運も強さの証しなり!GI馬マーズ捲土重来の一撃!!

皐月賞で4着に敗退したGI馬アドマイヤマーズにとって、NHKマイルCの選択は当然であったように思われます。それはGI馬にとって、まさにひとつの背水の陣とも言える一戦でもありました。

ところが強力なライバルが参戦して来ました。ここ一番でことごとくGIを手中に収めてきたルメール騎手。その彼が騎乗する圧倒的1番人気のグランアレグリア。桜花賞を圧倒した強力な手ごわい相手でした。

とはいえ、事実は小説より奇なり。2番人気のアドマイヤマーズにとって、勝利の女神はブーメランのように戻って来ていたのです。競馬は下駄を履くまでを分かりません。

抜群のスタートを決めたワイドファラオを、内からクリノガウディー、プールヴィル、そしてイベリスが、逃げ争いを演じて飛び出して行きます。イベリスがなんとか先頭に立つと、前半3ハロンを33秒9と短距離戦並みのハイペース。その勢いで半マイルが45秒8。この緩みない流れの中で、グランアレグリアは好位インでついてまわります。それをマークする形で背後にダノンチェイサー、その外にトオヤリトセイト、これに並びかけるアドマイヤマーズ。 その後ろに内からグルーヴィット、ヴァルディゼール、ファンタジストが追走。これを見る形でカテドラルとケイデンスコール。ヴィッテルスバッハは後方。

 4コーナーをまわり5ハロン通過が57秒8。先頭でまわったイベリスにクリノガウディー、プールヴィルが並びかけようとしています。外にワイドファラオ。 直線中程で先行馬の脚色が鈍って来たときに後続勢が、どっと押し寄せて内、外横一線に広がります。先行勢の直後で展開していたグランアレグリア。内の間隙を抜けようとしていましたが、厳しいと見るや、勢い外に進路を取ります。そのとき外にいたダノンチェイサーに接触。 抜群の手応えでグランアレグリアの背後でマークしていた私の本命グルーヴィットは、フラフラと前で走るグランアレグリアの影響をモロに受けて馬込みの中をさまよいます。

直線坂を上がるとダノンチェイサーの外からスパートしたアドマイヤマーズ。内でゴチャツクつく馬たちを尻目にゴールを目指して駆け抜けて行きました。

そして一番外から猛然と追い上げたケイデンスコールの伸び脚が目立ち、半馬身差まで肉迫し2着。内から馬込みの中を抜け出たカテドラルが3着。

グランアレグリアは4位入線でしたが、裁決の判断は走行妨害と裁定して、被害馬ダノンチェイサーが繰り上がり4着。グランアレグリアは5着に降着となりました。

グランアレグリア騎乗したGI請負人ルメール騎手は、ダービーまで実行6日間の騎乗停止。クラシック戦線の動向から一刻一刻、目を離せなくなりました。

  ところで、私の◎グルーヴィットは、ほとんどゴール前で追えず、無念の不完全燃焼で10着。とはいえ勝ち馬から0秒5差。不運でしたが次回で巻き返しを狙います。

凱旋門賞へ視界良好!フィエールマンと言う長距離砲!!

    平成最後の伝統の一戦、春の「天皇賞」。優勝は菊花賞馬フィエールマン。中団から3コーナーで好位に進出すると、早くも直線では先頭に立ち、これを徹底的にマークしたグローリーヴェイズが、外から猛然とスパートし一旦先頭。ところが最後の力を振り絞るようにフィエールマンが内から巻き返し、なんとクビ差競り勝って、平成最後の天皇賞の栄えある楯を制しました。

素晴らしいガッツと、底知れない勝負強さ。「凱旋門賞に行っても好勝負出来る」と、鞍上のルメール騎手。久しぶりに登場した長距離ランナーの大器のような気がします。

戦前、私は今年の春の天皇賞は、おそらく昨秋の菊花賞組の決着になると予測していました。当時、上々の馬場コンディションでかつスローペース。この遅い流れを考えて、私はフィエールマンに◎。そしてエタリオウに競り勝ちましたが、この時、ある1頭の馬に目が奪われました。それがグローリーヴェイズでした。外側を通ったブラストワンピースのまた外を通って、1番人気のブラストワンピースに半馬身差まで詰め寄ったのです。当時のラスト3ハロンが最速の33秒9。これは凄い!春の天皇賞はフィエールマン、エタリオウに先着するかも知れない。私は内心ほくそ笑んでいたのです。

そして、ヴォージュにロードヴァンドール、さらにメイショウテッコン。ベストは主導権という馬たちが揃い踏み。これは緩みない展開になると推察。それは、間違いではありませんでした。ヴォージュが前半11秒台を連ねて引っ張ります。これにロードヴァンドール、メイショウテッコンが先行態勢。

カフジプリンスが好位。背後にパフォーマプロミス、その外にフィエールマン。その直後の外にピッタリとグローリーヴェイズ。内にクリンチャー。ユーキャンスマイルが後方。そして最後方をポツンとエタリオウ。

3コーナーの下り坂。外を通りフィエールマンが3番手のパフォーマプロミスに馬体を併せて後続を待ちます。エタリオウもこの辺りから外をグングンと上昇。

4コーナーで先頭に躍り出たメイショウテッコンをカフジプリスが捉えて先頭。背後にパフォーマプロミス。そして、その外からフィエールマンと一番外に出したグローリーヴェイズ。背後に迫るエタリオウ。 早々と直線で先頭に立つフィエールマン、外に並ぶグローリーヴェイズ。そして、一旦先頭に立ったかに見えたグローリーヴェイズ。私も手に力が入ります。2頭が馬体を併せて抜け出し3番手以下を離します。3番手にエタリオウでしたが、3コーナーから動いたぶん余裕はなくギブアップ。そこへパフォーマプロミスが浮上して来ました。

激しい叩き合いはフィエールマンに軍配。クビ差という激闘でした。これで菊花賞に続くGI制覇。まさに秋の凱旋門賞が視界に入って来ました。

また、惜しくも2着に敗れたグローリーヴェイズ。鞍上の戸崎騎手が100点満点の騎乗しクビ差2着。現時点では地力の差が出た印象でした。