ウオッカは不安、サムソンはもっと不安!

 いよいよ明日は今年の前半戦の総決算グランプリ「宝塚記念」。なんといっても話題の中心は、64年ぶりの牝馬ダービー馬に輝いたウオッカ。前日の前売りから堂々の1番人気の支持。昨年のダービー馬メイショウサムソンがこれに続きます。
 ところが、この2頭にどうしても残る不安があるのです。まず、ウオッカですが3歳牝馬で、宝塚記念を制した馬は皆無。過去の牝馬とはわけが違う、スケールが違うという人がいるかも知れません。確かにダービーの圧勝劇は、観ている者を震撼させる迫力がありました。時計もキングカメハメハやディープインパクトには及ばないもののそれに続く過去10年で3番目の好タイム。なによりラスト33秒0の破壊力は、ダービー史上最速。
 であるならば、宝塚記念も十分勝算があるという味方も当然なのですが、先日のダービーから中3週の臨戦過程。桜花賞からダービーにたっぷりと日程を取ったケースとはちがいます。ダービーは当初からの目標で、それなりに丹念に仕上げて来ることができました。宝塚記念はどうでしょう。ダービー直後に、次は宝塚記念です、と角居調教師は言っていませんでした。角居師はオーナーから宝塚記念出走に水を向けられたそうです。角居師にしてみれば、ある意味これは寝耳に水だったのかも知れません。
 3歳最高の頂点、日本ダービーで最高のパフォーマンスを演じた牝馬が、中3週で再びダービー以上のパフォーマンスができるのか。ダービーの直後は、さすがにともに疲れがどっと出たそうです。全力走の後には、必ずといっていいくらい反動が出るというのが私の競馬哲学。
 しかも、今回は大逃げを打つかも知れないアドマイヤメインに、外枠からローエングリン、アサクサキングス、シャドウゲイト。早目に動くメイショウサムソン、ダイワメジャー。淡々としたスローペースのダービーとは、一変した様相になる公算が大。これまでいつもスローの流れに慣れてきたウオッカにとっては、今まで経験したことがない流れに飲み込まれそうになることが考えられます。ダービー力走の反動と、激しい前半の流れ。それらをクリアできる能力までも持ち合わせているか、私には不安です。

 一方、メイショウサムソン。昨年の2冠馬。今年は天皇賞・春も制して、当然ながらいきあがるところです。ところが、この馬には、ここ2戦いわゆるラッキーさがあったように思います。それが前走の天皇賞。当時、1番人気はアイポッパー。日本ではGⅠレースの連対実績すらない馬が人気を集めた一戦。同様に鼻差まで肉薄してきたのがエリモエクスパイア。重賞未勝利で、天皇賞直前の日経賞が7番人気で10着。それゆえ前走の天皇賞は、いかにも相手に恵まれた一戦とみています。
 昨年の菊花賞でバテ気味の3着アドマイヤメインから2馬身半差で4着。ジャパンCは同期の牝馬フサイチパンドラに先着されて6着。決定的だったのは有馬記念。大きな不利がありながら2着と好走したポップロック。マイル戦からの挑戦だった3着ダイワメジャー、これも不利がありながら3着したドリームパスポート。それらに遅れをとったということは、完全なGⅠ級の馬を相手にすると、やはり、もうひとつパンチが足りない、力不足のような気がします。ウオッカ同様に、ここ2戦、スローペースに馴染んで走ってきた馬。勝つのは困難かも知れない、というのが私の結論です。
 私は◎アドマイヤムーン、○ポップロックの順とみましたが、結果は明日の午後3時40分過ぎ。乞うご期待です。

いやあ、大久保洋師はいつも冷静です!

0706201 先日、競馬場の検量室前で、大久保洋吉調教師とばったり遭遇。いつも微笑みになりかけの視線で、軽く会釈をしてくれる方。この日もいつもの微笑返しを頂いたところで、
「先生、こんにちは!(^o^)/」と私。
「ああ、どうも!いつも元気そうですね~」と、大久保師。
「ありがとうございます。先生とお会いしたときには特別です。ハイ!」続けて
「ところで、今のココナッツパンチの脚の状態はどうなんですか?」
「うん、まだきゅう舎に置いているけど、最初に思ったよりも軽かったから少しホッとしているところです」
「発表の診断は半年とかだったから、秋があるので心配していました」
「ありがとう。うん、最初はそれくらいかかるのかな~と、考えていたのだけれど、嬉しいことに、軽かったからなんとか早くなりそうだよ」と大久保師。
「じゃあ、菊花賞出走も夢ではないんですね!」
「ん、まあ、期待している馬なので、こっちとしては出来るだけのことはやろうと思って。目黒記念の2着で賞金も加えたから、ダービーのように除外されることもないだろうし・・」
「目黒記念は本命で応援していたので力が入りました。弥生賞に続いて首差2着。いやあ~惜しかったですねー」
「でも、あれでも走ることはわかったから、そう気にしていません」と冷静な大久保師。
「先生、弥生賞で2着したときに、身震いしましたよ。ダービーはこれしかないだろう、という感覚にとらわれました。だから、ダービー直前の出馬発表まで本命印。あと2頭辞めれば出走できたんですよね。ところが、どの馬も出てきた。どう考えても無理だろうという馬もいたのに・・」
「まあ、アベコーさん、そこのところは運だからしょうがないですよ。私はスパッと諦めました」
「弥生賞2着馬は皐月賞、ダービーに出走できるシステムできませんかね。あのダービーの出走順で、京都新聞杯2着だったローズプレステージと、賞金上は同額。どっちか出走出来るとなったときに抽選ですよね。弥生賞も京都新聞杯もGⅡだからなんですけど、でもこれがおかしいんです」更に、私が続けて
「除外されて2頭共に出走した目黒記念が、ココナッツが51キロのハンデに対して、ローズが49キロ。2キロ差あるんです。何故と聞くと、ハンデ・キャッパーによれば、弥生賞がレースの格が上だからと。それなら弥生賞の賞金を多少なりとも上げたりして差別しないと駄目ですよね」と持論を展開する私。
「なるほど、さすがだ。ただ、終わったことは仕方がない。秋に賭けますから、見ていて下さい」と大久保師。
「そうですね、わかりました。大久保先生、秋を楽しみにしていますよ」と私。
 いつも沈着冷静な大久保洋吉調教師でした。

☆今週、再び上原師が絶叫中継?!

 大久保洋吉調教師といえば、思い出すのは上原博之調教師。今年2月14日の東京、調布特別で、後続を2頭で大きく離して逃げる上原・コパノスイジンと、この直後で追いかける大久保・エイシンサリヴァン。コパが吉田隼でエイシンが吉田豊。兄弟ジョッキーが主導権。
0706202 この日、馬主のDr・コパさんが急用で競馬場には間に合わず。そこで、急遽、電話で実況を依頼された上原師ならぬ臨時の上原アナウンサー。これがまた前代未聞の迷実況。いつも紳士な上原師が豹変。ゴール前のデッドヒートでは「テメー、豊、このヤロー下がれ!」の絶叫型、自己中心中継。終わってみれば、絶叫中継席の前には、苦虫をつぶした表情の大久保洋師が・・。
 その顛末は2月14日の私のブログ「上原師が絶叫!Dr・コパさんビックリ!」をご覧下さい。大久保洋調教師がいいです。笑えます。
 さて、その上原調教師と大久保洋調教師は、関東リーディング・トレーナー部門で共に仲良く12勝。この夏の飛躍が期待されるところですが、まず、上原師は今週の大一番、グランプリ「宝塚記念」に、ダイワメジャーで西下。安田記念に続きGⅠ2連勝を狙います。
 今度はマイク、携帯なしで、またあの上原流、絶叫中継しているかも知れません。聞きたいなあ~(^^♪