ああ、ココナッツ出走叶わず!日本ダービー直前!

 ひょっとしてダービー馬になれていたかも知れないという馬がいます。ココナッツパンチです。2月の東京の新馬戦はケタ違いでした。中団から豪快に抜け出し圧倒。それもラスト3Fが33秒4という強烈な破壊力。前の週に行われた共同通信杯を制したフサイチホウオーが、1800mで1分47秒7の勝ちタイム。ココナッツパンチは1600mを1分35秒6。あと1ハロン、つまり200mを12秒1で走れば同タイム。
 これは只者ではない、と思い2戦目の弥生賞でも注目していたら、大外から強烈な末脚で圧倒的な人気のアドマイヤオーラに肉薄。なんと首差。う~む、父はステイヤーのマンハッタンカフェ。これは間違いなく走る、ダービー最有力候補だ、と、ほくそ笑んでいたのですが、唯一、皐月賞が彼の運命を押し戻してしまいました。先行馬がそのまま残る皮肉な展開。加えて18番枠の大外で、終始外々を回るコースロス。更に4コーナーでは大外のコーナーまで振り回される致命的な不利。これでダービー出走の権利を逸してしまいました。勝ち馬と0秒6差、1番人気アドマイヤオーラと0秒4差の僅差であっても、結果がすべて、勝負の世界の厳しさです。
 それでも、ダービー出走順位が20番目、賞金順で2頭が回避すると、奇跡の出走がある、その可能性に賭けて、私がコラムを書いている週刊大衆誌の担当者にお願いして、◎ココナッツパンチでいったのですが、夢は叶いませんでした。皐月賞のあと青葉賞、プリンシパルSなど、トライアルをチョイスできたかも知れませんが、日本ダービーで勝てるベストの仕上げで臨みたい、という大久保洋調教師の熱意を考えると、責めることはできません。
 さて、今回も皐月賞と同じようにヴィクトリーが逃げて、2番手にサンツェッペリンの形で展開しそうな気配。ただ、皐月賞で猛然と追い込んできたフサイチホウオーの安藤勝騎手も、当然、今回はヴィクトリーを射程圏に入れているはず。更に、調教師からあんな後ろからでは、と言われたアドマイヤオーラも皐月賞とは違った乗り方をしてくるでしょう。
 そこで、私は皐月賞の敗因がよくわからなかったナムラマース。全身バネのような走法で本馬場で迫力走でした。東京コースはことのほか走るフライングアップル。そしてプリンシパルで2分を切る時計で走り、ラスト33秒台の豪脚で圧倒したゴールデンダリア。この3頭がなんとも不気味。アドマイヤオーラとフサイチホウオーも当然有力ですが、まあ、先週のオークスの◎ローブデコルテ○ベッラレイアのようにいけばいいなあ~\(^o^)/と思っています。
 予想の結論は私の携帯サイトにアクセスして下さい。ちなみに、土、日の2日間みても200円以内ですみます。

てんやわんやオークス協奏曲(^^♪

 なぬー!ダイワスカーレットがでない!!熱発だと!大変だー。ウオッカがダービーに行くと公表したときから、これまでダイワスカーレットをオークスの中心にして組み立ててきたのですが、出ないとなるとまた新たに組み直さないと。
 「アベコーさん、予想はどうしますか」「順送りでいいですか」と、出演しているテレビ局の担当者から、用意する仕込み(参考レースや調教等)などの問い合わせ。
 当初、私はこのブログでも新馬の頃から取り上げてきた、ベッラレイアにダイワスカーレットを重視。前に行くダイワスカーレットが先行馬を交わして抜け出したところを、これを目標にしていたベッラレイア差し切ると、みていたのです。
 であれば、確かにベッラレイアは当面の強力な敵がいなくなり、俄然有利になったことは事実ですが、反面、今回は自分が徹底的にマークされ立場。なにより、はっきりとした目標がいなくなったことにより、それまでのような最後方から直線一気といった大胆な競馬ができづらくなりました。それが、いつもと違った早目に好位置を追走。秋山騎手と陣営が考えたベスト作戦だったのでしょう。この判断は間違いではなかったと思います。
 が、こうなるとベッラレイアを目標にしている馬たちにとり、願ってもない形。私は予想を改めて検討し直しました。
 で、得られた結論が◎ローブデコルテ。桜花賞の時は▲印で注目していたのですが、発馬で出遅れ、しかも、流れが遅く、ゴール前猛然と追い込んで来たのですが、3着のカタマチボタンに惜しくも鼻差届かず。とはいえ、4着といってもダイワスカーレットより上がり3Fが速かったなど内容はあったのです。
 デビュー戦は函館の1800m、続くコスモス賞(1800m)で強力ナムラマースの2着。この内容から距離は問題なしとみて、オークスは◎で行くことに決定。調教の動きも桜花賞よりことのほか良かったことも後押ししてくれました。
 練習を積んできたスタートが良かったことも大きな要因。ローブデコルテは中団の前の位置に楽に付けられることができました。好位置から先行馬を捉えて、ゴール前、早目に抜け出したベッラレイアを、外から計ったように差し切っていました。鼻差でした。
 競馬に勝って勝負に負けた、とはよく言われる言葉ですが、今回のオークスのベッラレイアには、そんなフレーズが合うような気がします。

 やや、妖艶の術か、くノ一忍法・竹内結子似で現る!

070525  いつもどこからともなく現れて、風のように去ってゆく謎の「くノ一忍者」こと井上オークス女史が、この日は東京競馬場に出現。しかも、妖艶なドレス姿。おお、竹内結子か! 眩しいくらい綺麗だ。これは幻覚かも知れないと思いつつ、近くによって見ると、やはりくノ一忍者、井上オークス女史。あらら、テレビのカメラが彼女を追っている。大ヒットしたVシネマ、くノ一忍法シリーズではないらしい。
 そうかー! 今日は彼女の名前の由来にもなっている「オークス」じゃないか。この日は年に1度の彼女のanniversaryというわけさ。
 私のブログで前に紹介した「渋谷プラザエクウス」や「皐月賞のウイナーズサークル前」と、それぞれが別人のような出で立ちで登場(ブログの写真を参照)。やはり、彼女はくノ一忍者に違いない。伊賀か甲賀か。
 して、彼女は皐月賞(15番人気サンツェッペリン◎)のように、妖術でオークスの馬券をガシッと、的中させたのに違いない、と思い聞いてみると、なんと武豊騎手のザレマの単勝に3万円放り込んだとか。う~む、大胆。10着か、彼女の妖術を駆使してもザレマは動かなかった、とみるべきか。武豊騎手は母方の血筋から2400mは長いと言っておったぞ。
 今週は日曜日に、やはり「日本ダービー」に東京競馬場に現れるらしい。どんな出で立ちで登場するのか。デジカメを手に追いかけ、ご報告をするつもりです。