やはりクラシック級の大物!

 1月8日に京都競馬場で行われた「シンザン記念」。やはり、クラシック級の大物です。
 優勝したアドマイヤオーラ、2着ダイワスカーレット、3着ローレルゲレイロ。1、2着馬は、暮れの中京2歳Sでも対決。このときはダイワスカーレットが優勝。2着がアドマイヤオーラでしたが、その差は半馬身差。当時3着のゴールドキリシマ(京都2歳S優勝)が、5馬身もちぎれたことから、2頭とも相当な逸材というか、クラッシクを制する位の器とみて、シンザン記念はその確認でしたが、まず間違いがありません。
 GⅠ朝日杯FSで半馬身差2着だったローレルゲレイロを物差しにして考えると、2着ダイワスカーレットとの差は2馬身半差。まさにスケールの違いです。
 アドマイヤオーラは4番手で上手に折り合って、ラスト3Fを33秒3という強烈なパンチ力で決めました。このあたりにもGⅠ級の性能をみてとれます。競馬センスも抜群。
 一方、1番人気で2着だったダイワスカーレット。レース中に折り合いを欠くようなところがありながら、ラスト33秒7の末足。たいしたものです。
 時計が1分35秒1でしたが、良馬場発表とはいえ、雨で緩んだ馬場。それを踏まえて33秒台の決め手は凄いです。ちなみに、昨年の2着馬グロリアスウィークは1分34秒5で走り抜けましたが、ラストが34秒6でした。今年のアドマイヤオーラはそれを1秒3も上回っていたのです。
 それにしても、今年のシンザン記念は3頭立てで決まりと判断。その中でも、中京2歳Sコンビが上。その2頭の比較内容は、アドマイヤオーラがダイワスカーレットを上回っていたとみて、◎アドマイヤオーラ、○ダイワスカーレット▲ローレルゲレイロ。3連単の1590円は嬉しかったです。

クラシック級の大物登場

 1月8日に京都競馬場で行われる「シンザン記念」。5年前はダービー馬タニノギムレットが優勝。一般的には来月京都で予定されている「きさらぎ賞」が、クラシックの登竜門ともいわれていますが、今年は破格の大物が登場してきました。GⅠ朝日杯FSで2着だったローレルゲレイロもそうですが、資質はそれ以上とも思われるダイワスカーレットとアドマイヤオーラ。暮れの中京2歳Sで1、2着。半馬身差の壮絶な大接戦。この2頭から5馬身突き放されたのが京都2歳Sを圧勝したゴールドキリシマ。
 時計が1分47秒8で、ともにラスト33秒台の破壊力。ちなみに、昨年、この中京2歳Sを制した2冠馬メイショウサムソンが1分47秒5の時計だったことからも、比較上まさにレベルはメイショウサムソン級だと評価。
 ダイワスカーレットはアグネスタキオン産駒の馬格に恵まれた牝馬。兄は皐月賞で優勝し、昨年の天皇賞・秋、マイルCSとGⅠを連覇したダイワメジャー。一方のアドマイヤオーラもアグネスタキオン産駒で、兄は弥生賞であのディープインパクトと首差の勝負をしたアドマイヤジャパン。前走の中京2歳Sがキャリア2戦目だったことからも、今回は逆転のチャンスだとみています。
 いずれにしても、この2頭は1頭が牝馬クラシックへ、また片方は牡馬のクラシックの最有力候補と判断。そういう意味からも重要な、そして目を離せない一戦になりそうです。
 この2頭から強気に狙ってみます。