが、この日も100万$とはいかないまでも70万$くらいの笑顔で「こんにちは~」と、挨拶で迎えてくれました。
 「どう、調子は・・」と私。
 「う~ん、なかなか勝てないですねー。ひとつ勝つことの難しさを痛感しています」と彼。
 西田雄一郎騎手といえば、ジョッキーとして2度デビューする形になった異色。それは自分からまいた社会からの制裁だったのです。
 1995年にデビュー。サクラエイコウオーで七夕賞を優勝。まさに嘱望視された騎手でした。
 ところが、1998年、交通違反を犯し、再三の要請にも出頭しなかったことから、厳罰が加えられたのです。翌年、騎手免許を返上。
 それから、5年に渡り山元トレセンの牧場で働き人間修行。
「ボクにとってはこの牧場での経験が、人生でなんと言っても大きかったですね」と、彼はいいます。
 そして2005年、騎手免許に再挑戦して合格。
「嬉しかったですね~。また夢を追えると・・」
 そして、その年の4月10日、福島競馬場で、騎手免許を再取得してから、初勝利。6年1ヶ月ぶりの勝利でした。
 「やはり、先頭でゴールを駆け抜けた瞬間の快感を求めて、ジョッキーになったボクですから、最高に嬉しかったですよ」と、コメント。
 更に「1頭の馬には多くの人たちが携わっていて、最後の仕上げをするのが騎手だということを、牧場で働いたことにより、改めて考えていました」と語った西田騎手。
 彼がデビューしたころ、元日本バレーボール代表の益子直美さんと「大きな騎手になろう」と、約束したそうです。益子さんがあるパーティーで、私にそう語っていました。
 西田雄一郎、32歳。まだまだ君は若い。応援してくれるきゅう舎があるうちは、それだけチャンスがある。彼の笑顔に、私はそう心でエールを送りました。