fbpx

後藤騎手の涙…

 3月4日、日曜日。
070306  最終レースが終わり、4時20分発走の阪神12レースをみてから、検量室に行き、誰もいなくなったジョッキーの控え室前に階段上がると、そこに、ひょっこりと後藤騎手がやって来ました。
「お疲れさま、惜しかったね~(12R3着)」と私。
「はい、もうちょっとでした」と後藤騎手。
「そうそう、先週の中山記念、おめでとう。あのインタビューでの涙は、こっちまで胸が熱くなっちゃったよ」
「そうですか。わかっちゃいましたか…」と、頭を掻きながらはにかむ後藤騎手。
 中山記念で後藤騎手はローエングリンで見事に逃げ切りってみせた。ローエングリンは伊藤正徳きゅう舎。後藤騎手がデビューから在籍したきゅう舎でした。競馬とは無縁の世界から、憧れていた騎手としてデビュー。周囲はほとんど知らない人ばかり。それでも持ち前の明るさで、がむしゃらに頑張った後藤騎手。唯一の支えは、親代わりとなる調教師のはずでしたが、若き彼は強烈な冷水を浴びせられることになったのです。
「うちの馬で勝てるような時は、お前は乗せないからな!」
 自分のきゅう舎の馬で1勝でも多く勝ちたい。できれば重賞を、クラシックを、小さな胸は、大きな夢でいっぱいに膨らんでいたときに、この一言は、彼を奈落の底に突き落としたのです。
「悔しいです。アベコーさん、ボクは何を夢みて騎手を続ければいいのですか?」と、聞かれて、何も言えなかった私がそこにいました。
 そして、いつしか彼はフリー宣言。

「でも、あのときがあったから今の自分がある」と思います。
「そうだね、いい経験したよね。大きくなったなあーと、先生は一番喜んでいるのかも知れないな…」
 中山記念のローエングリンの優勝をきっかけに、今年も後藤騎手は大きく飛躍するはずです。応援しましょう。

おいおい、クラシック候補が…!

 ディープの弟が、ああ…
 先週の阪神2日目、9レースに注目のディープインパクトの弟、ニュービギニングが出走。新馬、OPを迫力で後続を圧倒し2連勝。さすがディープの弟、クラシック兄弟制覇に向けて、順風満帆のように見えたのですが、一線級と対戦した共同通信杯が一息伸びきれず4着。まあ、相手がクラシック最前線のトップを走るフサイチホウオーではいたし方ないのかな、と判断。
 ところがところが、重賞でもないOP特別の「すみれS」に出てきて、なんと7着の大惨敗。それも後方のままでまったく見せ場なし。単勝のオッズが2・1倍。ダントツの人気。これには馬券を買ったファンも怒るのもわかります。
 「納得がいかない内容。少し長い目で見てください」と、苦しい心情の武豊騎手。
 ということは、長い目ということで、次もダメということなのかな?…

 残された道はフラワーC
 ガッカリしたといえば、このすみれSに私のクラシック候補が出走してきたのです。その名はベッラレイア。まさに超大物。牝馬クラシックは頂き!くらいに、思いは頭の中を超特急で走っていたのですが、残念無念の3着。外から34秒フラットの豪脚を見せて、素質の片鱗を感じさせたとはいえ、あまりにもチョイスしたレースにポリシーが感じられません。
 新馬戦(マイル戦)を独走。2戦目に選んだレースが重賞アーリントンC。なるほど、新馬と同じマイル戦。相手は強化しても、潜在能力から勝ち負けできる、とみたのですが残念ながら除外。まあ、ここまでは仕方なかったのですが、それじゃ、ということで何故、男馬相手の2,200mなのですか? 翌週に桜花賞トライアルのチューリップ賞。3着まで入れば桜花賞行きのチケット。その翌週が、またまたトライアルのフィリーズレビュー。素晴らしい能力を持った逸材なのですから、当然クラシックを目標にレースを組み立てられてしかるべき。
 桜花賞まであと6週。1勝馬で権利のない馬には、ひとつのレースの持つ意味は大変重要であり、あとがないわけです。桜花賞が目標であれば、すみれSの出走はまるで意味が持たないものだと考えます。
 残された桜花賞のベストの道は、昨年、キストゥヘヴンが歩んだフラワーC→桜花賞の路線しかないように思います。いかがでしょう。