ああ、異次元の馬が・・

 ひょっとしたら、あのディープインパクトの再来ではないのか、ケタが違うぞ、モノが抜けてるよ、全部勝たれるかも知れんぞ、強さを表す様々な形容詞のまさに博覧会。先週の「きさらぎ賞」は、武豊騎手が騎乗した今年最大級の大物、オーシャンエイプスに話題が集中。なんとなんと、新馬を勝ったばかりの馬が、重賞競走に出て、いきなり1番人気。それも1・3倍というぶっちぎりの単勝オッズ。
 いいのかい?大丈夫なのかい?1回しか走ったことがないだろう?私の頭の中は、そんなごく常識的疑問が駆け巡ります。
 それでも、あの衝撃的な新馬戦が、天馬ペガサスのような圧倒的な強さが。それは、次元を超えた異次元の馬のように思えて、私もその1・3倍というオッズの世界にのみ込まれていたのです。
 ところが、勝負の世界は、時に薄氷の氷のように薄っぺらで、軽薄なドラマの結末的ストーリーを迎えることがあります。

 ●他が追いかけてこない

 天馬、オーシャンエイプスはゆったりと構えて、出走馬8頭の4、5番手を追走。主導権を取ったのはアサクサキングス。この日、アサクサに騎乗予定の四位騎手が怪我で、バトンを渡されたのは武幸騎手。ところが、他の騎手はどうしたものか、楽に先手を取り、離して逃げるアサクサキングスを、一向に追いかけないのです。しかも、離して逃げていながら前半5Fが61秒7のスロー。この緩い流れで「後ろを見たら、かなり離れていたので、このまま押し切れると思った」と武幸騎手。
 デビュー戦のオーシャンエイプスの想像を絶する強さを知っている騎手達は、徹頭徹尾、武豊オーシャンエイプスをマーク。直線で外からナムラマークス、内からサムライタイガースに挟まれる形で叩き合い。そんな経験も初めてだったエイプス。新馬戦で馬なりのまま、後続を豪快に突き放した次元を超えた脚は、そこにはカケラも見ることが出来ませんでした。
 とはいえ、新馬戦の伝説の迫力走が幻でなければ、競馬のコツを摑むと、一気に、それこそペガサスの様に、桧舞台に駆け上がって行くはずです。それを楽しみにしていたいものですね。

アベコーのインフォメーション

プラザエクウス「フェブラリーS展望トークショー」に出演!

○時間は2月16日(金)18:00~19:00の予定。(少し押すかも知れません)
○場所は渋谷ビーム3階・プラザエクウス・ステージです。
○出演者は私、阿部幸太郎と井上オークスさん
 司会、進行は荘司典子さん

 GⅠフェブラリーSの展望(映像による調教と参考レース)と、今週のお勧めの1頭。
他に、豪華逸品のプレゼントがあります。ご期待下さい。

グリーンチャンネル「明日のレース分析・データでVANVAN!」に出演

出演放送日・時間は2月23日(金)2月24日(土)20時15分の予定
中山の韓国馬事会杯、中山記念。 阪神のアーリントンCと阪急杯。
私の思い出の馬もご紹介できるというので嬉しいです。