衝撃!玉砕的ペースで競り勝ったとんでもない1頭!!

  それは衝撃的でもありました。3歳馬による東京ダートの「ユニコーンS」は、初めてのダートにもかかわらず堂々逃げ切ったワイドファラオ(3番人気)。その速さ、その勝負強さは度肝を抜くような初重賞制覇でした。

逃げ、先行馬が多かったにもかかわらず、1番枠から飛び出すと何が何でもと言う勢いで、外に並ぶイメル、ヴァニラアイスを抑えて主導権。初ダートでもあり福永騎手も砂を被らないように少し強引でも主導権にこだわったのかも知れません。

そのため東京ダート1600mにもかかわらず、前半の3ハロンが33秒9と言った玉砕的なペース。過去10年で最速の通過ラップ。それも古馬の頂点、GI「フェブラリーS」でも過去に見られなかった前半33秒9。このままでは東京でもあり、撃沈するものと予測した私。さらに半マイルが45秒8と想像以上の激しい流れ。

当然、逃げたワイドファラオ自身、そして2番手追走のヴァニラアイス、イメル、ダンスキャッスルも失速と考えていたのですが、直線中程から外を追い上げて来た2番人気のデュープロセスの伸び脚が目立ちます。そして逃げるワイドファラオに馬体を並べて激しい叩き合い。なんとワイドファラオがデュープロセスを振り切り優勝。着差はアタマ差でしたが内容的は衝撃的でした。 東京ダート1600mを前半3ハロンが古馬GI顔負けの33秒9。明らかにこれはある意味で無謀なペースでした。直線の長い東京で待機馬が押し寄せてくるだろう、と見ていたら後続は追走に手いっぱいだったせいか、際立った末脚で追い込んでくる馬がいません。そのなかで、かろうじてデュープロセスだけが中団外からゴール前で迫って来たのです。

しかし、逃げていたワイドファラオは玉砕的なペースだったにもかかわらず、ゴール前で外からデュープロセスに並びかけられながら、驚異の二枚腰を披露して、これを振り切って見せたのです。

さすがにラスト3ハロンは37秒1を要したものの自らのペースで1分35秒5。それで勝ち上がったポテンシャルの高さ。まさにそれは衝撃的でした。 1番人気の推されたデアフルーグは後方から伸びきれず7着。逆に6番人気のダンツキャッスルが3番手追走から、しぶとく食い下がり3着と好走。同様に2番手追走の8番人気ヴァニラアイスが4着。好位のエルモンストロが5着。ハイペースながらレースとしては先行馬が残る異例の決着となりました。

ハイペースで後方待機馬が台頭、という方程式はこのユニコーンSに限っては通用しませんでした。

未勝利よりも遅いペースがもたらした衝撃の結末!!

それは、まさにあの童話「ウサギとカメ」のような世界でした。スタンドのファンはまるで狐につままれているような表情で、電光掲示板を見つめているだけ・・。

恒例の「エプソムカップ」は、衝撃的な結末が待っていました。2番手を追走のレイエンダ(5番人気)が、ゴール前で楽な逃げを打ったサラキア(7番人気)を捉えて優勝。初重賞をゲットしました。

一方、1番人気のソーグリッタリングが3着をようやく確保。人気を分けた注目のミッキースワロー(2番人気)は10着に凡退。 時計がビックリの1分49秒1、小雨がパラつく稍重馬場のコンディションとはいえ、あまりにも遅い未勝利クラス並みの凡タイム。ちなみに、昨年は重馬場のコンディションの中でも1分47秒4でサトノアーサーが優勝。異常な遅いタイムです。

  それは余りにも遅いペースに要因があったのです。外から先行のダノンキングダムが楽に主導権と、考えていたら今ひとつ出脚が弱く、ダノンキングダムの三浦騎手が仕掛けて前に上昇。内からサラキアとレイエンダが先行態勢。当然、ダノンキングダムがこの2頭を抑えて主導権と思われたのですが、大事をとってか3番手で折り合い重視の作戦。 となると、先頭に立って逃げる形となったサラキア。2番手にピッタリとレイエンダ。共に本来は差し追い込みタイプの馬ですが、今回は押し出されて先行する形。

前半の3ハロンが38秒4。前半の半マイルが51秒3、そして1000m通過が63秒9の超スローペース。ちなみに、昨年は重馬場ながら35秒4、5ハロン通過が59秒6。この未勝利並みの極端な遅いペースは、その結果に大きく左右となったのです。

本来、外枠のダノンキングダムが楽に主導権を取れたのですが、外から出て来るはずのダノンキングダムを待っていたフシのあるサラキア。ダノンキングダムが3番手で折り合いを付けてしまった為に、なんと楽々主導権に持ち込めたのです。驚いたことに一向にペースが上がらず、結局スローで3コーナー、4コーナーまで坦々と流れます。

そして、内を開けて先頭で直線に出て来たサラキア。2番手外のレイエンダ。好位5番手にミッキースワローを警戒するソーグリッタリング。3番人気のプロディガルサンは中団イン。ミッキースワローは後方の外。ブレスジャーニーも同じような位置でインに待機し、直線はボコボコした馬場の最内を強襲作戦。

勝敗はインを開けて中央から外目での攻防。とはいえ、前半が超スローで展開したためにラスト3ハロンは一転して32秒9と言う高速決着。

こうなると、後方待機組は苦しくなりました。前を行く2頭の争いとなり、優勝は2番手からゴール前で抜け出したレイエンダ。逃げたサラキアが2着。外から追い上げたソーグリッタリングが3着。内ラチからブレスジャーニー。そしてミッキースワローは見せ場らしい見せ場もなく10着に敗退。道悪に加えて1800mも不向きだった印象があります。 楽しみにしていたダノンキングダムは3番手に付いたものの雨の中で苦戦。先手を取っているならまだしも、好位から32秒台の決着を要求されては無理でした。