年の始めは金杯から

 JRAは今年も東西の重賞は「金杯」からスタート。ただ、例年は1月5日が初日でしたが、今年は6日から3日間開催。1年の計は金杯にあり、と競馬ファンの間ではよく言われますが、昨年の中山金杯で◎のアサカディフィート(6番人気)が2着。優勝したヴィータローザ(7番人気)と鼻差。馬連で9100円はゲットしたのですが、馬単を逃して悔しい思いをしました。
 でも、京都金杯でビッグプラネット(6番人気)の逃げ切りとみて◎。先行ニューベリー(12番人気)もマークしたら、これが大正解!馬単で3万2360円。馬連でも1万8930円もつきました。ただ、迷った末、3着のアルビレオ(9番人気)を切ったものですから、3連単の42万近い馬券を取り損なってしまいました。
 昨年はこういった悔しい、惜しいケースが幾度となくありました。1年の計は金杯にあり、何となく自分ながら納得しているところです。

 さて、今年の中山金杯は楽しみな馬がでてきました。昨年の弥生賞でアドマイヤムーンと大接戦の2着。現4歳でもトップクラスの実績を持つグロリアスウィーク。そしてブラックタイド。あのディープインパクトの全兄。更に休養明けの中日新聞杯で3着。変わり目が見込めるマヤノライジンです。私自身もこの3頭の争いと見ていますが、前走の中日新聞杯でトーホウアラン、インティライミと接戦、休養前の札幌記念でもアドマイヤムーンと接戦したマヤノライジン上位とみています。とはいえ、初めての中山はともかくとして、当日が大雨の予報。雨はグロリアスウィークに味方するかもしれません。
 大穴のムードを持っているのは、前走で7馬身差の独走劇を演じたシャドウゲイト。53㌔というハンデも魅力。雨、単騎逃げ。一角崩しの可能性もあります。

 ☆京都の金杯は

 京都金杯はポイントが2つ。強力な逃げ馬が不在。展開がカギです。更に、雨が降ると人気の一角キンシャサノキセキは応えます。となると、浮上するのが前で対応できるマイネルスケルツィとフサイチリシャール。脚質に幅が出てきたサクラメガワンダー。とくにフサイチリシャールは、重馬場の京都でドリームパスポートを、ちぎった実績があり先行力も味方に最有力。むろん、仮にマイネルスケルツィがスタートを無難に決めて、マイペースに持ち込むと、逃げ切りのチャンスもあります。サクラメガワンダー、キンシャサノキセキは、良馬場がベストの条件。マルカシェンク、スズカフェニックス、ホッコーソレソレーも馬場状態が大きなカギです。

伝えたい感動のドラマを

 競馬ファンの皆様、新年あけましておめでとうございます。昨年の暮れに私のブログを立ち上げ、応援して頂いているファンの方との距離を、今年はもっともっと縮めて行きたいと思います。
 昨年、日本中の話題を集めた1頭の馬がターフを去りました。ご存知ディープインパクトです。名コンビ世界の武豊騎手をして、世界にこれほど強い馬がいるのか、と言わしめたスーパーホース。そのラストランが有馬記念。現役を通じ日本で唯一2着に敗れたレース。どうしても勝ちたい、という思いが通じたか圧勝でした。大歓声で迎えたスタンド。
 ある人は、手を振りながら外れ馬券を握り占めていました。それは競馬を愛する人だけがわかり合える感動。まさに後世に語り継ぐべき歴史的感動。今年もこんなドラマに出会いたいものです。

 大観衆の前で絶叫!

 昨年、12月29日に行われた「東京大賞典」。昨年最後のGⅠレース。TCK・大井競馬場には多くのファンが押し寄せました。
0701031_1 0701032 
 この日、イベントにゲスト出演。「東京大賞典直前トークライブ」の頃には、会場前にはこれまで見たこともないくらいの人、人。大観衆となりました。
 大賞典にはJRAから5頭出走。ジャパンCダート2着のシーキングザダイヤが人気を集めていましたが、1番人気は3年連続で東京大賞典を目指すアジュデミツオー。ところが、このミツオーが夏の帝王賞以来、半年振りの実戦。メンバー構成から、流れが速くなり、差し、追い込みには有利に働くと判断。今年に入りメキメキ地力を、付けてきたブルーコンコルドを指名。前走のジャパンCダート(2番人気)では、直線で前が詰まり、ほとんど追えない状態で敗退。これを見逃すわけがなく、まさに大賞典は、私にとっても狙いすました一戦。
 これを強くライブで強調、というより絶叫。ゲスト出演した東京ヤクルト・スワローズの期待のエース川島亮投手が、イケメンのわりには乗りやすい方で、私と司会の目黒貴子さん、そして聴衆のファンの方も大爆笑。
 結果はブルーコンコルドが4馬身差の大楽勝。川島投手からおめでとうございます、やりましたねー、と握手を求められたのですが、2着した人気薄クーリンガーを無視。顔で笑って、心で泣いて・・。面映いということは、こういうときの気持ちなのでしょうね。