ああ、良かったぁ~岩手県競馬の存続!

 一時はどうなるか、と危機感がつのっていた岩手県競馬(盛岡・水沢)の存続が決定しました。岩手競馬ファンのみならず、中央、地方競馬ファンにとっては、まさに待ちに待った朗報でしょう。ほんとうに良かったです。
 盛岡競馬場、水沢競馬場を抱える岩手県競馬。数年前、山形の上山競馬が廃止されてしまい東北、みちのくで唯一の競馬開催を持つ県です。
 ところが、全国的な地方競馬の斜陽化は、岩手県競馬をも直撃。負債を抱える形になると、こっちを向いていた人、団体が突然と横向きになることは世の常。岩手県競馬も同様だったと思われます。岩手県競馬組合の管理者である増田寛也県知事は、知事としての任期が今月3月で切れることもあり、早くから引退を表明。それにあたり競馬組合の抱える債務330億円の再建案を提示し、議会に提示してきましたが、これまではいずれも先送り状態。しかし、今回は地方選挙が近いということもあり、知事にはなんらかの決定を求められていました。
 15日には盛岡競馬場を持つ盛岡市、水沢競馬場を持つ奥州市(旧水沢)の市議会で、新たに両市から各10億円の負担金を積み増すことを可決。これを受けて増田知事は、岩手競馬を廃止する2007年度の予算案を見送り。ところが、県議会は再建のための補正予算を否決。県はこの否決で、岩手県競馬の廃止議案を県議会に提出。19日の県議会が注目されていました。
 19日、夜の本会議で岩手県競馬存続のため、なんと超党派の議員が提出した補正予算案修正案が可決。これにより、知事が廃止を考えていた岩手競馬は一転、存続する見通しになりました。
 記者会見で増田知事は「大変重みのある決定だったと思います。競馬は存続することになりました」と会見。盛岡、水沢の競馬の関係者、岩手県競馬を支えるファンから歓声と拍手が起きたそうです。

0703201 0703203
0703202 [写真提供]
リリアン原山さん

 盛岡競馬場は周囲を山に囲まれ、山の頂上にあるような、実に景観に富んだ競馬場。白亜に輝く競馬場も素晴らしく綺麗。地方競馬には珍しい芝コースも兼備し。統一GⅠの南部杯も行われ、JRAの名馬たちが何頭も駆け抜けていきました。私が推奨する競馬場のひとつです。また、競馬ファンの皆さんと、ツアーを組んで出かけてみようかな、とも考えたりしています。
 万一、岩手競馬が廃止ともなると、競馬ファンにはとても辛い厳しい現実と、対峙しなければならなかったわけで、本当に存続の決定はなによりでした。

熱い!桜花賞強力3頭の女の戦い

 すでに1ヶ月を切ったクラシック第1弾、桜花賞。先週の桜花賞トライアル・フィリーズレビューはアストンマーチャンが断然の強さで後続を圧倒。1・1倍という一本人気を制して、桜花賞に力強く漕ぎ出しました。
 そもそもアストンマーチャンは、昨年暮れのGⅠジュベナイルFでウオッカに首差敗れて以来、来る桜花賞でどのような戦術を組んだら逆転できるのか、というテーマを持って今回のフィリーズレビューは臨んだはずです。それゆえ武豊騎手の頭の中には、一緒に走っていた他の馬のことなどは、眼中になかったことでしょう。
 「4角まで折り合いだけを気をつけて流れに乗りました。直線での手応えは抜群だったし、ラストの伸びも良かったですよ。この距離(1400m)は本当に強いですね。次回の本番(桜花賞)は強い馬が出てくるけど、今日のように我慢がきくことができればチャンスはあると思います」と、桜花賞に思いを馳せる武豊騎手。

 今年の桜花賞はウオッカを中心とした3強ムード。トライアルのチューリプ賞で、ウオッカと首差で渡り合ったダイワスカーレット。ラスト33秒台の決着で後続が6馬身差も水が開いた次元の違う両頭。そして、前記アストンマーチャン。近年に珍しいほどの大変な逸材の揃い踏み。ウオッカは父がタニノギムレットで、ダイワスカーレットがアグネスタキオン。アストンマーチャンがアドマイヤコジーン。いずれも内国産種牡馬産駒。
 それぞれの馬に、それぞれの思いを重ねながら、迫ってきた桜花賞、そしてオークスの熱い女の戦いは、さぞかし見応えがありそうです。